スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのエンジンブレーキの仕組みや使い方

投稿日:

エンジンブレーキをご存知だろうか?エンジンがブレーキになるものか、と思う人がいたら、その人はオートバイのメカニズムに弱い人。エンジンをブレーキングに使う、といわれたら、すぐにエンジンブレーキのことだな、とこなくては困る。かつて聞いた話だが、自動車教習所で教官が女性の練習生に「エンジンブレーキを使いなさい」と注意すると、「エンジンブレーキというのはどこについているのですか?」と聞いたという。

また、ブレーキについて。指の力と足の力では同じようにかけたつもりでも足のほうが強い。よりフロントをきかせた感じでかけてようやく五分五分になるだろう。あとは練習あるのみ。とにかく、つねに前後のブレーキをきかせることを念頭において走ることが大切だ。手と足のコンビネーション操作がポイントだ。

メカニズムに弱い人のエンジンブレーキに対する認識をよく物語っている。だが、これなどはまだかわいげがあって笑い話ですまされるが、エンジンブレーキを知りながら使わない場合も知らないのとたいして変わりはない。2輪に乗っていて急にスロットルを絞ると体が前のめりになることは、あなたも経験しているだろう。シフトダウンすれば、このブレーキ効果がより強まることも理解できるだろう。

エンジンブレーキが有効なのは

エンジンブレーキが有効なのは、長い坂道を下るとき。アクセルを閉じていても、4速では速すぎて前後ブレーキをひんばんに使わなければならないような場合は3速にする。それでもスピードが出すぎれば2速にすればいい。こうすれば長い下り坂でもブレーキが焼けてきかなくなることはないし、ディスクパッドやライニングの寿命もグンと伸びるはず。

エンジンは混合ガスが圧縮と膨張を繰り返すことによってエネルギーを発生させている。その圧縮と膨張の差が大きいほど大きなパワーを生み出すわけだが、この差、つまりコンプレッションが逆に抵抗となって、ブレーキの役目を果たす。これが、いわゆるエンジンブレーキの原理である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

タイヤの空気圧を適正に保っていますか?

空気圧が低ければタイヤは腰くだけになり、反対硬いとタイヤが跳ね回り、グリップどころではなくなってしまう。では空気圧をどの程度に保っておけばいいのかというと、やはりそのオートバイに合った基準ということに …

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

バイクのシフトアップのコツ

シフトアップの方法は、まず、開けたアクセルを瞬時に戻すと同時に、クラッチを切り、ギヤを2速に入れ、クラッチを離して、再びアクセルを開ける。実際の足の動作は、クラッチを切る瞬間に行うことが重要であり、ア …

no image

ハンドルグリップが遠すぎて腕が伸びきってしまうとき

ハンドルグリップが遠すぎて、腕が伸びきってしまうとき=ハンドルの取り付け角度を変えてみる。車種によってはストレートハンドルのほかにアップハンドルのオプションパーツを揃えているものもある。角度を変えても …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …