スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのエンジンブレーキの仕組みや使い方

投稿日:

エンジンブレーキをご存知だろうか?エンジンがブレーキになるものか、と思う人がいたら、その人はオートバイのメカニズムに弱い人。エンジンをブレーキングに使う、といわれたら、すぐにエンジンブレーキのことだな、とこなくては困る。かつて聞いた話だが、自動車教習所で教官が女性の練習生に「エンジンブレーキを使いなさい」と注意すると、「エンジンブレーキというのはどこについているのですか?」と聞いたという。

また、ブレーキについて。指の力と足の力では同じようにかけたつもりでも足のほうが強い。よりフロントをきかせた感じでかけてようやく五分五分になるだろう。あとは練習あるのみ。とにかく、つねに前後のブレーキをきかせることを念頭において走ることが大切だ。手と足のコンビネーション操作がポイントだ。

メカニズムに弱い人のエンジンブレーキに対する認識をよく物語っている。だが、これなどはまだかわいげがあって笑い話ですまされるが、エンジンブレーキを知りながら使わない場合も知らないのとたいして変わりはない。2輪に乗っていて急にスロットルを絞ると体が前のめりになることは、あなたも経験しているだろう。シフトダウンすれば、このブレーキ効果がより強まることも理解できるだろう。

エンジンブレーキが有効なのは

エンジンブレーキが有効なのは、長い坂道を下るとき。アクセルを閉じていても、4速では速すぎて前後ブレーキをひんばんに使わなければならないような場合は3速にする。それでもスピードが出すぎれば2速にすればいい。こうすれば長い下り坂でもブレーキが焼けてきかなくなることはないし、ディスクパッドやライニングの寿命もグンと伸びるはず。

エンジンは混合ガスが圧縮と膨張を繰り返すことによってエネルギーを発生させている。その圧縮と膨張の差が大きいほど大きなパワーを生み出すわけだが、この差、つまりコンプレッションが逆に抵抗となって、ブレーキの役目を果たす。これが、いわゆるエンジンブレーキの原理である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

レインウェアの選び方-バイク用

以前は、レインウェアとはいわずにカッパ、などといって、おソバ屋さんが使うような紺色のカッパしかなかった。価格は千円前後なので着る人も多かったが、1時間も走ると雨水が漏ってきてパンツまで濡れて困ったもの …

no image

サンデーライダーのブレーキの技術の低さによる危険

以前こんなことがあった。ツーリングで走行中、ネズミ捕りに合って計測されたが、人はまったく気付かずになお走行。しばらく行った所で警察官が道路に出てきて停止を命じた。ライダーは急に道路に飛び出してきた警察 …

no image

バイクでカーブに進入するスピード

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。 …

no image

バイクを寝かせるまでのコツ

ハンドルを無理に内側に曲げたり、上体を硬くしたりさえしなければ、どの方法でもいいし、ド半身を使ってスムースにバンクできれば、あとは個人差があってもかまわないと思う。重要なのは、バンク角の保持である。つ …

no image

バイクで足が届かない場合

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、 …