スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのエンジンシステムの種類やその違い

投稿日:

・エンジンシステムの違い

2ストロークエンジンは、クランクシャフト1回転で、吸入・圧縮・爆発・排気の一行程を行うシステムになっている。クランクシャフトが1回転するたびに(ピストンが上死点に行くたびに)、爆発を行っているわけで、4ストロークエンジンと同回転数なら、爆発回数は2倍になる。

2ストロークエンジンと4ストロークエンジンの大きく異なる点は、燃焼行程と動弁系である。4ストロニクエンジンは、OHV、OHC、そしてDOHCと種々の型式があるが、いずれも、クランクシャフトが2回転してはじめて、吸入・圧縮・爆発・排気の一行程を行うシステムになっていて、シリンダーへッドには、独立した吸入および排気バルブを装着しているのが特徴である。

2ストロークエンジンには独立した吸排気バルブはなく、その代わりに、シリンダーに吸入・掃気・排気の各ボートが設けられている。その開閉をピストンが行っているところから、「ピストンバルブ」と呼ばれることもある。

バイクの色々な各種スイッチ

・各種スイッチ

メインスイッチは、オートバイの電気系統のスイッチを。ONーOFFする役目があり、盗難防止用のステアリングロックを兼ねているものも多い。一般のオートバイは、左右グリッフ部にウインカースイッチ、へッドランフのONーOFFスイッチ、へッドランフの上下切換スイッチ、クラクションボタン、スタータースイッチ、ファッシングスイッチ(これを押すとへッドランフが目二向きに点灯する)、そして、緊急時にエンジンをストッフさせるキルスイッチが装着されている。

また、冷間時の始動用に、チョークレイベーをステアリング中央部やヘンドルグリッフに装着したものもある。オートバイのステアリング中央部やハンドル回りには、各種のスイッチ類が装着されている。その作動方法はマシンによって違うので、オーナーになった場合は、しっかりと覚える必要がある。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ブレーキレバーの握り方

基本のライディングフォームを正確に自分のものにすること。クラッチ付きのスポーティバイクでさえあれば、いくらでも習得できるし、さらにハイテクニックにすすむことも可能だ。アクセルワークは発進時だけでなく、 …

no image

信号での右折、左折、直進などの走り方

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車 …

no image

コーナーの最速ライン

道は曲がっていても直線的に走れるラインをさがし、そこを走る。いくらコーナーだからといって、道の曲がりどおりに走らなければならないと考えるのは頭が固い証拠。対向車もなくバッチリと安全が確認できれば、セン …

no image

S字カーブ、クランクなどのコツ

上り坂の場合、ブレーキングが終了したら、パーシャルではなくアクセルオンで加速しつつ回っていくことがポイントになる。バンクがついていると、プラスαでパワーが食われるので、ギヤの選定は予想より1段低くして …

no image

バイクのエンジン始動方法色々

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構 …