スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのエンジンシステムの種類やその違い

投稿日:

・エンジンシステムの違い

2ストロークエンジンは、クランクシャフト1回転で、吸入・圧縮・爆発・排気の一行程を行うシステムになっている。クランクシャフトが1回転するたびに(ピストンが上死点に行くたびに)、爆発を行っているわけで、4ストロークエンジンと同回転数なら、爆発回数は2倍になる。

2ストロークエンジンと4ストロークエンジンの大きく異なる点は、燃焼行程と動弁系である。4ストロニクエンジンは、OHV、OHC、そしてDOHCと種々の型式があるが、いずれも、クランクシャフトが2回転してはじめて、吸入・圧縮・爆発・排気の一行程を行うシステムになっていて、シリンダーへッドには、独立した吸入および排気バルブを装着しているのが特徴である。

2ストロークエンジンには独立した吸排気バルブはなく、その代わりに、シリンダーに吸入・掃気・排気の各ボートが設けられている。その開閉をピストンが行っているところから、「ピストンバルブ」と呼ばれることもある。

バイクの色々な各種スイッチ

・各種スイッチ

メインスイッチは、オートバイの電気系統のスイッチを。ONーOFFする役目があり、盗難防止用のステアリングロックを兼ねているものも多い。一般のオートバイは、左右グリッフ部にウインカースイッチ、へッドランフのONーOFFスイッチ、へッドランフの上下切換スイッチ、クラクションボタン、スタータースイッチ、ファッシングスイッチ(これを押すとへッドランフが目二向きに点灯する)、そして、緊急時にエンジンをストッフさせるキルスイッチが装着されている。

また、冷間時の始動用に、チョークレイベーをステアリング中央部やヘンドルグリッフに装着したものもある。オートバイのステアリング中央部やハンドル回りには、各種のスイッチ類が装着されている。その作動方法はマシンによって違うので、オーナーになった場合は、しっかりと覚える必要がある。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのツナギの手入れ

レーシングギヤの代表はなんといってもツナギだ。MFJ(日本モーターサイクル協会)の規定によると、ライダーのウェアは皮革、製でなければいけないとされている。何故レザー製品がよいのかは科学的に解明されてな …

no image

バイクで足が届かない場合

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、 …

no image

ファミリーバイクは最も安く手軽に買えるが

バイクをまず最初に手に入れるとしよう。最も安く手軽に買えるのはファミリーバイク。車種構成も豊富でデザインもバリエーションに富んでいる。しかしファミリーバイクのメカニズムをよく調べてみよう。エンジンはほ …

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …

no image

オフロード用ジャケットなどのバイク用品

ウェアは、通気性のよいトレーナーか、エンデューロジャケットと呼ばれるオフロード専用ジャケットが、動きやすく最満である。ゴーグルは、モトクロス用か、それにフェイスマスクを取りつけて使用するのがメジャーで …