スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのエンジン始動方法色々

投稿日:

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構は、アクセルオフで、適当な混合気が吸入されるシステムになっている。

ひとくちに始動方法といっても、冷間時、暖間時、2ストローク。4ストローク、単気筒、多気筒と、さまざまなケースがある。以上に共通するのは、冷間時にキックまたはセル始動するとき、アクセルを開けるなということだ。

アクセルを開けると、混合気が乱れ、かえって始動しにくくなってしまう。始動したら、4ストロークの場合は、回転の落ちつきを見ながら徐々にチョークを戻す。2ストロークの場合は、30秒〜1分でチョークを全開にする。これは、2ストロークのほうが暖操が早く、チョークを多用すると、スパークプラグをかぶらせてしまうからである(濃い混合気が入りすぎると、プラグの電極を湿らせてミスファイアーを起こしやすくなる)。

単気筒のマシンでキック始動を行う場合

発進は、アクセルオフ(アイドリング回転)でクラッチを切り、静かに、かつ確実に1速へ入れる。このとき、回転が高いとショックが大きく、ドッグクラッチを傷めるので、緊急時以外は避けることである。次にクラッチを継ぎ、いよいよスタートとなる。

アクセルを少し開け(回転はアイドリングよりやや高めの2000〜2500rpmが平均)、車体が動きだすまでクラッチレバーを戻していき、動きだしたところでクラッチレバーを保持し(半クラッチを保つ)、今度はアクセルを開ける。

4ストローク単気筒のマシンでキック始動を行う場合は、キックするときに、ついアクセルが開いてしまいがちなので注意することだ。暖間時の始動は、一般的に2ストロークの場合はチョークを使用せず、アクセルを少し開けたほうが始動しやすい。4ストロークの場合は、キック始動なら踏み下ろしてから、セル始動ならアクセルオフからタイミングをはかって(2〜3秒押してから)、アクセルを少し開けると始動しやすいものである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

クランクや8の字カーブのポイント

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほ …

no image

S字コーナーのラインどりについて

S字コーナーのラインどりは、勾配や、コーナーのR(半径)、路面状態などによって変わるものだが、基本は2つめのコーナーを外側にふくらまずに通過することであり、そうすればおのずと、切り返すポイントやライン …

no image

フレキシブルなどの用語

・フレキシブル 低中速トルクが強く、上り坂でも出足がよい。しかも、高速パワーも十分で、回転に伸びがあり、いかなる場所でもパワフルに走るエンジンを、「フレキシブルなエンジン」とか、「フレキシブルなパワー …

no image

事故が最も多いのは交差点

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ …

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …