スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのエンジン始動方法色々

投稿日:

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構は、アクセルオフで、適当な混合気が吸入されるシステムになっている。

ひとくちに始動方法といっても、冷間時、暖間時、2ストローク。4ストローク、単気筒、多気筒と、さまざまなケースがある。以上に共通するのは、冷間時にキックまたはセル始動するとき、アクセルを開けるなということだ。

アクセルを開けると、混合気が乱れ、かえって始動しにくくなってしまう。始動したら、4ストロークの場合は、回転の落ちつきを見ながら徐々にチョークを戻す。2ストロークの場合は、30秒〜1分でチョークを全開にする。これは、2ストロークのほうが暖操が早く、チョークを多用すると、スパークプラグをかぶらせてしまうからである(濃い混合気が入りすぎると、プラグの電極を湿らせてミスファイアーを起こしやすくなる)。

単気筒のマシンでキック始動を行う場合

発進は、アクセルオフ(アイドリング回転)でクラッチを切り、静かに、かつ確実に1速へ入れる。このとき、回転が高いとショックが大きく、ドッグクラッチを傷めるので、緊急時以外は避けることである。次にクラッチを継ぎ、いよいよスタートとなる。

アクセルを少し開け(回転はアイドリングよりやや高めの2000〜2500rpmが平均)、車体が動きだすまでクラッチレバーを戻していき、動きだしたところでクラッチレバーを保持し(半クラッチを保つ)、今度はアクセルを開ける。

4ストローク単気筒のマシンでキック始動を行う場合は、キックするときに、ついアクセルが開いてしまいがちなので注意することだ。暖間時の始動は、一般的に2ストロークの場合はチョークを使用せず、アクセルを少し開けたほうが始動しやすい。4ストロークの場合は、キック始動なら踏み下ろしてから、セル始動ならアクセルオフからタイミングをはかって(2〜3秒押してから)、アクセルを少し開けると始動しやすいものである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …

no image

コーナーをアウトインアウトで曲がる

アウト側を走ることは、ライダーの視線も外側になるから常にガードレールとにらめっこしながら走ることにもなり、疲れも増すので危険だ。その点、アウト・イン・アウトでコーナーの内側を一時的に通過することにより …

no image

車の間をバイクですり抜けていく危険

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいが …

no image

バイクの単気筒や2気筒などのエンジンの特徴

・単気筒(シングル) 排気音は“ドッドッドッドッ”と力強い。また、スリムなシングルは、軽量を利して、コーナーの取り回しも非常によい。欠点は、極低回転時の安定が悪い点と、太きな振動である。適 …