スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのエンジン始動方法色々

投稿日:

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構は、アクセルオフで、適当な混合気が吸入されるシステムになっている。

ひとくちに始動方法といっても、冷間時、暖間時、2ストローク。4ストローク、単気筒、多気筒と、さまざまなケースがある。以上に共通するのは、冷間時にキックまたはセル始動するとき、アクセルを開けるなということだ。

アクセルを開けると、混合気が乱れ、かえって始動しにくくなってしまう。始動したら、4ストロークの場合は、回転の落ちつきを見ながら徐々にチョークを戻す。2ストロークの場合は、30秒〜1分でチョークを全開にする。これは、2ストロークのほうが暖操が早く、チョークを多用すると、スパークプラグをかぶらせてしまうからである(濃い混合気が入りすぎると、プラグの電極を湿らせてミスファイアーを起こしやすくなる)。

単気筒のマシンでキック始動を行う場合

発進は、アクセルオフ(アイドリング回転)でクラッチを切り、静かに、かつ確実に1速へ入れる。このとき、回転が高いとショックが大きく、ドッグクラッチを傷めるので、緊急時以外は避けることである。次にクラッチを継ぎ、いよいよスタートとなる。

アクセルを少し開け(回転はアイドリングよりやや高めの2000〜2500rpmが平均)、車体が動きだすまでクラッチレバーを戻していき、動きだしたところでクラッチレバーを保持し(半クラッチを保つ)、今度はアクセルを開ける。

4ストローク単気筒のマシンでキック始動を行う場合は、キックするときに、ついアクセルが開いてしまいがちなので注意することだ。暖間時の始動は、一般的に2ストロークの場合はチョークを使用せず、アクセルを少し開けたほうが始動しやすい。4ストロークの場合は、キック始動なら踏み下ろしてから、セル始動ならアクセルオフからタイミングをはかって(2〜3秒押してから)、アクセルを少し開けると始動しやすいものである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクは滑りやすい路面に気をつける

2輪にとって問題となるのは、摩擦係数が低い状態、いわゆるすべりやすい路面。だれでも経験があるように雨の日はすべりやすいものだが、晴れでもそれと同じような状態にあるのが砂および路面の交通標示ペイント。こ …

no image

タイヤの空気圧を適正に保っていますか?

空気圧が低ければタイヤは腰くだけになり、反対硬いとタイヤが跳ね回り、グリップどころではなくなってしまう。では空気圧をどの程度に保っておけばいいのかというと、やはりそのオートバイに合った基準ということに …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …

no image

10代からバイクの免許を取得することをおすすめしたい理由

バイクに慣れるには若いころから始めたほうがよいにきまっている。現在は原付は16才から免許が取得できるから、早く取得したほうが勝ちだ。16オからバイクに乗り始めれば、運動神経もいいし、バイクの運動特性そ …

no image

バイクの防寒対策

上下のウェア。皮革製のツナギは安全性は高いが保温性はほとんどなく、レザースーツだけで走ることは不可能になる。あくまでレザースーツを着用するなら、スーツの下着にハイネック(首まで覆う)のシャツ、ズボン下 …