スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクでエアブレーキを使うテクニック

投稿日:

エアブレーキは、前後のシステムブレーキ、エンジンブレーキに次ぐ第3のブレーキとして認識されている。つまり、空気抵抗によるブレーキだ。トラックなどの大型車のブレーキに「エアブレーキ」というブレーキがあるが、これは、トラックなどの大型車のエアブレーキとは違う。機械的なもののことではない。

バイク版のエアブレーキは、そのもののかけ方は簡単で、上体を起こせばよいのだが、スピードが高くなればなるほど制動力は大きくなり、ライダーが受ける抵抗も大きくなるので、それなりの身構えが必要になる。

高速道路を、限界に近いスピードで走行していて上体を起こすと、空気抵抗が急激に加わり、ライダーは後ろにもっていかれそうになる。同時にマシンにはエアブレーキがかかり、スピードがグッと下がる。このエアブレーキを身につけてみよう。このエアブレーキのテクニックはロードレースではよく使われるもので、ストレートの終りや、コーナーの手前などで一気に減速するとき、ライダーは上体を起こして、自ら風をドッと受けてブレーキ作用を発揮させるのだ。

エアブレーキのかかる速度100km/h以上

これは実際にやってみるとわかるが、もの凄い風の抵抗があるので、経験もないのにいきなり高速で行うのは危険がともなうほどだ。ライダーは身体を後ろに持っていかれないよう、そしてハンドルバーに不必要な力が加わらないように気をくばりマシンがバランスを崩さないように注意
いたい、このエアブレーキのかかる速度は少なくとも100km/h以上なので、それの速度では大きな効果は望めないだろう。

高速道路で伏せて走行していたのでは、周囲の状況が確認できずに危険だし、自パイやパトカーに追走されていても、わからないのでお手上げだ。かといって伏せるにしてもカウリングがないマシンだと、前方を見るのも風が強くてきついので、やはりカウリング付きのバイクに限って、エアブレーキが使えるし、効果があらわれるといえそうだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …

no image

バイクでのコーナリングのアクセルワークとブレーキング

3速50km/hで曲がる中速コーナー。4速からフルブレーキングを行いながら、3速にシフトダウンし、タイミングよくマシンを寝かし込む。フォームはややハングオン気味。上りと下りでは、ブレーキング時間やアク …

no image

コーナリングの限界に挑むハングオンというテクニック

ハングオンというコーナリングフォームで走るメリットとしては、より高いスピードでコーナ ーをクリアできることで、ラップタイムを短縮させるのには絶対に必要なテクニックともいえる。だからといって、だれでもが …

no image

道路標識などに気をつけよう

路肩に立ててある道路標識に気をつけよう。道路標識は最高速度ばかりでなく、コーナーあり、警笛鳴らせ、崖くずれや落石に注意などさまざまな状況を教えてくれる。遠方の路面を見ることも大切だが、これらの標識を見 …

no image

バイクのオフロードでの色々なテクニック

・川渡り ギアは低めにし、アクセルワークはできるだけ抑えてトルクで走りきる心がまえが大切だ。川渡りは水たまり走法とよく似ているが、川底は水ゴケなどすべりやすいものがひそんでいる。したがって水たまりを走 …