バイク

バイクのディスクブレーキの制動力の向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は水に弱い、といわれたディスクブレーキのなき所を解消させて、モトクロッサーやオフロード系マシンにも積極的にディスクブレーキが使用されるようになった。しかし、いくらブレーキ性能がアップしても、それを使いこなせるライダーがいなくてはまったく意味がない。特にリヤよりも絶対的に制動力のあるフロントブレーキを、より有効的に使えるかどうかが大きなカギとなっている。

フロントブレーキはいかに効くか。メーカーのブレーキ制動力のテストの場は常にレースで先行していて、レースによって高い信頼性が得られたタイプが市販車にフィードバックされることが多い。例えば、ディスクブレーキがドラムブレーキに代って主流を占めているのもこのケースのひとつ。

最近では、ディスクブレーキも、さらに改良が進められ、ひとつのディスクプレートに2個のピストンを付けたホンダの2ポットキャリパータイプや、ヤマハやスズキがよく使う対向ピストン型ディスクブレーキ、さらには、ディスクプレートを二枚重ねて間にすき間を設け、冷却効果を高めたようなべンチレーテッドブレーキなどいろいろなタイプが採用されている。

頭が傾いているライダーがコーナーに入ると

頭が傾いているライダーがコーナーに入ると、地面との垂直性が失なわれるため感覚がなくなり、自分がどのくらいバンクさせているのかとか、コーナーがどのくらいの半径をもっているのか、などを把握するのが困難になり、恐怖感も出て危険性が一気に高まってしまう。ライダーが急ブレーキをかけたり、とっさに何かを避けようとすると、一気にバランスが左右どちらかに崩れてアクシデントを生むことになってしまう。

本人はまったく気が付いてない場合が多く、平衡感覚の悪い年配の人や女性ライダーに多いのだが、ストレートで身体が曲がっていたり、中心からずれているライダーは、早目に直さないとその姿勢でクセがついてしまうので、直すのが難しくなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加