スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのブレーキングとシフトダウン

投稿日:

停止するときは、ブレーキングとシフトダウンを継続し、2速で止まるのがふつうである。パニックブレーキには至らないまでも、急停止をする場合は、1速まで落とすが、この場合はそのマシンの変速比を考えることだ。

制動距離を短くするには、車輪をロックさせないことである。これは、二輪・四輪に共通していえることであり、スピード調整のためのブレーキングでも、交差点での停止でも同様である。後輪のロックならまだしも、前輪のロックは、転倒へつながる可能性が大きいので、十分に注意する必要がある。

シフト動作は確実さが第1であり、下りコーナーでギヤ抜けを起こすと、コーナーから飛びだしてしまうこともあるので注意しよう。3速にギヤを落としてコーナーの入口まできたら、ブレーキを解除する。そのとき、ボンと離すのではなく、バンク動作に入りつつ、スーッと力を抜くようにスムーズに行うことが大切だ。

ブレーキングを続けていると

ブレーキングを続けていると、スピードが落ち、回転計の針もパワーバンドを下回っている。そこで、ブレーキングを維持しながら、もう1速シフトダウンする。ここで再びクラッチに手をかけるわけだが、回転が落ちすぎている場合は、クラッチを切った瞬間に、ちょっとアクセルを開け、同時にシフトダウンすると、スムースにギヤが入る。

1速と2速のギヤ比が大きく離れているマシンの場合は、エンジンブレーキが効きすぎるので、2速でさしつかえない。また、4ストロークのビッグシングルも、2速までで十分すぎるほどエンジンブレーキが効くので、1速へ落とす必要はない。

2ストロークマシンの場合は、4ストロークはどエンジンブレーキが効かないので、4ストロークが1速落とすところでは2速落としたり、ブレーキ入力の割合を高めたりして対処することである。1速まで落とすと、後輪がホッピングしたり、スキッドして横流れしたりすることがあり、特に濡れた路面では要注意である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクに乗る際の基本フォームを知っておこう

国際A級ライダーでも、転倒が多くなったり、成績不振のときは、もう一度、走り込んで自分なりのフォームを再チェックしている。基本フォームからやり直すことは、けっして遠まわりにはならない。むしろ、よりハイテ …

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …

no image

バイクのオフロードでの色々なテクニック

・川渡り ギアは低めにし、アクセルワークはできるだけ抑えてトルクで走りきる心がまえが大切だ。川渡りは水たまり走法とよく似ているが、川底は水ゴケなどすべりやすいものがひそんでいる。したがって水たまりを走 …

no image

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと。何度にも分けて、コン、コン、コンといった要領でかけるのがコツだ。機構的にはホイールのハブの内部に2個のシューを持っており、ブレーキペダルで与えられた力 …

no image

オートバイのメカニズムを大別すると5パートに分かれる

オートバイのメカニズムを大別すると、次の5パートになる。前後サスペンション、フレーム・駆動装置、ホイール・ブレーキ装置、保安部品、エンジン本体。 前後サスペンションは、オートバイの種類や用途に合わせ。 …