スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのブレーキングとシフトダウン

投稿日:

停止するときは、ブレーキングとシフトダウンを継続し、2速で止まるのがふつうである。パニックブレーキには至らないまでも、急停止をする場合は、1速まで落とすが、この場合はそのマシンの変速比を考えることだ。

制動距離を短くするには、車輪をロックさせないことである。これは、二輪・四輪に共通していえることであり、スピード調整のためのブレーキングでも、交差点での停止でも同様である。後輪のロックならまだしも、前輪のロックは、転倒へつながる可能性が大きいので、十分に注意する必要がある。

シフト動作は確実さが第1であり、下りコーナーでギヤ抜けを起こすと、コーナーから飛びだしてしまうこともあるので注意しよう。3速にギヤを落としてコーナーの入口まできたら、ブレーキを解除する。そのとき、ボンと離すのではなく、バンク動作に入りつつ、スーッと力を抜くようにスムーズに行うことが大切だ。

ブレーキングを続けていると

ブレーキングを続けていると、スピードが落ち、回転計の針もパワーバンドを下回っている。そこで、ブレーキングを維持しながら、もう1速シフトダウンする。ここで再びクラッチに手をかけるわけだが、回転が落ちすぎている場合は、クラッチを切った瞬間に、ちょっとアクセルを開け、同時にシフトダウンすると、スムースにギヤが入る。

1速と2速のギヤ比が大きく離れているマシンの場合は、エンジンブレーキが効きすぎるので、2速でさしつかえない。また、4ストロークのビッグシングルも、2速までで十分すぎるほどエンジンブレーキが効くので、1速へ落とす必要はない。

2ストロークマシンの場合は、4ストロークはどエンジンブレーキが効かないので、4ストロークが1速落とすところでは2速落としたり、ブレーキ入力の割合を高めたりして対処することである。1速まで落とすと、後輪がホッピングしたり、スキッドして横流れしたりすることがあり、特に濡れた路面では要注意である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

コーナリングの限界に挑むハングオンというテクニック

ハングオンというコーナリングフォームで走るメリットとしては、より高いスピードでコーナ ーをクリアできることで、ラップタイムを短縮させるのには絶対に必要なテクニックともいえる。だからといって、だれでもが …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

バイクでのコーナリングのアクセルワークとブレーキング

3速50km/hで曲がる中速コーナー。4速からフルブレーキングを行いながら、3速にシフトダウンし、タイミングよくマシンを寝かし込む。フォームはややハングオン気味。上りと下りでは、ブレーキング時間やアク …