スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのブレーキングとシフトダウン

投稿日:

停止するときは、ブレーキングとシフトダウンを継続し、2速で止まるのがふつうである。パニックブレーキには至らないまでも、急停止をする場合は、1速まで落とすが、この場合はそのマシンの変速比を考えることだ。

制動距離を短くするには、車輪をロックさせないことである。これは、二輪・四輪に共通していえることであり、スピード調整のためのブレーキングでも、交差点での停止でも同様である。後輪のロックならまだしも、前輪のロックは、転倒へつながる可能性が大きいので、十分に注意する必要がある。

シフト動作は確実さが第1であり、下りコーナーでギヤ抜けを起こすと、コーナーから飛びだしてしまうこともあるので注意しよう。3速にギヤを落としてコーナーの入口まできたら、ブレーキを解除する。そのとき、ボンと離すのではなく、バンク動作に入りつつ、スーッと力を抜くようにスムーズに行うことが大切だ。

ブレーキングを続けていると

ブレーキングを続けていると、スピードが落ち、回転計の針もパワーバンドを下回っている。そこで、ブレーキングを維持しながら、もう1速シフトダウンする。ここで再びクラッチに手をかけるわけだが、回転が落ちすぎている場合は、クラッチを切った瞬間に、ちょっとアクセルを開け、同時にシフトダウンすると、スムースにギヤが入る。

1速と2速のギヤ比が大きく離れているマシンの場合は、エンジンブレーキが効きすぎるので、2速でさしつかえない。また、4ストロークのビッグシングルも、2速までで十分すぎるほどエンジンブレーキが効くので、1速へ落とす必要はない。

2ストロークマシンの場合は、4ストロークはどエンジンブレーキが効かないので、4ストロークが1速落とすところでは2速落としたり、ブレーキ入力の割合を高めたりして対処することである。1速まで落とすと、後輪がホッピングしたり、スキッドして横流れしたりすることがあり、特に濡れた路面では要注意である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのディスクブレーキの制動力の向上

最近は水に弱い、といわれたディスクブレーキのなき所を解消させて、モトクロッサーやオフロード系マシンにも積極的にディスクブレーキが使用されるようになった。しかし、いくらブレーキ性能がアップしても、それを …

no image

クラッチレバーの操作について

ブレーキやクラッチレバーを3本指で操作してみよう。この3本指操作が確実にかつ、すばやくできるようになれば、あなたのスポーツテクニックは、また、一段階ステップアップしたといえる。あなたがもし握力不足で3 …

no image

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、そ …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …

no image

オートバイのメカニズムを大別すると5パートに分かれる

オートバイのメカニズムを大別すると、次の5パートになる。前後サスペンション、フレーム・駆動装置、ホイール・ブレーキ装置、保安部品、エンジン本体。 前後サスペンションは、オートバイの種類や用途に合わせ。 …