スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのブレーキングとシフトダウン

投稿日:

停止するときは、ブレーキングとシフトダウンを継続し、2速で止まるのがふつうである。パニックブレーキには至らないまでも、急停止をする場合は、1速まで落とすが、この場合はそのマシンの変速比を考えることだ。

制動距離を短くするには、車輪をロックさせないことである。これは、二輪・四輪に共通していえることであり、スピード調整のためのブレーキングでも、交差点での停止でも同様である。後輪のロックならまだしも、前輪のロックは、転倒へつながる可能性が大きいので、十分に注意する必要がある。

シフト動作は確実さが第1であり、下りコーナーでギヤ抜けを起こすと、コーナーから飛びだしてしまうこともあるので注意しよう。3速にギヤを落としてコーナーの入口まできたら、ブレーキを解除する。そのとき、ボンと離すのではなく、バンク動作に入りつつ、スーッと力を抜くようにスムーズに行うことが大切だ。

ブレーキングを続けていると

ブレーキングを続けていると、スピードが落ち、回転計の針もパワーバンドを下回っている。そこで、ブレーキングを維持しながら、もう1速シフトダウンする。ここで再びクラッチに手をかけるわけだが、回転が落ちすぎている場合は、クラッチを切った瞬間に、ちょっとアクセルを開け、同時にシフトダウンすると、スムースにギヤが入る。

1速と2速のギヤ比が大きく離れているマシンの場合は、エンジンブレーキが効きすぎるので、2速でさしつかえない。また、4ストロークのビッグシングルも、2速までで十分すぎるほどエンジンブレーキが効くので、1速へ落とす必要はない。

2ストロークマシンの場合は、4ストロークはどエンジンブレーキが効かないので、4ストロークが1速落とすところでは2速落としたり、ブレーキ入力の割合を高めたりして対処することである。1速まで落とすと、後輪がホッピングしたり、スキッドして横流れしたりすることがあり、特に濡れた路面では要注意である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

コーナーをアウトインアウトで曲がる

アウト側を走ることは、ライダーの視線も外側になるから常にガードレールとにらめっこしながら走ることにもなり、疲れも増すので危険だ。その点、アウト・イン・アウトでコーナーの内側を一時的に通過することにより …

no image

タイヤの空気圧を適正に保っていますか?

空気圧が低ければタイヤは腰くだけになり、反対硬いとタイヤが跳ね回り、グリップどころではなくなってしまう。では空気圧をどの程度に保っておけばいいのかというと、やはりそのオートバイに合った基準ということに …

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

上手いブレーキングはジワッときかせること

2輪、4輪を問わず急激な制動をかけることは、マシンばかりでなくライダーにまで大きな負担をかけ、百害あって一利もない。これを裏返せば、上手なブレーキングが浮かび上がってくる。それはジワッときかすことだ。 …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …