バイク

バイクのブレーキングとシフトダウン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

停止するときは、ブレーキングとシフトダウンを継続し、2速で止まるのがふつうである。パニックブレーキには至らないまでも、急停止をする場合は、1速まで落とすが、この場合はそのマシンの変速比を考えることだ。

制動距離を短くするには、車輪をロックさせないことである。これは、二輪・四輪に共通していえることであり、スピード調整のためのブレーキングでも、交差点での停止でも同様である。後輪のロックならまだしも、前輪のロックは、転倒へつながる可能性が大きいので、十分に注意する必要がある。

シフト動作は確実さが第1であり、下りコーナーでギヤ抜けを起こすと、コーナーから飛びだしてしまうこともあるので注意しよう。3速にギヤを落としてコーナーの入口まできたら、ブレーキを解除する。そのとき、ボンと離すのではなく、バンク動作に入りつつ、スーッと力を抜くようにスムーズに行うことが大切だ。

ブレーキングを続けていると

ブレーキングを続けていると、スピードが落ち、回転計の針もパワーバンドを下回っている。そこで、ブレーキングを維持しながら、もう1速シフトダウンする。ここで再びクラッチに手をかけるわけだが、回転が落ちすぎている場合は、クラッチを切った瞬間に、ちょっとアクセルを開け、同時にシフトダウンすると、スムースにギヤが入る。

1速と2速のギヤ比が大きく離れているマシンの場合は、エンジンブレーキが効きすぎるので、2速でさしつかえない。また、4ストロークのビッグシングルも、2速までで十分すぎるほどエンジンブレーキが効くので、1速へ落とす必要はない。

2ストロークマシンの場合は、4ストロークはどエンジンブレーキが効かないので、4ストロークが1速落とすところでは2速落としたり、ブレーキ入力の割合を高めたりして対処することである。1速まで落とすと、後輪がホッピングしたり、スキッドして横流れしたりすることがあり、特に濡れた路面では要注意である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加