バイク

バイクでブラインドコーナー入る際の注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラインドコーナーでは、ライダーは勘をはたらかせてどの程度の半径を持っているか、前方に危険はないかなどを感じとってコーナーに入ることになる。それによってスピードをどこまで落として入るかが決まるが、慣れてくると徐々にスピードを上げていってしまうのが特徴でもある。

サーキットと違って一般道路のワインディングロードでは、ほとんどのコーナーがブラインドコーナーとなっていて、注意が必要だ。ブラインドとは、部屋の窓につるしてあるカーテンのように目かくしをするもので、ブラインドコーナーとは見通しのきかないコーナー、を指すことになる。つまり、コーナーの入口はみえてもその先、出口がみえないことをいう。

問題となるのは、ライダーの勘や、見通しがハズれた時の危険性だ。例えば40km/hで回れると思って入ったところが、半径がきつくてオーバースピードになり、ガードレールに衝突とか、コーナーの出口に駐車車両があって道を防いでいたとか、前方が渋滞していてブレーキが間に合わずに衝突とか、実際に起きている事故ばかり。

峠道で最も多い事故箇所は

峠道で最も多い事故箇所はブラインドコーナーであり、転倒や対向車線へのはみ出し、前方車に衝突、など判断ミスによる、対応の遅れが原因となっている場合が多いようだ。まちがってもプラインドコーナーをすり抜けるスリルを優先させないようにしよう。

ブラインドコーナーに入る時は二重の配慮を払って、万一の際に備えることが必要となる。例えば、低目のミッションを使ってエンジンブレーキが即かけられるようにする、ブレーキがすぐに作動できるように手をかけ、足をペタルの上にのせておく、リーンに余裕を持たせすぐに正常なポジションに戻せるようハングオンなど、大胆なポジションはとらないようにする、などの注意が大切。

通常走行では、意識しないでも済むが、コーナリング中に急ブレーキをかけたり高速でハイスピードを出した時、あるいは急ハンドルを切った時など、一時的に大きな方向に力が加わるとバランスの崩れが大きくなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加