スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクで足が届かない場合

投稿日:

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、経験をつんでいるライダーにいえることではある。体格面からいうと、まず両足のつま先がじゅうぶんにつくこと。

極端なたとえ話だが、レースで使うモトクロッサーは、サスストローク量増大競争によって、地上高はどんどん高くなってしまう。当然、シート高も高くなり、いまではだれも足がつかなくなって、スタート時には工具箱を踏み台にしている有様だ。しかし、それで不自由だなんて人はだれもいない。

体力があってじゅうぶんに乗りこなしているのだが、どうも足がとどかなくてという短足組でも心配はいらない。最近はバリエーションが豊富で、シート高の低い重量車もある。要は自分が乗りこなせると思うマシンを選ぶこと。これが基準だ。

自分の肉体的条件より優先している場合が多い

そして、これはナナハン免許の条件にもなっていることだが、少なくとも自力でマシンを起こせること、スタンドが立てられること、8の字引き回しができることーなどが最低条件といえるだろう。

まず、自分の体の寸法と体力に応じてオートバイを選ぶのが、いちばん利ロなやり方だ。けれど、人間は万物の霊長。やっかいなことにだれにでも好み、というものがある。自己主張の道具ともいえるバイクは、それぞれ個人の好みが車種選択の最大要因となっている。つまり、気に入ったバイク、オレのバイク、は自分の肉体的条件より優先している場合が多い。

市販されている国産オートバイの重量車は、輸出を意識していることもあって、かなり大きい。最近は若者の平均的体格もかなり大きくなっているとはいっても、小柄な日本人には大きすぎるマシンもある。こんなオートバイでは、基本姿勢を取ろうとしてもハンドルグリップが遠すぎたり、膝が開きすぎたり、足が地面につかないなんてことも起こり得るのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力が …

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …

no image

事故が最も多いのは交差点

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ …

no image

バイクのミラーの死角に気をつける

唯一の後方の目であるバックミラーは死角というやっかいな問題をもっている。すなわちオールマイティではないのだ。だが、その欠点を知っていてバックミラーを使えばより安全な走行ができるというわけだ。バックミラ …

no image

コーナーの最速ライン

道は曲がっていても直線的に走れるラインをさがし、そこを走る。いくらコーナーだからといって、道の曲がりどおりに走らなければならないと考えるのは頭が固い証拠。対向車もなくバッチリと安全が確認できれば、セン …