スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクで足が届かない場合

投稿日:

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、経験をつんでいるライダーにいえることではある。体格面からいうと、まず両足のつま先がじゅうぶんにつくこと。

極端なたとえ話だが、レースで使うモトクロッサーは、サスストローク量増大競争によって、地上高はどんどん高くなってしまう。当然、シート高も高くなり、いまではだれも足がつかなくなって、スタート時には工具箱を踏み台にしている有様だ。しかし、それで不自由だなんて人はだれもいない。

体力があってじゅうぶんに乗りこなしているのだが、どうも足がとどかなくてという短足組でも心配はいらない。最近はバリエーションが豊富で、シート高の低い重量車もある。要は自分が乗りこなせると思うマシンを選ぶこと。これが基準だ。

自分の肉体的条件より優先している場合が多い

そして、これはナナハン免許の条件にもなっていることだが、少なくとも自力でマシンを起こせること、スタンドが立てられること、8の字引き回しができることーなどが最低条件といえるだろう。

まず、自分の体の寸法と体力に応じてオートバイを選ぶのが、いちばん利ロなやり方だ。けれど、人間は万物の霊長。やっかいなことにだれにでも好み、というものがある。自己主張の道具ともいえるバイクは、それぞれ個人の好みが車種選択の最大要因となっている。つまり、気に入ったバイク、オレのバイク、は自分の肉体的条件より優先している場合が多い。

市販されている国産オートバイの重量車は、輸出を意識していることもあって、かなり大きい。最近は若者の平均的体格もかなり大きくなっているとはいっても、小柄な日本人には大きすぎるマシンもある。こんなオートバイでは、基本姿勢を取ろうとしてもハンドルグリップが遠すぎたり、膝が開きすぎたり、足が地面につかないなんてことも起こり得るのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

リーンアウトのメリットやデメリットについて

リーン・アウトは、倒す際の微妙なコントロールが難しいので正確さも失われやすくなるから、身体全体でコントロールするリーン・インやリーン・ウィズに比べて一歩譲ることになりそうだ。 リーン・アウトは、雨の日 …

no image

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味 …

no image

コーナーをアウトインアウトで曲がる

アウト側を走ることは、ライダーの視線も外側になるから常にガードレールとにらめっこしながら走ることにもなり、疲れも増すので危険だ。その点、アウト・イン・アウトでコーナーの内側を一時的に通過することにより …

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …