スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクで足が届かない場合

投稿日:

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、経験をつんでいるライダーにいえることではある。体格面からいうと、まず両足のつま先がじゅうぶんにつくこと。

極端なたとえ話だが、レースで使うモトクロッサーは、サスストローク量増大競争によって、地上高はどんどん高くなってしまう。当然、シート高も高くなり、いまではだれも足がつかなくなって、スタート時には工具箱を踏み台にしている有様だ。しかし、それで不自由だなんて人はだれもいない。

体力があってじゅうぶんに乗りこなしているのだが、どうも足がとどかなくてという短足組でも心配はいらない。最近はバリエーションが豊富で、シート高の低い重量車もある。要は自分が乗りこなせると思うマシンを選ぶこと。これが基準だ。

自分の肉体的条件より優先している場合が多い

そして、これはナナハン免許の条件にもなっていることだが、少なくとも自力でマシンを起こせること、スタンドが立てられること、8の字引き回しができることーなどが最低条件といえるだろう。

まず、自分の体の寸法と体力に応じてオートバイを選ぶのが、いちばん利ロなやり方だ。けれど、人間は万物の霊長。やっかいなことにだれにでも好み、というものがある。自己主張の道具ともいえるバイクは、それぞれ個人の好みが車種選択の最大要因となっている。つまり、気に入ったバイク、オレのバイク、は自分の肉体的条件より優先している場合が多い。

市販されている国産オートバイの重量車は、輸出を意識していることもあって、かなり大きい。最近は若者の平均的体格もかなり大きくなっているとはいっても、小柄な日本人には大きすぎるマシンもある。こんなオートバイでは、基本姿勢を取ろうとしてもハンドルグリップが遠すぎたり、膝が開きすぎたり、足が地面につかないなんてことも起こり得るのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクを自己流で運転する怖さ

追い越し時には、前方の安全を確認したらセンターラインをできるだけ短時間で、すなわちできるだけペイントを踏む距離を短くして対向車線へ出て一気に追い抜き、ふたたびセンターラインに対してできるだけ角度をつけ …

no image

クランクや8の字カーブのポイント

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほ …

no image

バイクでもキャンピングは可能

いろいろなことを経験するといったことから、できる限りキャンピングでのツーリングをすすめたい。年をとってから何泊ものキャンプ生活はとても厳しく、できるものではないし、思い出をより深めるためにもキャンプは …

no image

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディン …

no image

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキッ …