スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのアクセルの構造など

投稿日:

ほとんどのスポーツバイクのアクセルは、キャブレターとの間をワイヤーケーブルで結んで、アクセルを開くとキャブレターの吸入ロも開いて燃料(ガソリン、エアー)をエンジンに送り込むシステムになっている。そしてワイヤーは中・大型車になると2本で作動され、スプリングによってアクセルグリップを開かない時は常に閉じた状態に戻るように設計されている。

急にアクセルを開くと高トルクがリヤタイヤに加わり、荷重が後ろにかかるためフロントが軽くなりライダーの身体は後ろにもっていかれるし、フロントタイヤが上がってウィリーの状態になってしまうことさえある。

転倒した時など万一の際、アクセルが開きっぱなしにならないように配慮されているわけだ。単純に考えると速く走るためには、より多くアクセルを開けてガスを多くつぎ込んでやることになる。しかし、急なアクセルワークやムチャなアクセルワークは非常に危険であるし、スムーズな走りは望めない。

アクセルとブレーキの連動

レースになると、ライダーは常にアクセルを開けるか閉じるかしてブレーキングをしていることになる。つまりアクセルやブレーキを絶対に遊ばせない走りがレースの走りである。これと同じような走りは一般の道ではちょっとマネできないが、どうも速くならないと思っている人は、アクセルとブレーキの連動をもう一度見直してみよう。

急加速を得たい場合でも、あらかじめフロントが浮かないような対策を考えておかなければならない。また、逆に急にアクセルを閉じるのも考えものであり、特に4サイクル車はエンジンブレーキが必然的にかかるため、高速走行中にアクセルを閉じると、思ったより大きなブレーキング効果が生まれることもあり要注意だ。

また、オートバイでの最高の魅力でもあるともいえるコーナリングを、より楽しく軽快に、そして安全にクリアしていくには、基本となる姿勢、つまり、ライディングフォームをしっかりと把握し、身につけておかなければならない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのシフトダウンのコツ

加速や制動はなにもアクセルやブレーキだけで行うものではない。例えば、トップギヤで走行中、行く手の信号機が赤の時、バイクを停止させるのにクラッチを切りブレーキだけでゆっくりと停止するライダーがいるが、こ …

no image

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、そ …

no image

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。 …

no image

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操 …

no image

ヘルメットのあごひもが痛いからといって締めないと

へルメットはSGおよびJ1Sマーク、あるいはスネル規格をパスした本格的なもの。それをかぶったそこまではいい。問題はそのあと。あなたはアゴひもをきちんと締めているか?思うに、あれはいちいちアゴひもを締め …