スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのアクセルの構造など

投稿日:

ほとんどのスポーツバイクのアクセルは、キャブレターとの間をワイヤーケーブルで結んで、アクセルを開くとキャブレターの吸入ロも開いて燃料(ガソリン、エアー)をエンジンに送り込むシステムになっている。そしてワイヤーは中・大型車になると2本で作動され、スプリングによってアクセルグリップを開かない時は常に閉じた状態に戻るように設計されている。

急にアクセルを開くと高トルクがリヤタイヤに加わり、荷重が後ろにかかるためフロントが軽くなりライダーの身体は後ろにもっていかれるし、フロントタイヤが上がってウィリーの状態になってしまうことさえある。

転倒した時など万一の際、アクセルが開きっぱなしにならないように配慮されているわけだ。単純に考えると速く走るためには、より多くアクセルを開けてガスを多くつぎ込んでやることになる。しかし、急なアクセルワークやムチャなアクセルワークは非常に危険であるし、スムーズな走りは望めない。

アクセルとブレーキの連動

レースになると、ライダーは常にアクセルを開けるか閉じるかしてブレーキングをしていることになる。つまりアクセルやブレーキを絶対に遊ばせない走りがレースの走りである。これと同じような走りは一般の道ではちょっとマネできないが、どうも速くならないと思っている人は、アクセルとブレーキの連動をもう一度見直してみよう。

急加速を得たい場合でも、あらかじめフロントが浮かないような対策を考えておかなければならない。また、逆に急にアクセルを閉じるのも考えものであり、特に4サイクル車はエンジンブレーキが必然的にかかるため、高速走行中にアクセルを閉じると、思ったより大きなブレーキング効果が生まれることもあり要注意だ。

また、オートバイでの最高の魅力でもあるともいえるコーナリングを、より楽しく軽快に、そして安全にクリアしていくには、基本となる姿勢、つまり、ライディングフォームをしっかりと把握し、身につけておかなければならない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

ファミリーバイクは最も安く手軽に買えるが

バイクをまず最初に手に入れるとしよう。最も安く手軽に買えるのはファミリーバイク。車種構成も豊富でデザインもバリエーションに富んでいる。しかしファミリーバイクのメカニズムをよく調べてみよう。エンジンはほ …

no image

スリップストリームの効果は公道のバイクでは感じられない

スリップストリームまがいのことを公道で、しかも2輪でやる人がいる。これなど危険以外のなにものでもない。すぐにやめてもらいたい。こんな常識に逆行した走り方をする人は2輪に乗る資格がない。それに、公道のス …

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …

no image

工事用ヘルメットでバイクに乗ってはいけない

2輪に工事用へルメットをかぶって乗るのは、山に海水パンツを、海に登山靴をはいていくのとまったく同じこと。へルメットをかぶっていればいいだろう、くらいに思って本人は乗っているのだろうが、とんでもない話。 …