スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのアクセルの構造など

投稿日:

ほとんどのスポーツバイクのアクセルは、キャブレターとの間をワイヤーケーブルで結んで、アクセルを開くとキャブレターの吸入ロも開いて燃料(ガソリン、エアー)をエンジンに送り込むシステムになっている。そしてワイヤーは中・大型車になると2本で作動され、スプリングによってアクセルグリップを開かない時は常に閉じた状態に戻るように設計されている。

急にアクセルを開くと高トルクがリヤタイヤに加わり、荷重が後ろにかかるためフロントが軽くなりライダーの身体は後ろにもっていかれるし、フロントタイヤが上がってウィリーの状態になってしまうことさえある。

転倒した時など万一の際、アクセルが開きっぱなしにならないように配慮されているわけだ。単純に考えると速く走るためには、より多くアクセルを開けてガスを多くつぎ込んでやることになる。しかし、急なアクセルワークやムチャなアクセルワークは非常に危険であるし、スムーズな走りは望めない。

アクセルとブレーキの連動

レースになると、ライダーは常にアクセルを開けるか閉じるかしてブレーキングをしていることになる。つまりアクセルやブレーキを絶対に遊ばせない走りがレースの走りである。これと同じような走りは一般の道ではちょっとマネできないが、どうも速くならないと思っている人は、アクセルとブレーキの連動をもう一度見直してみよう。

急加速を得たい場合でも、あらかじめフロントが浮かないような対策を考えておかなければならない。また、逆に急にアクセルを閉じるのも考えものであり、特に4サイクル車はエンジンブレーキが必然的にかかるため、高速走行中にアクセルを閉じると、思ったより大きなブレーキング効果が生まれることもあり要注意だ。

また、オートバイでの最高の魅力でもあるともいえるコーナリングを、より楽しく軽快に、そして安全にクリアしていくには、基本となる姿勢、つまり、ライディングフォームをしっかりと把握し、身につけておかなければならない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでの追い越しでは事故に気をつけよう

直線や登り坂、下り坂での追い越しをする条件としては、対向車がいないこと、追い越した後に自分の入れるスペースが十分にあること、路地からクルマや子供などが飛び出してこない確認が得られることなどが必要。 道 …

no image

バイクのギアを常にトップに入れたい人

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者 …

no image

バイク用グローブやブーツについて

へルメット、グローブ、そしてブーツは、乗車する際、最低限身につけたいギアである。ブーツは価格幅が広いものだが、レインウエアと同様、高価なものほど品質が高く、耐久性もグーンと違ってくる。安価なものは、1 …

no image

事故が最も多いのは交差点

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ …

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …