スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

どうか頭ごなしに叱らないで

投稿日:

よいお母さんやお父さんは、子どもの気持を汲みながら教育をすることができるようになろうと、子どものことについて勉強する人です。子どもを教育する以上、子どもについて勉強するのは当然のことといえましょう。両親は、いつも子どもを教育する立場に立たされているのですから。

子どもは、自分の気持を受け入れてもらえた喜びを感ずるとともに、その物を大事に扱う気持も養うことができますし、その際の技術もお母さんから教えてもらうこともできるでしょう。子どもの気持を受け入れることのできないお母さんやお父さんは、自分にとって都合の悪いことを子どもがすると、「だめ」といって頭ごなしに叱るものです。

子どもは、玩具以外にいろいろな物を使って自分で考えた遊びを展開していきます。そのようなときに、椅子だの引き出しや座布団などをも使おうとするでしょうが、「それで遊んではいけません」と頭ごなしにいうことをせずに、「大事に使ってね」といって貸し与える気持になるでしょう。

お母さんとお父さんとがいろいろと話し合う

子どもの顔を見ると、叱ってばかりいるというお母さん。叱ってばかりいるようなお母さんになってしまっていたならば、もう一度、振り出しに戻って、子どもを叱らないように努力してみましょう。そのためには、子どもの心や行動の発達について書いてある本を読むことが必要になります。

また、子どもの育て方について、お母さんとお父さんとがいろいろと話し合い、一致した線を出すことは、子どもの発達には非常に大きな影響を及ぼします。とくに子どもの人格形成にとっては大切です。ところが、お母さんとお父さんとの間で話し合う機会を持っていないという両親が意外に多いのです。そのために、人格形成にゆがみが生じている例が少なくありません。

お母さんとお父さんとが、お茶を飲みながらゆっくりとした気持で話し合うときが、一日の中にあるでしょうか?一カ月の中では?あるいは一週間の生活の中にそのようなときがあるでしょうか。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

いたずらっ子は探究心の現われ

早くからお母さんから離れていても平気な子どもがいて、お母さんにとっては独立心のある子のように思えるかも知れませんが、そうではないのです。お母さんとの情緒的な心の結びつきができなかったために、お母さんに …

no image

子供に体力をつけさせるには体を張った遊びをさせること

子どもの体力をつけることを考えるならば、崖に挑戦するといった工夫をしてほしいのですが、お父さんにもそのような工夫をするだけの気力がないのかも知れません。何かにつけて楽をしようという考えのお父さんではな …

no image

赤ちゃんの休みない生命活動

誕生直後とはがらりと姿を変えた。この新たな世界は、赤ちゃんを悩ませます。その最初の反応は、離れたばかりの住み慣れた安全な場所、つまり母親の子宮の中に戻りたいという欲求なのです。 赤ちゃんは急にあなたに …

no image

母親や父親が動物嫌い

動物には、小鳥にせよ、犬や猫にせよ、餌を与えなければなりません。お腹をすかせてはかわいそうです。また、寒い思いをさせてもかわいそうです。お腹がすいていないか、寒い思いをしていないか、さらには、洪しくな …

no image

赤ちゃんが興味を持つおもちゃや道具は?

生後一〇週目あたりで、赤ちゃんには比較的穏やかな時期が訪れます。母親は二、三週前に経験した不安な思いや恐怖から、すっかり解放されます。そして、赤ちゃんの聞き分けのよいおとなしい態度に感心して、まるでこ …