スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ありがとうを口に出すようにしよう

投稿日:

「ありがとう」「ありがたい」をできる限り口にしていくようにしてみましょう。口と心がバラバラであってかまいません。無理をしてでも、呪文を唱える気持ちで「ありがとう」「ありがたい」を言い続けてみてください。気持ちを変えるためには行動から変えていくことです。

「今日は子どもにいつもと違う接し方ができた」「今日は一日ずっと楽しくいられた」と、過去形言葉で自分に言い聞かせていきましょう。実際にできてもできなくても、続けていくことで必ずご自身が変わっていきます。今日一日の中でできたこと、うれしかったこと、ありがたかったことを考えてみて、そのときの気持ちに身を浸すということもしてみてください。心が幸せな気持ちで満ちていくはずです。

人間は決して孤独だけではないはずです。誰にも相手にされずとも、神社の神様は黙って私たちの思いを何でも聞いてくださるし、わかってもらえると思えるからです。神様に甘えられるから、お祈りの言葉が出てくるのです。

自己嫌悪にかられたり

さらに、自然界こそ黙って私たちを受け入れてくれています。星も月も太陽も、海も山も木や草や野の花々でさえ、いつでも私たちの心の奥深くにある思いをしっかり受け止めてくれているではありませんか。本当に、うれしいことです。

自己嫌悪にかられたり、つらさや苦しさでがんじがらめになっているときほど、気持ちより先に行動を変えていきましょう。笑顔と深呼吸と言葉の魔法が、必ずあなた自身を幸せにしてくれますよ。突き詰めていくと、人間は誰も孤独なのだと思っています。だからこそ大切な相手には甘えてみたいし、いい関係でいたいと思うのでしょう。

で大きな力に守られているに違いないのだ、と思えませんか。心の中は私の思いそのもので満されていきます。子育てを通じて、あなたの人生が輝くよう、みんなが応援していることに気づい
てください。子供の成長をうれしく思い、新たな世界を発見する喜びを子供とともに分かち合いましょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

成功するために失敗を体験させることも大事

もし、子どもがそば屋さんのまねをしていて食器を落としてこわしてしまったとしたら、どのように扱ったらよいでしょうか。そのような冒険心の現われに喜びを感じている両親であれば、そば屋さんの持ち方ができるよう …

no image

子供の人見知りが激しい状態になる

六〜八カ月になりますと、はっきりと人の顔が見えるようになります。そうなると、見なれぬ人には恐れを感じ、お母さんにしがみつくでしょう。これが「人見知り」です。「人見知り」が現われて、お母さんにしがみつく …

no image

上の子と下の子の間に差別がないようにする

上の子と下の子を育てるときのお母さんの意識のちがいが、それぞれの子どもの人格形成に影響を及ぼしている。ですから、「同じように育てているのに」という言葉は全く当らない。上の子のときには、甘やかしてはなら …

no image

失敗を恐れた母親がそれを克服

自分の子どもがちゃんとしている子に見えるように、がんばって見栄を張ってしまう。もちろんがんばって見栄を張ることも人生において必要なときはあります。でも子育てで見栄を張る必要はまったくありません。大人に …

no image

子供の冒険心の現われというべき行動

七〜八歳のころに起きる子どもの冒険心の現われですが、お盆にのっている食器を、台所まで運んでくれるように子どもに頼んだときに、快く承諾してくれたのはよいが、そば屋さんのするように片腕で肩のところにもち上 …