スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

ありがとうを口に出すようにしよう

投稿日:

「ありがとう」「ありがたい」をできる限り口にしていくようにしてみましょう。口と心がバラバラであってかまいません。無理をしてでも、呪文を唱える気持ちで「ありがとう」「ありがたい」を言い続けてみてください。気持ちを変えるためには行動から変えていくことです。

「今日は子どもにいつもと違う接し方ができた」「今日は一日ずっと楽しくいられた」と、過去形言葉で自分に言い聞かせていきましょう。実際にできてもできなくても、続けていくことで必ずご自身が変わっていきます。今日一日の中でできたこと、うれしかったこと、ありがたかったことを考えてみて、そのときの気持ちに身を浸すということもしてみてください。心が幸せな気持ちで満ちていくはずです。

人間は決して孤独だけではないはずです。誰にも相手にされずとも、神社の神様は黙って私たちの思いを何でも聞いてくださるし、わかってもらえると思えるからです。神様に甘えられるから、お祈りの言葉が出てくるのです。

自己嫌悪にかられたり

さらに、自然界こそ黙って私たちを受け入れてくれています。星も月も太陽も、海も山も木や草や野の花々でさえ、いつでも私たちの心の奥深くにある思いをしっかり受け止めてくれているではありませんか。本当に、うれしいことです。

自己嫌悪にかられたり、つらさや苦しさでがんじがらめになっているときほど、気持ちより先に行動を変えていきましょう。笑顔と深呼吸と言葉の魔法が、必ずあなた自身を幸せにしてくれますよ。突き詰めていくと、人間は誰も孤独なのだと思っています。だからこそ大切な相手には甘えてみたいし、いい関係でいたいと思うのでしょう。

で大きな力に守られているに違いないのだ、と思えませんか。心の中は私の思いそのもので満されていきます。子育てを通じて、あなたの人生が輝くよう、みんなが応援していることに気づい
てください。子供の成長をうれしく思い、新たな世界を発見する喜びを子供とともに分かち合いましょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の存在を否定しないでほめ讃えてあげること

何かができたときだけ「よくできました」「これができたなんていい子だね」。評価の世界の話です。今は何かができたりできなかったり、何かの条件を満たしたときにだけほめる方が多いように感じます。でもこれは間違 …

no image

子供の適応能力を育てる

木のぼりを始めたり、ジャングルジムの上に登って両手を離したりしたら、どのような親の態度が必要でしょうか。お母さんやお父さんは、すぐに「危ないからよしなさい」と大きな声を立てるのではないでしょうか。そう …

no image

赤ちゃんの心を育てる

赤ちゃんが少し大きくなった時には、どんな物でもかそばにいて欲しいと思うようになります。ときどき、赤ちゃんは小頃のように、思い切りあなたにしがみついてきたりするでしょう。これは不安な気持ちをおさえ、赤ち …

no image

子供の喘息には乾布摩擦が効果的

近ごろの子どもは、なかなか靴下を脱ぎたがらず、はだしで土を踏むことさえいやがるようになってしまいました。それだけ、皮ふを弱くしているのです。子どもは風の子という言葉をもう一度かみしめて下さい。小児科医 …

no image

義理の母親が過干渉で孫を奪い取る

孫ができると、孫を母親から奪い取ってしまうお年寄りがいます。それは、自分なりの老後設計がないからです。お母さんは「子どもをおばあちゃんに取られてしまった」という表現をします。 似て非なるとは、「意気地 …