ファッション

アパレル製造業の労働問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組合結成をにおわせたり、組合加入の動きを少しでも見せたりすれば、メーカーや小売業者からは一切仕事がもらえなくなってしまう。だから、ここでは絶対に組合化なんてものは起こり得ないんですよ。既存の組合にしても、その工場を加入させたところで何の意味もないことに気づきます。なぜなら、その工場では仕事なんか全くなくなってしまうでしょうから」。

GCASCのジョー・ロドリゲスは、南カリフォルニアでは組合に入っているアパレル工場は皆無に等しいと言い、それは請負業者側に力がないせいだと説明する。「私が知っているうちで、この業界は唯一、請負業者が価格設定を行わない業界です。たとえば、家の配管工事を頼むとしたら、料金は業者がこちらに提示するのであって、こちらから彼らに言うわけではありませんよね。それが、この業界は正反対なのです。

チリでは婦人服の八〇%が自宅労働者の手で作られており、メキシコでは三〇%、アルゼンチンでは五五%となっている。労働問題は、しばしば報告されずじまいになってしまう。助けを求める相手がいない労働者も多いからだ。

今日の大規模なアパレル製造業務は

企業としては、人件費を安くすることでコストをできるだけ低く抑えたい。ただし、しばしば法律という厄介なものが立ちはだかって、ある程度の水準を保たせようとする。では、どうするか?抜け道を探せばいい。今日の大規模なアパレル製造業務は、労働者を確保して報酬を支払い、服を作らせるといった単純なやり方で済むものではない。

他国では、自分に諸々の権利があることさえ知らない労働者も多い。平均的な数字を挙げると、独立した監督機関であるヴェリテ社が調査した二〇〇以上の工場において、最低賃金、残業手当などの手当類、有給休暇、組合の組織などに関する権利について知っている労働者は一〇%にも満たなかったという。リーバイス・ジーンズの陰にアパレル・ビジネスにおいては、やり手であることと後ろ暗いこととは往々にして紙一重である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加