スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

アパレル・メーカーは人件費を削るしかない

投稿日:2019年9月18日 更新日:

一九九九年にメリーマウント大学倫理問題センターが行った調査では、スウェットショップに対して責任があるのは工場だけだと思っている消費者が六五%を占めており、小売業者にも責任があるとする人は一一%にとどまっている。大物小売業者はこの値段でダメならよそをあたるという高飛車な商売をしているため、そのツケが回ってくる労働者ははした金しかもらえなくなってしまうんですとボナチッチ博士。

製造が始まりもしないうちから小売業者のあなたが設定した低価格のせいで、関係者に少しずつお金が支払われていくうちに、底辺にいる人たちの賃金は実に微々たるものになってしまう。しかも、工場主の中には、一・四四ドルという賃金を大盤振る舞いだと考えるところさえある

テレビの電子部品のような硬いものなら機械でも組み立てられるだろうが、ストレッチ・ジーンズ用のソフト・デニムは機械には扱いづらい。アパレル製造でもそれなりに機械任せにできる工程はあるが、大部分は相変わらず人間の手を必要とする。アパレル以外のメーカーは製造の機械化で費用を浮かせてきたけれども、アパレル・メーカーは人件費を削るしかないわけである。

人件費の正確な金額

人件費の正確な金額は一〇〇%工場次第というわけではない。その決定は、かなりの部分、小売業者にかかっているのだ。小売業者は、あらかじめ利益マージンはどの程度が望ましいか、どのくらいの値段に収めたいか、といったことをしっかり決めておき、それから、その値段で納品してくれる請負業者を探しにかかるからである。

たとえば、あなたが小売業者で、ストライプのタートルネックを一着一二ドルの卸値で買いたいとしよう。店では二四ドルで売るつもりのものだ。卸値の一二ドルのうち、メーカーは生地代に約五・四ドル、利益と間接費に三ドルを当てる。残りの三・六ドルは請負業者に行くが、そこで実際にそのシャツを作った労働者に支払われるのはおよそ一・四四ドル、つまり小売価格の約六%である。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は、当然、騙された気分になった。ローパー社がアメリカの消費者を対象に行った調査では、「アメリカ製」のラベルを好ましいものと考えている人が九五%を占めることがわか …

no image

魔女狩り現象のようなものが生まれてきた

一九九八年、LAのスポーツウェア・メーカーであるカレン・ケインが、犯罪行為に連座したと言われて標的にされた。この会社は卸売価格にして年間およそ七〇〇〇万ドル分のアパレル製品を製造していたが、そのうち七 …

no image

労働問題改善を唱えるケイティ・クアン

アパレル系のスウェットショップが二〇世紀における恐竜にならなかった主な理由は、製品自体にある。柔らかい生地を扱うため、製造過程をオートメ化しにくいのだ。ここ四〇年間、インフレのおかげで他分野の賃金はお …

no image

組合の作った服は大多数の消費者にとって

自分は騙されてるんじゃないか。ただファッションの権威者の名前が貼り付けられているというだけで、デザイナー・グッズに余計にお金を支払っているんじゃないか。そんな疑問を密かに抱いたことはないだろうか? 組 …

no image

ウォルマートではなくキャシー・リー自身に非難の矛先が向けられた

キャシー・リーの仕事場マンハッタンのテレビ・スタジオが集まるエリアーの目と鼻の先にあるスウェットショップで、彼女のブランドのブラウス五万枚が完成したばかり。この知らせを受けた彼女は、体調が悪いというコ …