スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

アパレル・メーカーは人件費を削るしかない

投稿日:2019年9月18日 更新日:

一九九九年にメリーマウント大学倫理問題センターが行った調査では、スウェットショップに対して責任があるのは工場だけだと思っている消費者が六五%を占めており、小売業者にも責任があるとする人は一一%にとどまっている。大物小売業者はこの値段でダメならよそをあたるという高飛車な商売をしているため、そのツケが回ってくる労働者ははした金しかもらえなくなってしまうんですとボナチッチ博士。

製造が始まりもしないうちから小売業者のあなたが設定した低価格のせいで、関係者に少しずつお金が支払われていくうちに、底辺にいる人たちの賃金は実に微々たるものになってしまう。しかも、工場主の中には、一・四四ドルという賃金を大盤振る舞いだと考えるところさえある

テレビの電子部品のような硬いものなら機械でも組み立てられるだろうが、ストレッチ・ジーンズ用のソフト・デニムは機械には扱いづらい。アパレル製造でもそれなりに機械任せにできる工程はあるが、大部分は相変わらず人間の手を必要とする。アパレル以外のメーカーは製造の機械化で費用を浮かせてきたけれども、アパレル・メーカーは人件費を削るしかないわけである。

人件費の正確な金額

人件費の正確な金額は一〇〇%工場次第というわけではない。その決定は、かなりの部分、小売業者にかかっているのだ。小売業者は、あらかじめ利益マージンはどの程度が望ましいか、どのくらいの値段に収めたいか、といったことをしっかり決めておき、それから、その値段で納品してくれる請負業者を探しにかかるからである。

たとえば、あなたが小売業者で、ストライプのタートルネックを一着一二ドルの卸値で買いたいとしよう。店では二四ドルで売るつもりのものだ。卸値の一二ドルのうち、メーカーは生地代に約五・四ドル、利益と間接費に三ドルを当てる。残りの三・六ドルは請負業者に行くが、そこで実際にそのシャツを作った労働者に支払われるのはおよそ一・四四ドル、つまり小売価格の約六%である。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

サイズがぴったりの服や体がきれいに見える服

ウーライト・ファッション・フォーラムがアンケート調査では、ショッピングで最も難しいのは、サイズがぴったりの服や体がきれいに見える服を見つけることだと回答した女性が半数生っている。だが、問題は、私たちの …

no image

労働省(DOL)によれば

労働省(DOL)によれば、最低賃金、超過勤務、子どもの就労に関する法律に違反している企業はみんなスウェットショップということになる。だが、そうした定義には曖昧な部分が残る。ロドリゲスは、DOLがアパレ …

no image

底値競争は利益を追求する放逸な資本主義がもたらした結果

オックス・ファムマキラ・ソリダリティ・ネットワーク前者は貧困撲滅をめざして人道支援を行うNGOの連合体で、イギリス・オックスフォードに本部を置くもの。彼らは、とにかくどこよりも早く自社製品を送り出さな …

no image

思考の麻痺した私たちは

大抵の人々がシャツ一枚に迷わず払う二五ドルだって、大方のアパレル工場労働者にとっては、何カ月も貯金しなければならない額だ。マンハッタンのミートパッキング・ディストリクトにあるロータスという気取ったナイ …

no image

ディズニーの工場だろうとナイキの工場だろうと

アパレル工場の監査は、財務会計士にクリップボードとチェックリストを持たせて工場に送り込めばいいというような単純なものではない。それなのに、それだけで済ませてしまっている会社が多いのだ。「衛生面や安全面 …