スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

アパレル・メーカーは人件費を削るしかない

投稿日:2019年9月18日 更新日:

一九九九年にメリーマウント大学倫理問題センターが行った調査では、スウェットショップに対して責任があるのは工場だけだと思っている消費者が六五%を占めており、小売業者にも責任があるとする人は一一%にとどまっている。大物小売業者はこの値段でダメならよそをあたるという高飛車な商売をしているため、そのツケが回ってくる労働者ははした金しかもらえなくなってしまうんですとボナチッチ博士。

製造が始まりもしないうちから小売業者のあなたが設定した低価格のせいで、関係者に少しずつお金が支払われていくうちに、底辺にいる人たちの賃金は実に微々たるものになってしまう。しかも、工場主の中には、一・四四ドルという賃金を大盤振る舞いだと考えるところさえある

テレビの電子部品のような硬いものなら機械でも組み立てられるだろうが、ストレッチ・ジーンズ用のソフト・デニムは機械には扱いづらい。アパレル製造でもそれなりに機械任せにできる工程はあるが、大部分は相変わらず人間の手を必要とする。アパレル以外のメーカーは製造の機械化で費用を浮かせてきたけれども、アパレル・メーカーは人件費を削るしかないわけである。

人件費の正確な金額

人件費の正確な金額は一〇〇%工場次第というわけではない。その決定は、かなりの部分、小売業者にかかっているのだ。小売業者は、あらかじめ利益マージンはどの程度が望ましいか、どのくらいの値段に収めたいか、といったことをしっかり決めておき、それから、その値段で納品してくれる請負業者を探しにかかるからである。

たとえば、あなたが小売業者で、ストライプのタートルネックを一着一二ドルの卸値で買いたいとしよう。店では二四ドルで売るつもりのものだ。卸値の一二ドルのうち、メーカーは生地代に約五・四ドル、利益と間接費に三ドルを当てる。残りの三・六ドルは請負業者に行くが、そこで実際にそのシャツを作った労働者に支払われるのはおよそ一・四四ドル、つまり小売価格の約六%である。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ハイチ人労働者が受け取る額はわずか六セント

外国ではさらに賃金が下がる。一九九六年、NLCは、ディズニーの一〇一匹わんちゃんの子供服ーウォルマートで一九・九九ドルで売られているものー着を仕上げる作業に対して、ハイチ人労働者が受け取る額はわずか六 …

no image

大抵のモデルはダイエットもエクササイズもしていないと言い張る

大抵のモデルはダイエットもエクササイズもしていないと言い張る。まあ、ダニエラ・ペストヴァや、クラウディア・シファークラウディアは、一日でもエクササイズしないと体がたるんでくるのがわかるというといった数 …

no image

中国人労働者の多くは違法滞在者だったため

中国人労働者の多くは違法滞在者だったため、密入国の手引きをしてくれた人間に多額の借金があり、賃金から少しずつ返済していかねばならなかった。また、多くの労働者は英語が話せず、アメリカ労働法の知識もなかっ …

no image

サウス・サルサモーラアパレル工場はスウェットショップではなかった

サウス・サルサモーラ・ストリート・アパレル工場は、どう見てもスウェットショップではなかった。労働者は健康保険にも入れたし、時給一二ドル稼ぐミシン係もいた。労働時間にしても、たまに長くなることはあったけ …

no image

パークと癌の因果関係には否定的

オルソンはパークと癌の因果関係には否定的だ。「パークを使っていたドライ・クリーニング業者の知り合いには、癌で亡くなった人がふたりいます。映画館の経営者だったうちの親父も、やはり八代で癌になって死んでま …