スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

投稿日:

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば、ほぼべストのコーナリングラインが取れるはずだ。

この走法はアウト・イン・アウトより回転半径は小さくなるが、最後にアウトにはらまないので対向車とぶつかる危険性は非常に小さくなる。しかも、すぐつぎにコーナーが続いても、通過したコーナーのイン側、すなわちこれから進入しようとするコーナーのアウト側を走っているのだから、すでにつぎのコーナーにはいる態勢はととのっているわけだ。だが、アウト・イン・アウトに比べて小さな半径で回るのだから、よりスピードダウンする必要がある。それに場所はブラインドコーナーや交差点だから、じゅうぶんすぎる減速をしてちょうどいいくらいだ。

アウトからインにはいるまではいいが、そのあとのアウトでセンターラインに寄ると、センターラインをはみ出して走ってくるクルマがあるかもしれない。交差点では対向車線の信号待ちのクルマに自然に近づくことになり危険。こんなときはアウト・イン・インを取る。センターライン寄りからインにつき、そのままインぞいを走るのだ。

信号待ちを安易に考えてはいけない

タクシーの荒っぽい運転はいうに及ばず、女性ドライバーや年輩の人のモタモタ運転などは2輪にとって怖い存在。信号待ちで各クルマのだいたいの走り方を推測しておけば、おのずと自分の走り方も決まってこようというもの。信号待ちはライディングのいないだるいひととき。だが、信号待ち、これを安易に考えてはいけない。

緊張感から解放され、身も心も自由になダーにとっては大切なのだ。まずしなければならないのは、最前列へ進み出ること。4輪より前に停車することで自車の存在を確認させるのだ。そして最前列へ出たら周囲のクルマの性格をほぼ見当つけておく。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

自主トレーニングはやったら休む

自主トレーニングはやったら休む。これが長く続ける秘談。回復したらまたやる。この繰り返しである。夜はできるだけ早く寝る。タバコはやらない。これは百害あって一利なし。「なあんだ、意外と平凡だな」と思われる …

no image

リーンアウトのメリットやデメリットについて

リーン・アウトは、倒す際の微妙なコントロールが難しいので正確さも失われやすくなるから、身体全体でコントロールするリーン・インやリーン・ウィズに比べて一歩譲ることになりそうだ。 リーン・アウトは、雨の日 …

no image

ツーリング初心者は日帰り日程からはじめる

ツーリングの楽しみは実行するより、事前のプラン立ての方が楽しい、なんていう人がいるぐらい計画を立てるのは胸がワクワクする。何回もプランを立てて、それを実行していくうちに慣れるし反省を重ねるのでコツもわ …

no image

交通3悪の危険に注意する

交通3悪なんてよくいわれるが、2輪の大敵がつぎの3つ。子ども、ダンプカー、タクシー、この3つは、オートバイライダーが最も気をつけなければならない相手。くれぐれもこれらに気をつけて走らなければならない。 …

no image

バイクのヘルメットのJIS規格などを知っているか

バイクには色々な用品がある。好きな人なら多くのバイク用品を持っていることだろう。しかし、数あるギアの中で、重要なのが、へルメットである。恐ろしい頭部損傷から身を守る大切なものであり、購入するときは、次 …