スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

投稿日:

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば、ほぼべストのコーナリングラインが取れるはずだ。

この走法はアウト・イン・アウトより回転半径は小さくなるが、最後にアウトにはらまないので対向車とぶつかる危険性は非常に小さくなる。しかも、すぐつぎにコーナーが続いても、通過したコーナーのイン側、すなわちこれから進入しようとするコーナーのアウト側を走っているのだから、すでにつぎのコーナーにはいる態勢はととのっているわけだ。だが、アウト・イン・アウトに比べて小さな半径で回るのだから、よりスピードダウンする必要がある。それに場所はブラインドコーナーや交差点だから、じゅうぶんすぎる減速をしてちょうどいいくらいだ。

アウトからインにはいるまではいいが、そのあとのアウトでセンターラインに寄ると、センターラインをはみ出して走ってくるクルマがあるかもしれない。交差点では対向車線の信号待ちのクルマに自然に近づくことになり危険。こんなときはアウト・イン・インを取る。センターライン寄りからインにつき、そのままインぞいを走るのだ。

信号待ちを安易に考えてはいけない

タクシーの荒っぽい運転はいうに及ばず、女性ドライバーや年輩の人のモタモタ運転などは2輪にとって怖い存在。信号待ちで各クルマのだいたいの走り方を推測しておけば、おのずと自分の走り方も決まってこようというもの。信号待ちはライディングのいないだるいひととき。だが、信号待ち、これを安易に考えてはいけない。

緊張感から解放され、身も心も自由になダーにとっては大切なのだ。まずしなければならないのは、最前列へ進み出ること。4輪より前に停車することで自車の存在を確認させるのだ。そして最前列へ出たら周囲のクルマの性格をほぼ見当つけておく。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …

no image

ライディングフォームを直すステップ

基本的なライディングフォームは、自分で絶対に直すという強い意思を持っていれば直せないことはない。走っているオートバイのライダーが、シートの中心からずれて座っているのを見かけるが、たいてい左側にねじれて …

no image

スリップストリームの効果は公道のバイクでは感じられない

スリップストリームまがいのことを公道で、しかも2輪でやる人がいる。これなど危険以外のなにものでもない。すぐにやめてもらいたい。こんな常識に逆行した走り方をする人は2輪に乗る資格がない。それに、公道のス …

no image

バイクのクラッチのつなぎ方

バイクのクラッチの継ぎ具合と低速トルクのあるなしは、発進に大きく影響するので、体でタイミングを覚えることはもちろん、クラッチの遊びもつねに調整しておくことが大切である。また、発進時は車体を垂直に保ち、 …

no image

二輪の半クラッチのコツ

半クラッチが効果的なのはクラッチを切った瞬間にレスポンスが回復するエンジンで、4ストロークの単気筒ではほとんど必要ない。ゆるい上り坂で瞬時に追い越しを必要とするときに、シフトダウンすると回転が上がりす …