スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

あんたなんか産むんじゃなかった

投稿日:

小さい頃から「こうしなきゃダメ」「ああしないとダメ」と、ダメダメばかり言われてきた子は、「自分はダメな子なんだ」と思うようになっていきます。「なんであなたはできないの?」「早くしなさい、のろまな子ね」「だらしがないわね」「思いやりがないわね」と言われている子は、自分に「できない子」「のろまな子」「だらしがない子」「思いやりがない子」とマイナスのレッテルを貼り、そのように自己イメージを創りあげていってしまいます。

子どもを喜ばせてあげられる道具として使えるよう、自分の声の響きを育て、大切にすることがとても大切なことです。私が皆さんによく申し上げることのひとつに「子どもは言葉の作品」という。のがあります。子どもが育っていく過程において、言葉が果たす役割は親が思う以上に大きいのです。

「あんたなんか産むんじゃなかったわ!」「そんな子はいりません!」という言葉を投げかければ、子どもは「自分はいらない子なんだ」と思ってしまいます。とくに「あんたなんか産むんじゃなかった」「そんな子はいらない」は絶対に言ってはいけない言葉です。これは子どもの存在そのものを否定してしまう言い方だからです。

どうでもいい存在なんだろ

「どうでもいい存在なんだろ!」と親に対して復讐の牙をむくことになりかねないのです。子どもは白紙のまま生まれてきます。その真っ白な紙をどのような色に染め、どのような人に育っていくかには、親御さんの言葉かけが影響します。

子どもは親の言葉をその小さな胸の中にしっかり刻み付けます。言われて悲しい言葉、つらい言葉も一生忘れることはしません。それこそ、このような言葉を刻み付けたら、何かのときに子どもから刃向かわれることになるでしょう。

子どもは親御さんから日々向けられる言葉によって自分を創りあげていくのです。ダメと言われ続ければそのようになっていきますし、「素晴らしい子ね」と言われ続ければ素晴らしい子になっていきます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

愛情のこもったスキンシップを与えるようにしよう

赤ちゃんがこの新しい世界で変化に適応し成長するためには時間が必要です。赤ちゃんは次第にあなたの体臭や体温に慣れ、あなたの声や抱き方にも親しんでくれます。あなたの胸の中で緊張が解きほぐれ、赤ちゃんは新た …

no image

夫への不満の伝え方

夫への不満を持っている奥さん達。「仕事で忙しいんだ。疲れているんだからそんな話は今聞きたくない」としたら、話したくなる雰囲気を妻であるあなたがつくっていないということ。私だって働いて疲れきっている!と …

no image

しつけはゆっくり生活

自分の力でーということは、自発性と関係してきます。生活習慣といえば、食べること、排尿便をすること、眠ること、これらは、自分のからだを成長させるのに必要な、だれにも必要な習慣ですが、人間には、文化的な生 …

no image

子育てに不安を感じているお母さん達へ

子育て世代の親御さんたちは、ご自身が成長する過程でも常に人からの評価を意識して育ってきています。学校や先生に評価され、親からも評価され、人の日で見て動くことが多かったことで、「自分は自分のままでいい」 …

no image

いたずらっ子は探究心の現われ

早くからお母さんから離れていても平気な子どもがいて、お母さんにとっては独立心のある子のように思えるかも知れませんが、そうではないのです。お母さんとの情緒的な心の結びつきができなかったために、お母さんに …