スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

あんたなんか産むんじゃなかった

投稿日:

小さい頃から「こうしなきゃダメ」「ああしないとダメ」と、ダメダメばかり言われてきた子は、「自分はダメな子なんだ」と思うようになっていきます。「なんであなたはできないの?」「早くしなさい、のろまな子ね」「だらしがないわね」「思いやりがないわね」と言われている子は、自分に「できない子」「のろまな子」「だらしがない子」「思いやりがない子」とマイナスのレッテルを貼り、そのように自己イメージを創りあげていってしまいます。

子どもを喜ばせてあげられる道具として使えるよう、自分の声の響きを育て、大切にすることがとても大切なことです。私が皆さんによく申し上げることのひとつに「子どもは言葉の作品」という。のがあります。子どもが育っていく過程において、言葉が果たす役割は親が思う以上に大きいのです。

「あんたなんか産むんじゃなかったわ!」「そんな子はいりません!」という言葉を投げかければ、子どもは「自分はいらない子なんだ」と思ってしまいます。とくに「あんたなんか産むんじゃなかった」「そんな子はいらない」は絶対に言ってはいけない言葉です。これは子どもの存在そのものを否定してしまう言い方だからです。

どうでもいい存在なんだろ

「どうでもいい存在なんだろ!」と親に対して復讐の牙をむくことになりかねないのです。子どもは白紙のまま生まれてきます。その真っ白な紙をどのような色に染め、どのような人に育っていくかには、親御さんの言葉かけが影響します。

子どもは親の言葉をその小さな胸の中にしっかり刻み付けます。言われて悲しい言葉、つらい言葉も一生忘れることはしません。それこそ、このような言葉を刻み付けたら、何かのときに子どもから刃向かわれることになるでしょう。

子どもは親御さんから日々向けられる言葉によって自分を創りあげていくのです。ダメと言われ続ければそのようになっていきますし、「素晴らしい子ね」と言われ続ければ素晴らしい子になっていきます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供に失敗を体験させよう

子供に失敗の体験をさせよう。もし、破損しそうになったときには、「こうすればこわれないよ」といって、その扱い方を教えます。そのとき、いっしょに手を添えて教えることもよいでしょう。しかし、それにも耳を貸さ …

no image

赤ちゃんはいつも同じ物を見て退屈しています

赤ちゃんは生まれて初めて、同じオモチャ、同じ景色、同じ音、布や物質の同じ感触、同じ味覚などにうんざりする。赤ちゃんはさまざまな変化が好きで、そこから多くのことを学び取るのです。もし、赤ちゃんが退屈して …

no image

しつけはゆっくり生活

自分の力でーということは、自発性と関係してきます。生活習慣といえば、食べること、排尿便をすること、眠ること、これらは、自分のからだを成長させるのに必要な、だれにも必要な習慣ですが、人間には、文化的な生 …

no image

反抗期の現象とわがまま

もし、物を相手に渡したりして譲るような子どもがいれば、それは自発性の発達がおくれているか、譲る子は「よい子」と教えられて、親たちからほめられたいばかりにそれをしているに過ぎない。「よい子」のままで大き …

no image

ありがとうを口に出すようにしよう

「ありがとう」「ありがたい」をできる限り口にしていくようにしてみましょう。口と心がバラバラであってかまいません。無理をしてでも、呪文を唱える気持ちで「ありがとう」「ありがたい」を言い続けてみてください …