スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

あなたなら大丈夫とやることを受け入れてもらっている子は

投稿日:

何をしても「あなたがしていることは正しいのよ」「あなたなら大丈夫よ」とやることを受け入れてもらっている子は、相手の気持ちも受け入れることができるようになります。ときに悪さをして叱られても、素直に受け止め、「あなたとしたことが、なんでそんなことをするの?それはダメよ」というだけで、してはいけないことをちゃんと理解するようになっていきます。

「お母さんは、そのままのあなたが大好きなの。そのままのあなたを誇りに思っているのよ。お母さんはいつもあなたの味方だからね。だから失敗しても何をしても安心してね」このような言葉で、「生まれてきてくれてありがとう」とその子そのものの存在を賛美し、「あなたが大好き」「あなたのことが大事」と、ありのままの自分の存在をほめてもらうことは、子どもにとってこの上ない幸福です。

それが「みんなに支えられている」という思いにつながり、人間関係を築いていく際の力にもなっていきます。何より、ほめられると自分のことがもっともっと大好きになり、自尊の感情がもっともっと子どもの中で高まっていきます。

人を大事にできる基本は

人を大事にできる基本は、自分が大事にされていることです。たっぷりほめられ、たっぷり味方されて大事にされた子は、人を大切にします。「自分はとても大事にされている」「親は味方をしてくれている」と感じることができれば、自分はひとりじゃないんだ、味方してくれる人がいるんだと大きな安心感をもっことができます。

大人である私たち親も、人からほめられるとすごくうれしくなりますし、そんな自分を「まんざらでもないな」と好きになっていけますね。人は、誰かからほめられるとほめられた自分のことが好きになっていくものなのです。日頃から「すごいね」「素晴らしいね」と言われ、ほめられることが多いほど、子どもは自分を好きになっていき、人のことも大好きになります。自分も人も好きな子は明るく朗らかでいられ、多くの人からさらに大好きと言われるようになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

母親である自分に自信が持てない場合

なかなか自信がもてないというお母さんは、よいところを拾っていくということを意識して習慣にしてみるとよいと思います。私たち人間は嫌なこと、嫌いなことは本能で感じ取れるようにできています。それは生き物とし …

no image

夫への不満の伝え方

夫への不満を持っている奥さん達。「仕事で忙しいんだ。疲れているんだからそんな話は今聞きたくない」としたら、話したくなる雰囲気を妻であるあなたがつくっていないということ。私だって働いて疲れきっている!と …

no image

母子関係を育てるには

お母さんに内緒に物を与えることなどは、子どもを陰日向のある人格、つまり二重人格を作っているようなもの。とくに、孫を独占してしまうようなことがあると、母子関係が育ちません。お母さんは、お年寄りが甘やかし …

no image

子供への習い事の強制は果たして正解なのか?

お母さんやお父さんの中に、幼いころにバイオリンやピアノの教室に通った方もあるでしょう。あるいは、絵の塾に通った方があると思います。それを思い出しながら、本当に情操が高まったかどうかについて、検討してみ …

no image

子どもの自発性の発達の遅れ

自発性の発達のおくれは、おとなしくて、親のいうことをよくきいてきた子どもの場合です。いたずらをしたり、暴れたり、けんかをしたりすることは「悪い子」のすることだーという価値観が植えつけられていますから、 …