スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

あなたなら大丈夫とやることを受け入れてもらっている子は

投稿日:

何をしても「あなたがしていることは正しいのよ」「あなたなら大丈夫よ」とやることを受け入れてもらっている子は、相手の気持ちも受け入れることができるようになります。ときに悪さをして叱られても、素直に受け止め、「あなたとしたことが、なんでそんなことをするの?それはダメよ」というだけで、してはいけないことをちゃんと理解するようになっていきます。

「お母さんは、そのままのあなたが大好きなの。そのままのあなたを誇りに思っているのよ。お母さんはいつもあなたの味方だからね。だから失敗しても何をしても安心してね」このような言葉で、「生まれてきてくれてありがとう」とその子そのものの存在を賛美し、「あなたが大好き」「あなたのことが大事」と、ありのままの自分の存在をほめてもらうことは、子どもにとってこの上ない幸福です。

それが「みんなに支えられている」という思いにつながり、人間関係を築いていく際の力にもなっていきます。何より、ほめられると自分のことがもっともっと大好きになり、自尊の感情がもっともっと子どもの中で高まっていきます。

人を大事にできる基本は

人を大事にできる基本は、自分が大事にされていることです。たっぷりほめられ、たっぷり味方されて大事にされた子は、人を大切にします。「自分はとても大事にされている」「親は味方をしてくれている」と感じることができれば、自分はひとりじゃないんだ、味方してくれる人がいるんだと大きな安心感をもっことができます。

大人である私たち親も、人からほめられるとすごくうれしくなりますし、そんな自分を「まんざらでもないな」と好きになっていけますね。人は、誰かからほめられるとほめられた自分のことが好きになっていくものなのです。日頃から「すごいね」「素晴らしいね」と言われ、ほめられることが多いほど、子どもは自分を好きになっていき、人のことも大好きになります。自分も人も好きな子は明るく朗らかでいられ、多くの人からさらに大好きと言われるようになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんある

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんあります。その中から赤ちやんは自分の性格にいちばん適した物を選び出し、肉体と精神の両面からそれを試そうとする。これまでと同様に、あなたは何かを押し付け …

no image

お母さんは大切な時間を小言でつぶしてしまわないようにしましょう

一緒にいる時間が少ないと、一緒にいるときにあれもこれもとワアワア言いたくなるかもしれませんが、せっかくお母さんと過ごせる大切な時間をお小言でつぶしてしまっては残念です。子どもも悲しくなりますし、心に満 …

no image

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちになる

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちでしか生きていくことができなくなります。寂しさや不安で、いつまで経っても自立できず、人に依存し、自ら行動を起こすこともできなくなっていきます。反対に存分に甘 …

no image

幸せに生きるための宇宙からいただいた法則

あなた自身は満ち足りていますか?自分の子育てに自信がもてない、子どもとうまく関わっていくことができないというお母さんの中には、育ってくる過程の中で、ご自身も愛された実感がもてていないという方がいらっし …

no image

我慢する力を子供につけさせる

本などについても、字が読めるとか、本が好きな子どもだということで、子どもにほしいといわれればそのまま買っているお母さんやお父さんがいます。しかし、小学校にも中学校にもいろいろな教科があります。理科が嫌 …