スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

あなたなら大丈夫とやることを受け入れてもらっている子は

投稿日:

何をしても「あなたがしていることは正しいのよ」「あなたなら大丈夫よ」とやることを受け入れてもらっている子は、相手の気持ちも受け入れることができるようになります。ときに悪さをして叱られても、素直に受け止め、「あなたとしたことが、なんでそんなことをするの?それはダメよ」というだけで、してはいけないことをちゃんと理解するようになっていきます。

「お母さんは、そのままのあなたが大好きなの。そのままのあなたを誇りに思っているのよ。お母さんはいつもあなたの味方だからね。だから失敗しても何をしても安心してね」このような言葉で、「生まれてきてくれてありがとう」とその子そのものの存在を賛美し、「あなたが大好き」「あなたのことが大事」と、ありのままの自分の存在をほめてもらうことは、子どもにとってこの上ない幸福です。

それが「みんなに支えられている」という思いにつながり、人間関係を築いていく際の力にもなっていきます。何より、ほめられると自分のことがもっともっと大好きになり、自尊の感情がもっともっと子どもの中で高まっていきます。

人を大事にできる基本は

人を大事にできる基本は、自分が大事にされていることです。たっぷりほめられ、たっぷり味方されて大事にされた子は、人を大切にします。「自分はとても大事にされている」「親は味方をしてくれている」と感じることができれば、自分はひとりじゃないんだ、味方してくれる人がいるんだと大きな安心感をもっことができます。

大人である私たち親も、人からほめられるとすごくうれしくなりますし、そんな自分を「まんざらでもないな」と好きになっていけますね。人は、誰かからほめられるとほめられた自分のことが好きになっていくものなのです。日頃から「すごいね」「素晴らしいね」と言われ、ほめられることが多いほど、子どもは自分を好きになっていき、人のことも大好きになります。自分も人も好きな子は明るく朗らかでいられ、多くの人からさらに大好きと言われるようになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子どもの力を信じることが必要

西ドイツでは、クリスマスツリーを買ってもらった子どもは、ときどき手を休めながらも、その木を家にまで運んでいきました。お母さんは、「がんばれ」といった顔つきで、腕を組んだままそばについて歩いています。日 …

no image

睡眠時間の少ない子どもについて

昔は、睡眠時間が少ないと病気になるーといって、子どもを脅かしました。ところが、睡眠には、時間の問題ばかりでなく、深さの問題もあるのです。深く眠れば、時間が少なくてすみます。ですから、子どもの睡眠時間を …

no image

子供に色々な体験をさせよう

年月をかけて、未熟な面をだんだんに成熟させていくのが教育です。また、電話に出ることに興味を持つ時期があります。先方からの話を一応きいた上で、「今、ママに代ります。ちょっとお待ち下さい」という言葉を教え …

no image

赤ちゃんと飛行機遊びなどで遊ぼう

赤ちゃんはあなたの手を借りて、からだ全体を動かすような遊びがとりわけ好きになります。同じ動きばかりが続く遊びより、むしろ次々と変化するような遊びをしてあげる方がよいでしょう。やさしい動きやゆっくりした …

no image

新生児はさまざまな感覚が全くわからないのか?

新生児はこの世界から受け取るさまざまな感覚に全く反応することができないのでしょうか?いいえ。幸いなことに新生児にはそのような欠陥を埋め合わせる特別な機能が生まれつき備わっているのです。生後しばらくの間 …