ファッション

アメリカでは数多くの大手企業が反スウェットショップ活動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一九九〇年代半ば、アメリカでは数多くの大手企業が反スウェットショップ活動家に噛み付かれた。そのひとつがジーンズ・メーカーのゲスである。一九九六年、ロサンゼルスに本社を置くこの会社の請負業者五社が、労働者に自宅での縫製作業を行わせているとして摘発された。カリフォルニア州では違法行為だからである。

アメリカにいれば、常に悪評を立てられる危険と隣り合わせである。そこで、この国のメーカー群は、政府や活動団体の目が届かない外国に工場を作るほうが楽だと考えるようになった。なけなしのお金しかもらえないのに毎日毎日私たちの服や靴を作り続けているーそんな状態にある労働者がごまんといることを否定するつもりはない。ビッグ・ネームだからといって違反のほうまでビッグだとは限らない。

カリフォルニアでは時給約五ドルだ

カリフォルニアでは時給約五ドルだ。この移転で、ゲス製品全体のうち、LAで作られる分はわずか三五%となった。つい三年前までは製品の九七%がアメリカ製だったのに。そして、アパレル業界はゴッサム・シティを去った。その後、ゲスと一六の下請業者に対して、最低賃金を守っていないという理由で集団訴訟が起こされ、活動団体が過熱気味の抗議行動を繰り広げることになったのだ。一九九七年一月、ゲスは、製造の四〇%をチリやペルー、メキシコに移すと発表した。そこなら縫製労働者の週給は一〇ドルから四〇ドル程度である。

ニューヨーク・シティほど、アパレル製造業のアメリカ脱出の影響が身に染みて感じられたところはない。一九世紀の終わり頃、既製服の需要が高まり、東欧や南欧からの移民がエリス島に押し寄せるようになると、ニューヨークのアパレル製造業界は活気に溢れた。ここでは、まずコートやスーツが量産されるようになり、それから数十年のうちに、ドレスやシャツブラウス、下着なども工場で生産されるようになった。アメリカの主要な港のひとつであり、ファッションの中心地でもあるニューヨークが、世界のアパレル製造の中枢であり続けたのももっともなことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加