スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

親に甘えさせてもらうと天真欄漫な子に育つ

投稿日:

あるYくんという、6歳の子供がいます。このYくんは表情も常にキラキラしていて、言うこともひとつひとつがおもしろい。話をしていて大笑いしてしまうこともたびたびです。性格も屈託がなく、お客さんの前でもお母さんに甘えたくなるとお母さんの首っ玉にしがみついてきます。それをするのが恥ずかしいと思わず、やりたいときにやりたいことをやりたいようにできるのです。とても甘え上手な子です。

見ているうちに「やってみよう!」と思ったのでしょう。まるで手話を知っているかのような手の動きを見せていたことはもちろん、興味や関心をもったことに直載にチャレンジしてみるというYくんのエネルギーに感心してしまいました。

ご飯ももりもりとよく食べますし、寝るときも、お気に入りの小さなタオルをギュッと抱いてコロンと寝てしまいます。その代わり、悪気のないいたずらもよくして、お兄ちゃんからカツンとやられることもよくあります。でも、とにかく天真欄漫そのものという子なのです。

子どもにとって何ものにも代えがたい大きな喜び

甘えられるということは、子どもにとって何ものにも代えがたい大きな「喜び」です。親から無条件、無資格に愛されているという喜びです。この喜びが子どもの心を最も育ててくれるのです。

好奇心、行動力、発言力に感心させられてばかりいます。お母さんも、Yくんの気持ちをちゃんと聞いてあげて、大きな喜びと安心感を育んできたのでしょう。自分という存在に自信がもてていることがYくんを見ているとよくわかります。

お母さんから愛されていると実感できること、大好きな人からギュッと抱きしめられて、「大好き」「宝物だよ」「味方しているよ」と心が震えるほどにうれしくなる言葉をもらえることが、心の栄養となり、生きるエネルギーとなるのですYくんは存分に甘えられている子の典型といっていいと思います。親に充分に甘えさせてもらった子供は、実に天真欄漫そのものという子に育つのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の自立心を育てること

合宿の中で生活の条件が変ったので、すっかり条件づけがくずれてしまった。一方、合宿中、顔を洗ったり、歯を磨いたり、着替えをすることにはきちっとしている子どもであるのに、遊びとなると全く傍観している子ども …

no image

子どもの生活の問題

それは、私の方法を始めて三カ月ほどたったころでした、というある専門家。その間の辛抱は大へんなものでした。それと同時に、その子どもの生活全般にわたって、口を出さない、手を貸さないーつまり「まかせる」こと …

no image

赤ちゃんの新しい仕草や行動に注意して下さい

生後八週目(約二カ月)ぐらいになると、脳レベルでの大きな変化、は赤ちゃんが初めて、何らかの単純な形を認識することを可能にする。例外なく大きな変化、が現われる最初の扱いにくい困難な時期が過ぎ去ったら、赤 …

no image

赤ちゃんの発見を分かち合おう

赤ちゃんの発見を分かち合おう。目新しいことが好きですから、新しく身に付いた能力や赤ちゃんの好奇心にあなたが反応を示してやることはとても大切なことです。そんな新たな発見を赤ちゃんとともに分かち合うことは …

no image

赤ちゃんがよく泣く、欲求が強くなるなどの兆候が出ると

生後八週目から九週目にかけて、あなたの赤ちゃんは以前より欲求が強くなり、大声で泣くことも多くなります。これは赤ちゃんにとって、身心の変化による心の緊張を表現する手段となるからです。この月齢になると、泣 …