スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

親に甘えさせてもらうと天真欄漫な子に育つ

投稿日:

あるYくんという、6歳の子供がいます。このYくんは表情も常にキラキラしていて、言うこともひとつひとつがおもしろい。話をしていて大笑いしてしまうこともたびたびです。性格も屈託がなく、お客さんの前でもお母さんに甘えたくなるとお母さんの首っ玉にしがみついてきます。それをするのが恥ずかしいと思わず、やりたいときにやりたいことをやりたいようにできるのです。とても甘え上手な子です。

見ているうちに「やってみよう!」と思ったのでしょう。まるで手話を知っているかのような手の動きを見せていたことはもちろん、興味や関心をもったことに直載にチャレンジしてみるというYくんのエネルギーに感心してしまいました。

ご飯ももりもりとよく食べますし、寝るときも、お気に入りの小さなタオルをギュッと抱いてコロンと寝てしまいます。その代わり、悪気のないいたずらもよくして、お兄ちゃんからカツンとやられることもよくあります。でも、とにかく天真欄漫そのものという子なのです。

子どもにとって何ものにも代えがたい大きな喜び

甘えられるということは、子どもにとって何ものにも代えがたい大きな「喜び」です。親から無条件、無資格に愛されているという喜びです。この喜びが子どもの心を最も育ててくれるのです。

好奇心、行動力、発言力に感心させられてばかりいます。お母さんも、Yくんの気持ちをちゃんと聞いてあげて、大きな喜びと安心感を育んできたのでしょう。自分という存在に自信がもてていることがYくんを見ているとよくわかります。

お母さんから愛されていると実感できること、大好きな人からギュッと抱きしめられて、「大好き」「宝物だよ」「味方しているよ」と心が震えるほどにうれしくなる言葉をもらえることが、心の栄養となり、生きるエネルギーとなるのですYくんは存分に甘えられている子の典型といっていいと思います。親に充分に甘えさせてもらった子供は、実に天真欄漫そのものという子に育つのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんは生まれつき人の声に興味をもっている

赤ちゃんは生まれつき人の声に興味をもっていて、それを聞くと心に安らぎを感じる。一般に、赤ちゃんは子宮内で慣れ親しんできたような環境に喜びを感じるといわれています。ですから、母親が妊娠中にいつも騒がしい …

no image

夫への不満やストレスで離婚をする前にすべきこと

暴力を振るわれている、夫から虐待されているといった拠所ない事情がある場合は別です。自分や子どもに危害が及びそうな環境にいる場合は一刻も早くそこから逃げなければなりません。しかし「冷たい夫とはわかり合え …

no image

子供の存在を否定しないでほめ讃えてあげること

何かができたときだけ「よくできました」「これができたなんていい子だね」。評価の世界の話です。今は何かができたりできなかったり、何かの条件を満たしたときにだけほめる方が多いように感じます。でもこれは間違 …

no image

赤ちゃんの自立心が高まってきたら

赤ちゃんが扱いにくい危険な時期、はその始まりと同様に、いきなり終わりを迎えます。この時期になると、多くの母親はホッと一息ついて、子供をもった喜びに浸ることができるのです。子育ての緊張から、しばし解き放 …

no image

もし「私」がこの世に生まれていなければ

もし「私」がこの世に生まれていなければ、目の前のわが子も存在していなかったのです。もちろんこの世に生まれなければ、子育てで大変な思いをすることも、日々の中で苦労することも、いろいろ嫌な思いをすることも …