スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

親に甘えさせてもらうと天真欄漫な子に育つ

投稿日:

あるYくんという、6歳の子供がいます。このYくんは表情も常にキラキラしていて、言うこともひとつひとつがおもしろい。話をしていて大笑いしてしまうこともたびたびです。性格も屈託がなく、お客さんの前でもお母さんに甘えたくなるとお母さんの首っ玉にしがみついてきます。それをするのが恥ずかしいと思わず、やりたいときにやりたいことをやりたいようにできるのです。とても甘え上手な子です。

見ているうちに「やってみよう!」と思ったのでしょう。まるで手話を知っているかのような手の動きを見せていたことはもちろん、興味や関心をもったことに直載にチャレンジしてみるというYくんのエネルギーに感心してしまいました。

ご飯ももりもりとよく食べますし、寝るときも、お気に入りの小さなタオルをギュッと抱いてコロンと寝てしまいます。その代わり、悪気のないいたずらもよくして、お兄ちゃんからカツンとやられることもよくあります。でも、とにかく天真欄漫そのものという子なのです。

子どもにとって何ものにも代えがたい大きな喜び

甘えられるということは、子どもにとって何ものにも代えがたい大きな「喜び」です。親から無条件、無資格に愛されているという喜びです。この喜びが子どもの心を最も育ててくれるのです。

好奇心、行動力、発言力に感心させられてばかりいます。お母さんも、Yくんの気持ちをちゃんと聞いてあげて、大きな喜びと安心感を育んできたのでしょう。自分という存在に自信がもてていることがYくんを見ているとよくわかります。

お母さんから愛されていると実感できること、大好きな人からギュッと抱きしめられて、「大好き」「宝物だよ」「味方しているよ」と心が震えるほどにうれしくなる言葉をもらえることが、心の栄養となり、生きるエネルギーとなるのですYくんは存分に甘えられている子の典型といっていいと思います。親に充分に甘えさせてもらった子供は、実に天真欄漫そのものという子に育つのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんが安心や心の安らぎや保護を求めるのは当然

スキンシップは、赤ちゃんが子宮の中にいるような安心できる世界を再現するのに最適な方法です。それは赤ちゃんの心の支えになるのです。赤ちゃんの頭には子宮が自分の体を包み込み、あなたが動くたびに体をマッサー …

no image

動物の死を理解させるのも子供への教育

空腹の動物を見ていられないーその「思いやり」の気持はよくわかります。動物にはかわいそうですが、子どもに「思いやり」の心を育てるには、一時は、心を鬼にすることが大切になるのです。動物がどんなにかわいそう …

no image

子供と休日にお出かけする際に車を使わない

サービスという形をとる場合には、運転者としてのお父さんは疲れるばかりで、そうしたサービスは永続きはしません。ついには、お父さんだけがレジャーを楽しみ、お母さんや子どもたちは家にごろごろしているという休 …

no image

エリートコースで外面的には順風に見えても

現在の世の中は、物質的な豊かさを求める人間を増加させていますし、それがエリートコース(学歴偏重)と結びつき、それなるが故に、よいといわれている学校に入れたい親の気持に拍車をかけ、知的能力ばかりにこだわ …

no image

あんたなんか産むんじゃなかった

小さい頃から「こうしなきゃダメ」「ああしないとダメ」と、ダメダメばかり言われてきた子は、「自分はダメな子なんだ」と思うようになっていきます。「なんであなたはできないの?」「早くしなさい、のろまな子ね」 …