スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

甘えさせる子育てはラクチン

投稿日:

甘えさせるほうが後の子育てはラクチンです。小さな頃から甘えさせるということをたくさんしてあげたほうが、子育てがとんどんラクになるというのは、ある意味で当たり前のことです。お母さんが「大人の人たちにはちゃんと挨拶するのよ」と言えば、「うん、わかった」と素直に聞いてくれます。「自由に何でもしていいけれど、人に負担をかけると思ったら、ここまでよ」と言われたら、自分でストップできる子になります。

お腹が空いてご飯がほしいときに、すぐさま「はい、どうぞ。たっぷり食べてね」といつでもご馳走がもらえている子は、常に心が満ち足りています。心の中のコップが常に空っぽでクリアになっていますから、親の言葉がどんとんとコップの中に注がれていき、言うこともきちんと伝わっていきます。

お母さんの言うことに納得して、子どもが自主的にやってくれるのですから、これほどラクチンな子育てはありませんね。ちょっと言うだけで「うん、わかったー」と言って、そのとおりにしてくれる子になるのですから。

怖い顔でガミガミ叱られなくてもすむ

大好きなお母さんから怖い顔でガミガミ叱られなくてもすむのですから子どもだってうれしくなります。子どもを叱りつけなくてもいい子育てができれば、お母さんもいつも笑顔でいられます。たっぷりと甘えさせてあげる子育ては親も子も幸せにしてくれるのです。

大人だって怒ってばかりの人よりも、にこやかに「いいわよ」と言ってくれる人のほうが好きになれますね。そうした人のお願いなら喜んで聞いてあげたいと思うでしょう。子どももまったく同じです。甘えさせる子育てはお母さんたちの気持ちをうんとラクにしてくれます。

しつけは自我が出てきて自分を主張し出す四歳頃からでも間に合います。一~三歳のうちに叱ってしつける親御さんもよく見かけますが、赤ちゃんの頃から叱るなんていいことはひとつもありません。それよりも何よりも、叱るしつけはあなた自身の気持ちもつらいはずです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供と過ごす充実した時間を大切にしたいと思ったとしても

驚いたような眼差しであなたをじっと見つめながら、赤ちゃんもこんなことを考えているのかもしれせん。「ここは見たこともない何て不思議な世界なんだろう!」確かに、新生児にとって、この世界は見たこともない不悪 …

no image

赤ちゃんの好き嫌いを知っておこう

自分が考えていた出産後の幸せな気分が味わえないために、病院側に恨みを抱く母親もいます。当然、受けるべき晴れ晴れとした気分を味わうどころか、苦悩に苛まれるわけです。できるだけ赤ちゃんをあなたの腕に抱いて …

no image

七歳から九歳にかけての子供

子どもの欲求をきちっと断ることにしましょう。これには、根くらべしかないのです。根くらべに負けると、子どもの欲望はますますエスカレートするでしょう。そして、自己中心的、つまり、わがままいっばいの子どもに …

no image

赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら

あなたの赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら、あなたの前に議な姿勢で座らせてあげましょう。背中をしっかり支えてやり、両足を曲げ、あなたの隠の上に顔を上に向け、やさし<寝かせて下さい。この姿勢をと …

no image

子供が自分でやると言い出したら

両親の中には、子どもが「自分でやる」といい出すと、それをわがままであるとか、強情であると思ってしまう人々もいます。大きな誤解をしている。そして、「悪い子」とか「親のいうことをきかない子」として怒るよう …