スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

甘えさせる子育てはラクチン

投稿日:

甘えさせるほうが後の子育てはラクチンです。小さな頃から甘えさせるということをたくさんしてあげたほうが、子育てがとんどんラクになるというのは、ある意味で当たり前のことです。お母さんが「大人の人たちにはちゃんと挨拶するのよ」と言えば、「うん、わかった」と素直に聞いてくれます。「自由に何でもしていいけれど、人に負担をかけると思ったら、ここまでよ」と言われたら、自分でストップできる子になります。

お腹が空いてご飯がほしいときに、すぐさま「はい、どうぞ。たっぷり食べてね」といつでもご馳走がもらえている子は、常に心が満ち足りています。心の中のコップが常に空っぽでクリアになっていますから、親の言葉がどんとんとコップの中に注がれていき、言うこともきちんと伝わっていきます。

お母さんの言うことに納得して、子どもが自主的にやってくれるのですから、これほどラクチンな子育てはありませんね。ちょっと言うだけで「うん、わかったー」と言って、そのとおりにしてくれる子になるのですから。

怖い顔でガミガミ叱られなくてもすむ

大好きなお母さんから怖い顔でガミガミ叱られなくてもすむのですから子どもだってうれしくなります。子どもを叱りつけなくてもいい子育てができれば、お母さんもいつも笑顔でいられます。たっぷりと甘えさせてあげる子育ては親も子も幸せにしてくれるのです。

大人だって怒ってばかりの人よりも、にこやかに「いいわよ」と言ってくれる人のほうが好きになれますね。そうした人のお願いなら喜んで聞いてあげたいと思うでしょう。子どももまったく同じです。甘えさせる子育てはお母さんたちの気持ちをうんとラクにしてくれます。

しつけは自我が出てきて自分を主張し出す四歳頃からでも間に合います。一~三歳のうちに叱ってしつける親御さんもよく見かけますが、赤ちゃんの頃から叱るなんていいことはひとつもありません。それよりも何よりも、叱るしつけはあなた自身の気持ちもつらいはずです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

不満が爆発してしまう前に

子どもが小さいときも、洗濯物の山の前で「なんで毎日毎日こんなに汚してくるのかしらーどうして私ばかりがこんなことをしなきゃならないの!」と不満が爆発しそうになることがしょっちゅう。そのときも「でも、もし …

no image

イタズラできない子どもになるのはよくない

子どもの心よりも物の方を大切にしている家族がいると、どうしてもいたずらに圧力を加えることになります。そのような家族としては、お年寄りを第一にあげることができます。年を取ってくると、きちんと整った部屋で …

no image

上の子を怒ってばかりいないで特別な思いをさせましょう

上の子が下の子をいじめたり、いじわるや乱暴をするようになったら、下の子はほうっておいてでも、しばらく上の子に特別な思いをさせましょう。子どもが「弟と私とどっちが好き?」と聞いてきたら、「〇ちゃんはママ …

no image

愛情不足の子の飢餓の連鎖から解き放ってあげよう

嫉妬とは自分にないものをもっている相手へのねたみの感情です。親子関係が寂しいまま育ってきた人は、子どもをかわいがりたくても、心のどこかに「私はしてもらえてこなかったのに」という思いをもってしまい、心の …

no image

子供が膝に乗るのは情緒の不安を解消する場であるから

幼時期後半(三〜五歳)もひざにのることは残ります。幼稚園から帰ってきたときに、ちょっとひざにのせてあげるだけで、幼稚園でのつらい経験とか緊張感を、自分で解消できるのです。その意味で、お母さんのひざは、 …