スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

甘えられてダメな人間なっていく子はひとりもいません

投稿日:

「甘えられる」は、自己肯定感、自己信頼感などの自己愛の大本を満たしてもらうこと。そんな大きなパワーを大好きな人からもらえたら、子どもにとってこれほどの喜びと幸せはありません。ですからお母さんはいつもニコニコと笑顔を大事にして、三つの「間」をいいものにしてあげてください。

徹底的に無条件・無資格で愛情を注いでくれて、気持ちをすべてすーっと受け止めてくれ、何があっても自分の味方でいてくれる。そのような存在がすぐに身近にいてくれれば、子どもは何の心配もなく生きていくことができます。

甘えられてダメになっていく子はひとりとしていません。むしろ怖いものなしで自分を完全に開放し、何事にも完全燃焼できて、自然体で堂々といることができるようになります。気持ちを的確に伝えることができるうえ、気持ちの中に不安や寂しさといった心を曇らせるマイナスの感情がなく、いつもすっきりクリアになっていますから、頭もちゃんと働いて思考力が汗えてきます。

自分の存在を無条件に認めてもらうこと

お母さんがいつも目を三角にしてしかめっ面をしていたら、子どもは緊張して甘えることができなくなってしまい、愛情欠乏というエネルギー不足を起こしてしまいます。子どもたちが常に親に求めていることは、心から共感してもらうこと、自分の存在を無条件に認めてもらうことです。

メロメロになるぐらいうんと甘えさせてあげると同時に、うんとほめて子どもを喜ばせ、もっともっと子どもを有頂天にさせてあげましょう。ほめるというのは、言うならば言葉で存分に甘えさせてあげるということでもあります。

好奇心いっぱいに行動し、親が教え込まなくても自分で考え判断し、自分を律していくことのできる「あっばれ!」と思える子になっていくのです。存在そのものを讃美してあげよう。さらに、子どもの生きる力をもっと伸ばしてあげるためには、たっぷりと甘えさせてあげると同時に、ぜひ子どもをほめてあげてください。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子どもの生活の問題

それは、私の方法を始めて三カ月ほどたったころでした、というある専門家。その間の辛抱は大へんなものでした。それと同時に、その子どもの生活全般にわたって、口を出さない、手を貸さないーつまり「まかせる」こと …

no image

自分の信条・信念を持たせるように育てる

大抵の親御さんたちは、後輪を十分に育てないうちから、前輪に力を注いで育てていこうとしてしまいます。とくに後輪の中でより大切なのが「感情」すなわち心を十二分に育てるということなのですが、それをしっかりと …

no image

子育てで怒ってしまう

子供が食べ物をこぼすことは大目に見ましょう。その間に、じょうずに食べる状態が少しずつ現われてきます。それをほめることによって、子どももその技術を伸ばしていくのです。自分で食べようという意欲が現われてか …

no image

子供の知能が低いと思われる場合でも

幼稚園のときにも、先生から、知能の低い子どもではないかと疑われた。しかし、知能テストをしてみますと、ふつうの知能の持ち主であり、友だちとの遊びの中では、けっこう知恵をはたらかせていましたから、よく遊ぶ …

no image

子どもの遊び場が少なくなった今

何とかして、いきいきとした子どもの姿を取り戻したいものです。子どもの遊び場が非常に少なくなった今日、それだけにお母さんとお父さんの努力の必要があります。このような生活全般の改善によって、子どもの睡眠状 …