スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

甘えられてダメな人間なっていく子はひとりもいません

投稿日:

「甘えられる」は、自己肯定感、自己信頼感などの自己愛の大本を満たしてもらうこと。そんな大きなパワーを大好きな人からもらえたら、子どもにとってこれほどの喜びと幸せはありません。ですからお母さんはいつもニコニコと笑顔を大事にして、三つの「間」をいいものにしてあげてください。

徹底的に無条件・無資格で愛情を注いでくれて、気持ちをすべてすーっと受け止めてくれ、何があっても自分の味方でいてくれる。そのような存在がすぐに身近にいてくれれば、子どもは何の心配もなく生きていくことができます。

甘えられてダメになっていく子はひとりとしていません。むしろ怖いものなしで自分を完全に開放し、何事にも完全燃焼できて、自然体で堂々といることができるようになります。気持ちを的確に伝えることができるうえ、気持ちの中に不安や寂しさといった心を曇らせるマイナスの感情がなく、いつもすっきりクリアになっていますから、頭もちゃんと働いて思考力が汗えてきます。

自分の存在を無条件に認めてもらうこと

お母さんがいつも目を三角にしてしかめっ面をしていたら、子どもは緊張して甘えることができなくなってしまい、愛情欠乏というエネルギー不足を起こしてしまいます。子どもたちが常に親に求めていることは、心から共感してもらうこと、自分の存在を無条件に認めてもらうことです。

メロメロになるぐらいうんと甘えさせてあげると同時に、うんとほめて子どもを喜ばせ、もっともっと子どもを有頂天にさせてあげましょう。ほめるというのは、言うならば言葉で存分に甘えさせてあげるということでもあります。

好奇心いっぱいに行動し、親が教え込まなくても自分で考え判断し、自分を律していくことのできる「あっばれ!」と思える子になっていくのです。存在そのものを讃美してあげよう。さらに、子どもの生きる力をもっと伸ばしてあげるためには、たっぷりと甘えさせてあげると同時に、ぜひ子どもをほめてあげてください。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんの声の使い分け

あなたの赤ちゃんは何かほしいと思った時、覚えたばかりの声を上手に使います。「ねえ、聞いてちょうだい!」と言わんばかりに、小さな叫び声を上げることもよくあります。そんな時、返事をしてあげることを忘れない …

no image

赤ちゃんはさまざまな感覚を使って新しい能力を身に付ける

赤ちゃんは、さまざまな感覚を使って、一連の新しい能力を身に付けようとする赤ちゃんもいれば、もっぱら日に見える世界で何か新しい物を探し出そうとする赤ちゃんや、コミュニケーションの能力を試そうとする赤ちゃ …

no image

赤ちゃんの周りの世界が変化していることを認識する能力

赤ちゃんがさまざまな感覚を使って、周りの世界が変化していることを認識する能力。例えば、人の話し声のトーンが変化することや、猫が音も立てずに廊下を通り過ぎること、雲間を動く太陽によって部屋の明るさが変わ …

no image

何でもやってあげる育児の末路

子供を叱る以上に怒るは論外です。怒るは単なるストレスの発散でしかありません。どうしつけるかはお母さんの腕次第ですが、甘えさせることにお母さんの力シ関係しません。子どもをガミガミ怒鳴りつけたり、ネチネチ …

no image

子供の気力や意欲を失わせないために

子供に「塾をさほるなんてどういうこと?勉強が遅れて成績が下がってもいいの?」「髪を金髪に染めるなんて許しません。学校でも禁止されているし、ご近所にもみっともないでしょ!」このように言われ続ければ、子ど …