スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

All New CR-V発表会を持って販売に突入

投稿日:

ホンダは展示場で、2012年型4世代「All New CR-V」発表会を持って販売に突入した。第4世代CR-Vは、以前のモデルと比較して、より多様な便宜仕様を搭載し、機能と安定性を強化した。CR-Vの第一印象は、空気力学的なデザインで、ダイナミックになった感じだ。安全性を強調したフロントデザインは、スマートで原動力を強調した。新車は燃費と走行性能のバランスを合わせた2.4L i-VTEC DOHCエンジンを採用した。

以前のモデルよりも20馬力が増加した最大出力190馬力、最大トルク22.6kg.mの性能に一層強化された走行性能を持った。燃費効率が一段階上昇したことも目立つ。2WDモデル11.9kmと4WDモデル11.3kmという燃費効率を達成した。さらにホンダの独創的な燃費削減システム「ECONモード」を適用して、経済的な運転習慣を維持することができるように助ける。CR-Vは、燃費やオーディオなどの情報を一目で確認することができる5インチカラーLCDモニターと大容量センターコンソールを適用して利便性を強化した。

ワンモーションフォールディングシート

誰でも簡単に操作することができるワンモーションフォールディングシートを適用してSUV特有の空間活用度が高まった。ホンダは「CR-Vは、年齢や性別に関係なく、選んだ層の愛を受けてきたホンダの代表的なベストセラーSUV」と言いながら「4世代CR-Vは、都市とオフロードを選ばない全天候型SUVとして、最近リリースされた様々なホンダの新車と顧客の愛を受ける車になるだろう」と述べた。

「さらに広くなって洗練されたCR- Vの年間販売目標は2000台であり、十分に達成が可能な数値」と自信を見せた。第4世代CR-Vは、顧客のニーズを反映して4WDモデルのトリムを強化した。4WD EX-Lと4WD EXの2つのモデルと価格を下げ2WD LXモデルまでの3つのトリムを選択することができる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

自動車会社の新車戦争

2011年の各自動車会社の「新車戦争」は、国内完成車と輸入車ブランドの両方今年の自動車市場のシェアを高めるために、第4四半期(10〜12月)の新しいモデルを続々とリリースしてもう一回競争を準備していた …

no image

SLS AMGロードスターを発売

メルセデスベンツコリアが、「SLS AMGロードスター」を発売した。新車はソフトトップ方式のスーパーカーでスポーツカーの原動力とオープントップドライビングの楽しさを組み合わせた。フランクフルトモーター …

no image

現代自動車が大型セダンジェネシスの便宜仕様を強化

現代自動車が大型セダンジェネシスの便宜仕様を強化したアップグレードモデルを新たに発売した。 現代車はナビゲーションを標準装備してブルーリンクサービス、レキシコンプレミアムサウンドシステムなど顧客優先の …

no image

トヨタ自動車米国インディアナ州工場で生産されたミニバンシエナ

トヨタ自動車米国インディアナ州工場で生産されたミニバン「シエナ」が、韓国市場に初めて登場した。韓国トヨタは平沢国際自動車埠頭からシエナの入港式を持って、国内市場への進出を宣言した。販売を開始したシエナ …

no image

フランクフルトモーターショーで初めて公開した新型i30

現代車は今年のフランクフルトモーターショーで初めて公開した新型「i30」を韓国国内にもかけてくる予定であった。現代車のヨーロッパデザインセンターでデザインしたi30は、六角形のグリルで現代車のファミリ …