スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんにとっての幸せとは?

投稿日:

大抵の母親は赤ちゃんの反応を「試してみたくなる」ものです。赤ちゃんがどんなことに満足したり、喜んだりするのか見つけたいと思うのです。それについて、母親は規則やきまりを嫌がりますが、適切なアドバイスはよく聞き入れます。赤ちゃんにとって何がよいのか、自分で見つけ出したいと思うわけです。

赤ちゃんが眠っているかわいい姿を見たい、寝息の音を聞きたい、目覚めた時の顔を見たいと思う。愛しいと思った時はいつでも、母親は赤ちゃんを腕に抱いてかわいがってあげたいのです。赤ちゃんが喜ぶものや満足するものを見つけた時、本当に幸せを感じる。それは赤ちゃんのことがよく分かったことになるからです。このようにしながら、母親は少しずっ子育てに自信を深めていき、赤ちゃんを連れて産科院をあとにした時から、自分の力でさまざまな困難を切り抜けることができるようになるのです。

生後四週日の終わりから五週日(約一カ月)にかけて、あなたは赤ちゃんの急速な成長に立ち会うことになります。この頃になると、あなたも赤ちゃんの仕草や行動を読み取れるようになり、互いによく分かり合っているでしょう。しかし、赤ちゃんの世界は、大人にとって想像することが難しい世界のようです。

最初の飛躍的な成長に立ち向かう準備を始める

あと、抱き帯の作り方を紹介します。丈夫な布地を使います。あなたが右ききなら左肩の上から、左ききなら右肩の上から布を掛け、反対側の腰のあたりで両端を結びます。それから、帯を回転させ、結び目を肩の方にもってきます。帯の長さは各自、調整して下さい。さあ、これで赤ちゃんの抱き帯の出来上がりです。

まだ、これといってはっきりした特徴もなく、ある面では母親のお腹にいた時の生活とあまり変わりはありません。この時期には、新生児を取り巻いていた霧もようやく晴れ、赤ちゃんはここ何週かの間に受けとめた新たな世界の印象を読み解き、最初の飛躍的な成長に立ち向かう準備を始めます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

あんたなんか産むんじゃなかった

小さい頃から「こうしなきゃダメ」「ああしないとダメ」と、ダメダメばかり言われてきた子は、「自分はダメな子なんだ」と思うようになっていきます。「なんであなたはできないの?」「早くしなさい、のろまな子ね」 …

no image

子どもの自発性の発達の遅れ

自発性の発達のおくれは、おとなしくて、親のいうことをよくきいてきた子どもの場合です。いたずらをしたり、暴れたり、けんかをしたりすることは「悪い子」のすることだーという価値観が植えつけられていますから、 …

no image

子供と真剣に向き合うとともに一所懸命に考えれば直感力がつく

お母さんの直感こそが、愛情ある子育ての最高の教科書となります。子どもと真剣に向き合い、「今この子にとって何が一番必要なのだろう」と一所懸命に考えれば直感力も出てきます。そのためには子どもの姿をよく目を …

no image

自分は幸せだと思う世界に入ったほうが絶対に幸せになる

外から見たら幸せな世界に生きているように見えるのに、自分ほど不幸な人はいないと思って生きる生き方と、不幸の中でも自分は幸せだと思って生きる生き方、どのように生きるかは一つにひとつです。どちらが本当に幸 …

no image

一年生ママにとってつらい時期

「ミルクが足りないのかしら?どこか体の具合が悪いの?私が何かまちがったことをしたのかしら?おむつが濡れているのかな?抱いてあげると泣き止むところをみると、抱き癖がついたのかしら?」誰しもこのような疑問 …