スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの自立心が高まってきたら

投稿日:

赤ちゃんが扱いにくい危険な時期、はその始まりと同様に、いきなり終わりを迎えます。この時期になると、多くの母親はホッと一息ついて、子供をもった喜びに浸ることができるのです。子育ての緊張から、しばし解き放たれるわけです。赤ちゃんは以前より自立心が高まっていて、身に付いたばかりの能力を試してみようと懸命になります。

母と子の間に相互の順応問題が生じることがある。赤ちゃんが求めているものと、母親が赤ちゃんにとって良かれと思うものとが食い違っていることも、よくある。そのために、互いの心に怒りや恨みが残ったりもします。そんな時、赤ちゃんが新しく身に付けた能力で何をしたがっているのかをよく見極めて下さい。

・自分一人で遊びたくなるくくなる
・ママといっしょに遊んで新しいことを学習したくなる
・不安になってママにしがみつきたくなる

この時期には、赤ちゃんも上機嫌で楽しそうです。しかし、残念なことに、赤ちゃんが落ち着きをみせるこの時期は長続きせず、嵐の前の静けさにすぎません。非情にも、自然の女神は赤ちゃんに長い休息を与えてはくれないのです。

赤ちゃんを自由に遊ばせ

ビジネス中心の厳しい競争社会であるアメリカでは、「愛する子供と過ごす充実した時間」をもつことが一般的になっています。多忙な日常生活の中で、子供たちといっれに過こす特別な時間を設けるわけです。しかし、赤ちんといっれに遊ぶ時間を予め決めておくことはできないでしょう。

赤ちゃんを自由に遊ばせ、何をしている時が好きなのか、どんな物に興味があるのが、よく観察すれば、あなたは毎週何かが変化していることに気が付くでしょう。大きな変化、が訪れる時、赤ちゃんは次のような経過をたどることになります。

そのために、赤ちゃんといっしょに遊ぶ時期を予定することは不自然なことなのです。もし、あなたが赤ちゃんの関心を引いていっしょに遊びたいのなら、鉄は熱いうちに打たねばなりません。つまり、赤ちゃんが喜んで遊んでくれる時期を選ばなければならないのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

生後12週目の赤ちゃんの振る舞い

生後一二週目から一三週目にかけて、赤ちゃんは比較的落ち着いた時期を新たに迎えます。赤ちゃんを抱いて散歩に出たり、胸に抱いて座らせている時に、ふつうの人と同じような振る舞いを見せてくれます。見たい聞きた …

no image

子どもへの思いやりによって育てることができているか

一~三歳の子どものように、ひざにのせることが簡単にできる年齢のうちに、身体接触を実現する必要があることを、強調しなければなりません。ところが、その年齢の子どもに対しても、身体接触を子どもから要求される …

no image

動物の死を理解させるのも子供への教育

空腹の動物を見ていられないーその「思いやり」の気持はよくわかります。動物にはかわいそうですが、子どもに「思いやり」の心を育てるには、一時は、心を鬼にすることが大切になるのです。動物がどんなにかわいそう …

no image

甘えられない子どもに育ててはいけない

幼少の時期にお母さんに「甘える」ことをしない子どもは、危険な子どもです。独立心のあるしっかり者のように見えますが、「甘える」ことのできない子どもは、心の奥に深い洪しさをかかえている子どもです。そのまま …

no image

子どもの食欲やからだの発育発達の「個性」を大切にすること

子どもの食欲やからだの発育の「個性」を大切にすることが必要です。子どものからだの発育の「個性」は、大きい子もあり小さい子もあり、太っている子もありやせている子もあり、さまざまな発育となって現われます。 …