スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの要求が多くよく泣く場合

投稿日:

いっしょに遊んでやると、赤ちゃんはぎこちない動きでついてきます。ある姿勢をとると、赤ちゃんは少しの間、その姿勢を維持しようとするでしょう。たとえ、その動きがゼンマイ仕掛けの人形のようでも、赤ちゃんは同じ姿勢をとることが好きなのです。あなたがそんな遊びを途中でやめようとすると、赤ちゃんは腹を立てて泣き出すこともあるでしょう。

赤ちゃんは腕を支えてもらって、寝ている姿勢から座ったり、座った姿勢から立ち上がったりする遊びが大好きです。力の強い赤ちゃんであれば、自分からこの遊びに参加してきます。この遊びは赤ちゃんに、さまざまな姿勢をとればどのように感じるのか、どうすればその姿勢が保てるのか、といったことを教えてくれます。

要求の多い赤ちゃんは才能に恵まれていることが多い。新しい遊びや活動をすぐに覚えてしまう赤ちゃんは、いつも同じことを繰り返すと退屈します。そんな赤ちゃんは新しい挑戦に立ち向かい、いつも何か行動しています。ですから、遊びは少しずつ複雑になり、変化がなければいけません。

熱心に新しい世界を冒険

熱心に新しい世界を冒険し、興味ある物を見つけ出していく赤ちゃんも、母親の世話や手助けが必要なのです。赤ちゃんの知識欲はとめどなく旺盛ですが、冒険の旅ではそれがほんのわずかしか使われません。というのは、赤ちゃんは身に付いた能力を新しい世界で試してみるわけですが、すぐに退屈してまた別の冒険へと移っていくからです。

赤ちゃんは生後一年の間、何かと要求が多く、満足しないことがこれまで広く確かめられています。このような赤ちゃんは未知の面白い活動ができる時にだけ、満足するのです。知識の広がりと新しい世界が、赤ちゃんにさまざまな能力を身に付ける可能性を約束してくれます。じっとしていない活発な、赤ちゃんをもった母親は、何をしてあげればよいのか分からなくなり、とても疲れるかもしれません。逆に赤ちゃんの方は、常に新しい冒険ができなければ大声で泣き出すのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

あるがまま自分の子育てをさらけ出してしまいましょう

失敗していると思われたくないからがんばって見栄を張り続けていたら、お母さんの気持ちも休まらなくなっていきます。そんなふうにして自分を苦しくしてしまっている方がいたら、もっと正直に、あるがまま自分の子育 …

no image

赤ちゃんの周りの世界が変化していることを認識する能力

赤ちゃんがさまざまな感覚を使って、周りの世界が変化していることを認識する能力。例えば、人の話し声のトーンが変化することや、猫が音も立てずに廊下を通り過ぎること、雲間を動く太陽によって部屋の明るさが変わ …

no image

愛情不足の子の飢餓の連鎖から解き放ってあげよう

嫉妬とは自分にないものをもっている相手へのねたみの感情です。親子関係が寂しいまま育ってきた人は、子どもをかわいがりたくても、心のどこかに「私はしてもらえてこなかったのに」という思いをもってしまい、心の …

no image

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所が増える

ネガティブな部分をポジティブに変換していくと長所ばかりの人になっていきます。自分は欠点ばかり。そんな自分が嫌い。だから自分にも自信がもてないし、子育てにも自信がもてない。そのようなネガティブの環からは …

no image

女の子の扱い方が粗末にならないよう気をつける

男尊女卑の意識の強い父親に対して反感を持ち、思春期以後になって、口をきかなくなった女の子もいます。きょうだいを比較することは、絶対にやめるべきです。親としては、激励する意味で、「お姉ちゃんは成績がよい …