スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの要求が多くよく泣く場合

投稿日:

いっしょに遊んでやると、赤ちゃんはぎこちない動きでついてきます。ある姿勢をとると、赤ちゃんは少しの間、その姿勢を維持しようとするでしょう。たとえ、その動きがゼンマイ仕掛けの人形のようでも、赤ちゃんは同じ姿勢をとることが好きなのです。あなたがそんな遊びを途中でやめようとすると、赤ちゃんは腹を立てて泣き出すこともあるでしょう。

赤ちゃんは腕を支えてもらって、寝ている姿勢から座ったり、座った姿勢から立ち上がったりする遊びが大好きです。力の強い赤ちゃんであれば、自分からこの遊びに参加してきます。この遊びは赤ちゃんに、さまざまな姿勢をとればどのように感じるのか、どうすればその姿勢が保てるのか、といったことを教えてくれます。

要求の多い赤ちゃんは才能に恵まれていることが多い。新しい遊びや活動をすぐに覚えてしまう赤ちゃんは、いつも同じことを繰り返すと退屈します。そんな赤ちゃんは新しい挑戦に立ち向かい、いつも何か行動しています。ですから、遊びは少しずつ複雑になり、変化がなければいけません。

熱心に新しい世界を冒険

熱心に新しい世界を冒険し、興味ある物を見つけ出していく赤ちゃんも、母親の世話や手助けが必要なのです。赤ちゃんの知識欲はとめどなく旺盛ですが、冒険の旅ではそれがほんのわずかしか使われません。というのは、赤ちゃんは身に付いた能力を新しい世界で試してみるわけですが、すぐに退屈してまた別の冒険へと移っていくからです。

赤ちゃんは生後一年の間、何かと要求が多く、満足しないことがこれまで広く確かめられています。このような赤ちゃんは未知の面白い活動ができる時にだけ、満足するのです。知識の広がりと新しい世界が、赤ちゃんにさまざまな能力を身に付ける可能性を約束してくれます。じっとしていない活発な、赤ちゃんをもった母親は、何をしてあげればよいのか分からなくなり、とても疲れるかもしれません。逆に赤ちゃんの方は、常に新しい冒険ができなければ大声で泣き出すのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか

あなたの子供の知能にどんな変化が起きたのか、それらの能力をどのようにして身に付けたのか、これまで考えたことがあるでしょうか?私たちは子供の認識能力がその成長とともに改善され、変化していくことを知ってい …

no image

情操教育で「思いやり」を考える

私は、情操の中心に「思いやり」をおいて考えています。「思いやり」とは、相手の立場に 立って考え、相手の気持に共感する心といえましょう。これを「受容」の能力と呼んでいる人 もあります。そうなると、お母さ …

no image

イタズラできない子どもになるのはよくない

子どもの心よりも物の方を大切にしている家族がいると、どうしてもいたずらに圧力を加えることになります。そのような家族としては、お年寄りを第一にあげることができます。年を取ってくると、きちんと整った部屋で …

no image

母親は子育てのつらい現実を誰にも打ち明けることができない

お母さんが身も心も不安定な時期に、頼みもしないアドバイスを受けると、ますます心が焦り、攻撃的な気分になって、夫にそのはけ口を求めようとします。ときには、神経質になっている赤ちゃんが、そんな母親の精神的 …

no image

心の成長のための栄養源は甘えること

「甘えられる」は子どもの生きる力を生む源、心の成長のための栄養源です。大好きな人に身も心もゆだねて甘えられたらこんなにうれしいことはないでしょう。自分の気持ちに釘を刺されず、相手から心のシャッタ「を下 …