スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの強い欲求

投稿日:

赤ちゃんは一体何が起きているのか、あなたに尋ねることさえできない。しかし、赤ちゃんにはそのような能力が何一つないわけではありません。ママの胸に抱かれていれば、ときには乳首をまさぐることもできるでしょう。とりわけ強い欲求を示すこの時期には、そのように母乳や哺乳びんを与え、赤ちゃんの生理的な欲求を満たしてやることが、赤ちゃんに安心感を取り戻してやる唯一の方法となるのです。

大声で泣き叫んで家族全員を苛立たせ、その眠りを妨げることもできるのです。少し運がよければ、赤ちゃんの泣き叫ぶ声を聞きつけ、ママがやって来て赤ちゃんを抱き上げ、しっかり胸に抱き締め、あやしてくれるかもしれません。さらに運がよければ、お乳を飲ませてくれることもあるでしょう。

それから、これまでも赤ちゃんの機嫌が悪い時にそうしてきたように、赤ちゃんを抱いてあやしてあげようとします。しかし、状況はそんな単純なものではなさそうです。やがて母親は、赤ちゃんを泣き止ませるための特効薬がどこにもないことに気が付くのです。大抵の母親は、これまで見たことのない赤ちゃんの異常な行動を突然、日の当たりにして恐怖感を覚えます。これは母親にとって、大きな不安を誘う、実に不倫快な体験となるのです。

そんな危機的状況から抜け出すために

どんな母親でも、そんな危機的状況から抜け出すために、赤ちゃんの悩みや苦しみの原因がどこにあるのか見つけ出そうとします。まず、誰もが思いつくのは、お腹がすいているのか、どこか体の具合が悪いのか、衣服が身に合っていないのか、おむつが濡れているのか、それとも汚れているのか、などです。

また、赤ちゃんがいつも胸をまさぐるために、お乳が足りずお腹をすかしているのではないかと心配する母親もいます。母親は、泣きわめく赤ちゃんがどこか体の具合でも悪いのではないか、と心配になることもよくあります。どこかに異常があるのか、これまで見過ごしてきた障害があるのかなどと考えるわけです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

成功するために失敗を体験させることも大事

もし、子どもがそば屋さんのまねをしていて食器を落としてこわしてしまったとしたら、どのように扱ったらよいでしょうか。そのような冒険心の現われに喜びを感じている両親であれば、そば屋さんの持ち方ができるよう …

no image

幼児などでも自分のことは自分でするようにさせる

お母さんは一家のマネージャーとしての権限を持ってほしいと願っています。家事や育児・教育について計画や立案をする人です。その計画や立案に従って、家族が協力すること、とくに子どもたちがお母さんに協力して家 …

no image

あんたなんか産むんじゃなかった

小さい頃から「こうしなきゃダメ」「ああしないとダメ」と、ダメダメばかり言われてきた子は、「自分はダメな子なんだ」と思うようになっていきます。「なんであなたはできないの?」「早くしなさい、のろまな子ね」 …

no image

自分の信条・信念を持たせるように育てる

大抵の親御さんたちは、後輪を十分に育てないうちから、前輪に力を注いで育てていこうとしてしまいます。とくに後輪の中でより大切なのが「感情」すなわち心を十二分に育てるということなのですが、それをしっかりと …

no image

親は偉いと思い込むことは危険

多くの両親は微慢です。「お母さんだってやってるくせに」などといわれると、頭にきてしまいます。そして、「人のことをっベこベいうな?」と大声をあげるばかりでなく、手を振り上げるかも知れません。真実に対して …