スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの強い欲求

投稿日:

赤ちゃんは一体何が起きているのか、あなたに尋ねることさえできない。しかし、赤ちゃんにはそのような能力が何一つないわけではありません。ママの胸に抱かれていれば、ときには乳首をまさぐることもできるでしょう。とりわけ強い欲求を示すこの時期には、そのように母乳や哺乳びんを与え、赤ちゃんの生理的な欲求を満たしてやることが、赤ちゃんに安心感を取り戻してやる唯一の方法となるのです。

大声で泣き叫んで家族全員を苛立たせ、その眠りを妨げることもできるのです。少し運がよければ、赤ちゃんの泣き叫ぶ声を聞きつけ、ママがやって来て赤ちゃんを抱き上げ、しっかり胸に抱き締め、あやしてくれるかもしれません。さらに運がよければ、お乳を飲ませてくれることもあるでしょう。

それから、これまでも赤ちゃんの機嫌が悪い時にそうしてきたように、赤ちゃんを抱いてあやしてあげようとします。しかし、状況はそんな単純なものではなさそうです。やがて母親は、赤ちゃんを泣き止ませるための特効薬がどこにもないことに気が付くのです。大抵の母親は、これまで見たことのない赤ちゃんの異常な行動を突然、日の当たりにして恐怖感を覚えます。これは母親にとって、大きな不安を誘う、実に不倫快な体験となるのです。

そんな危機的状況から抜け出すために

どんな母親でも、そんな危機的状況から抜け出すために、赤ちゃんの悩みや苦しみの原因がどこにあるのか見つけ出そうとします。まず、誰もが思いつくのは、お腹がすいているのか、どこか体の具合が悪いのか、衣服が身に合っていないのか、おむつが濡れているのか、それとも汚れているのか、などです。

また、赤ちゃんがいつも胸をまさぐるために、お乳が足りずお腹をすかしているのではないかと心配する母親もいます。母親は、泣きわめく赤ちゃんがどこか体の具合でも悪いのではないか、と心配になることもよくあります。どこかに異常があるのか、これまで見過ごしてきた障害があるのかなどと考えるわけです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

倹約生活で子供の心が養われる

ドイツでは、アパートの階段の電気はボタンを押す方式になっており、三分たったら自動的に消える装置になっている。わが国の家庭では、いかに電気のつけっ放しなどによって、むだに消費していることか。 夕食は、「 …

no image

子供の怪我をいつまでも怖いとばかり言っていてはダメ

活動的な子どもは、それだけけがを多くします。いろいろなけがの体験は、それに対しての注意力を養うのには大切なことで、それによって、大きなけがを防ぐことができるのです。小さなけがをしたことから、だんだんに …

no image

知識を詰め込むことだけを考えて育児をしてはいけない

いい生活をさせるためにはいい学校に入れなくてはいけない、それにはから何でも自分できちんとできて、考えて動けるような子にしなくては、というようなタイプの親御さんはとても多い。子育ては人の命令で動くロボッ …

no image

親を憎むようになった子供の姿

「お腹空いた!お腹空いた!」という叫びをわかってもらえない。お腹を減らしている子に叱るしつけをすれば、ますます子どもは空腹を募らせていきます。心のエネルギーが補充されるどころか、叱られるというつらい状 …

no image

子供の自立心を育てること

合宿の中で生活の条件が変ったので、すっかり条件づけがくずれてしまった。一方、合宿中、顔を洗ったり、歯を磨いたり、着替えをすることにはきちっとしている子どもであるのに、遊びとなると全く傍観している子ども …