スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんは運動させると発達していく

投稿日:

赤ちゃんの時期に、運動がじゅうぶんにできる環境が子どもに与えられたかどうかが、その後の子どもの運動機能の発達に、大きな影響を持ってきます。その点で、狭い住宅の中では、なかなか思うにまかせません。そのようなときには、歩いたり転んだりすることのできる場所を見つけて、運動をさかんにする必要があります。

赤ん坊の時期に十分な運動を子どもは、本来、からだを動かしての活動が好きな存在です。はいはいなどからだの移動が始まりますと、さかんにからだを動かします。目がさめている限り、「いたずら」を含めて、からだを動かして活動しているという状態です。とくに歩行を開始しますと、歩いては転び、転んではまた立ち上がって歩くーということの毎日になります。

大人でも、歩く機会が少ないと足が弱くなるように、子どもの足の力の発達はおくれてしまいます。二本足で立ち、そして歩くーというのは、人間の本質にかかわる力です。このようにして立って歩くという力がついたからこそ、手の働きもすばらしく発達し、今日の文明を生み出したともいえましょう。

住宅スペースに余裕があっても

住宅スペースに余裕があっても、子どもにいたずらをされたりかき回されるのがいやで、ベビーサークルの中に閉じ込めることが多かったり、おんぶや抱っこが多かったりすると、どうしても歩いたり転んだりする機会が少なくなってしまいます。

赤ん坊がはいはいを始めるころから、室内用の滑り台は、非常に効果があります。はいはいで滑る面をよじのぼっていくことを始めるでしょう。その際に、靴下をはかせないことが大切です。足の裏の湿りを利用して、足をふん張りながらのぼっていきますから、足の力をつけるのに役立つわけです。

ときには片手を離して芸当をしてみせたりもするでしょう。このような活動は、どうしても危険を伴うので、とめてしまいたくなるものですが、とめてしまっては運動機能の伸びはおくれてしまいます。そばに寄り添って、万一の危険に備え、目を離さないようにすることは必要ですが、口を出したり手を貸すことは禁物です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

叱られるのがうれしい子供はいない

悩みを口にするお母さんたちには共通している部分があります。ずっと「これをしなさい」「あれをしちゃダメ」と、子どもを管理する。それも早くから「叱るしつけ」をされてきた方が多いのです。聞き分けのない子にな …

no image

子供の嘘に対する対処方法

ウソをつくのはよくないことですが、子どもがウソをついたときは「なんでウソなんかつくの!」「どうしていつもウソばかり言うの!」と責めないで、いったんだまされてあげましょう。明らかにウソをついているとわか …

no image

子供の探検心が強くなったら

探検心が強くなりますと、友だちといっしょに、遠出をしたくなるものです。かなりの道のりを歩いて、探検してくることがあります。その際、時計を持っていないものですから、時間の配慮ができず、夜おそくなってから …

no image

母の顔色ばかりを伺う子供

Kくんという小さな男の子がいます。厳しい叱りつけは生活全般におよび、Kくんが何かちょっとミスをしこしたり、言われたようにすぐに片づけをしなかったりすると、容赦なく叱責していた。おもらしやおねしょはしょ …

no image

いい子すぎる子の評価

誤って「よい子」と評価されたことによる犠牲者。そのような誤った「よい子」の評価は、大人のいうことをよくきく子、おとなしい子、きちっとしている子、まじめな子に向けられています。それが、自発性の発達を抑圧 …