スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの色々な動き

投稿日:

・赤ちゃんの動き

あなたの手指につかまって、寝ている姿勢から座ろうとする。胸に抱いていると、立ち上がろうとしてあなたの手(指)を握ってくる。幼児用のイスやベビーサークルで座らせると、多前に歩こう、として両足を動かす。動いている物を目で追いかける時、少しずつ視線を移動できる。赤ちゃんがいつも元気で生命力にあふれている。おもつを替える時、面白がってかわいいお尻を持ち上げる。指をお腹の上におくと、自分でお腹をふくらませたり、ヘこませたりする。足の指を口に入れたり、足を揺り動かしたりする。あなたの体にもたれて、まっすく座ることができる。

観察したり、見たり、聞いたり、物をつかんだりする以外に、自分の思いをはっきり表現するために、声を出して話しかけ、あなたの応答を待っている。それそれ人によって異なる態度を見せる。見たり、聞いたり、食べたりする時、明らかに退屈している態度を見せる。また、同じことを何回も試してみようとする。何か変化があることに、急に興味を示し始める。

視力および観察力

裏表の両面を見るために、手の平を返す。自分の動く足に興味を示して観察する。他の人の顔や目、ロ、髪などを観察する。他の人の衣服を観察する。

・聴力と言語能力(おしゃべり)

話しかける、ために、そのような声を出す。何か楽しいことがあると笑い声をたてる。大きな音から小さな音まで、甲高い音から低い音まで、さまざまな声を出して楽しむ。イー、オー、エー、アー、エイーなど、母音に似た話し声を出すようになる。

・手のコントロール

あなたの衣服に興味を示し、触ったりして遊ぼうとする。何でも口に入れようとする。自分の首や顔を撫でたり、目を触ろうとする。オモチャを自分の頭や難の上に持っていこうとする両手で物をつかんだり、握ったりする。ガラガラを二回ほど手で握って揺り動かす。自分の手をさまざまに動かして遊ぶ。あなたの顔や目、口、髪などに触ってみようとする。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。 異常 …

no image

口答えをするなと怒ってしまう

言語的思考というのは、自分の考え方を言葉で表現する力です。この点を考えるならば、そして、発達について勉強してさえいれば、口答えが現われることを喜んでよいはずです。しかし、子どもの発達について勉強の足り …

no image

思いやりのない親の人たち

「思いやる」ことのできないお母さんは、「もう大きいんでしょ」といいながら、子どもをひざからおろしてしまうでしょう。中には、子どものことを考える暇もなく、「重いね」とか「暑いね」といって、うるさそうに追 …

no image

母の愛情が不足していると子供はわがままになってしまう

ただ単に事柄だけをやってもらっても、お母さんから愛されている実感をもつことはできません。「自分のことが大好きだからやってくれている」という思いがもてなければ心は満たされることなく、お母さんの愛情を確認 …

no image

親とこれまでの自分をさかのぼって書き出す

親と自分のこれまでを書き出してみましょう自分の親との関係を整理していく方法のひとつとして、小さい頃から親に何をしてもらい、それに対して自分は何ができたかを順を追って書き出してみるのもよいと思います。 …