スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの体温調節をしなければなりません

投稿日:

パパやママは赤ちゃんの体温を調節しなければなりません。ですから、雪の降る日や冷え込む日に、長時間赤ちゃんを撃に連れ出すことは愚かなことなのです。いくら赤ちゃんの体を毛布で包んでも、体がひどく冷え切って、低体温症の徴候さえ見せるかもしれません。もし、赤ちゃんが寒さの中で不快を感じているようなら、すぐに家の中に入って体を隠めてあげて下さいあなたの赤ちゃんは体を触られるのが大好きです。

赤ちゃんは寒さも感じ取ります。しかし、寒い所に置いておくと、赤ちゃんは自分で体温を上げることができません。というのは、まだこの月齢では体温を適正に保つために、寒さで体を震わせることができないからです。

どんなスキンシップにせよ、赤ちゃんにとっては楽しいものであり、大きな喜びとなるのです。また、スキンシップを通して、赤ちゃんの眠りを誘ったり、逆に目覚めさせたりする方法を知っておくことも大切です。というのは、後で気難しく扱いにくい、時期が訪れた時、大いにそれが役に立つからです。

新生児は感覚神経から脳に送られる信号を読み取れない

この世界と赤ちゃんの体は「一体化」したものです。一般に、赤ちゃんは強くても弱くても、肉体的な接触が好きなのです。赤ちゃんがどんなスキンシップが好きなのか見つけ出して下さい。十分暖めた部屋で、体をゆっくりマッサージしてあげることも赤ちゃんに喜ばれるでしょう。

私たちは花の香りを感じると、それが漂ってくる花を目で見て、その柔らかい花びらに触ったり、花に寄ってくるミツバチの羽音を聞いたりします。また、花の蜜を味わってみて、それがミツバチによって作られたことを知ります。

大人とは違って、新生児は感覚神経から脳に送られる信号を読み取ることはできません。これは、それぞれの感覚を分類することができないということです。つまり、新生児は私たち大人とはかなり異なる、独自の方法でこの世界を認識しているのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供は叱れば叱るほど反抗してしまうもの

多くは心のご馳走が足りず、十分に満足していないことが多いものです。愛されていないのではないかという不安、愛され足りていないことへの不満、寂しさ、それから怒りといったものが子どもの心の中に巣食っている場 …

no image

新生児が微笑みを見せてくれたら

世界のどの国でも、新生児は生後六週日までに、初めて微笑みを見せてくれます。子宮内にいる胎児のにっこり微笑んでいる写真さえ残されているほどですが、まだ小さな赤ちゃんの微笑みを見ることは母親にとって貴重な …

no image

他人の赤ちゃんを抱っこしてみて下さい

どの赤ちゃんもその姿形が違うように、性質や特徴もそれぞれ異なっています。もし母親が許してくれるなら、他人の赤ちゃんを腕に抱き上げてみて下さい。どこか違う感覚を味わうはずです。そして、赤ちゃんがあなたの …

no image

心の成長のための栄養源は甘えること

「甘えられる」は子どもの生きる力を生む源、心の成長のための栄養源です。大好きな人に身も心もゆだねて甘えられたらこんなにうれしいことはないでしょう。自分の気持ちに釘を刺されず、相手から心のシャッタ「を下 …

no image

もし「私」がこの世に生まれていなければ

もし「私」がこの世に生まれていなければ、目の前のわが子も存在していなかったのです。もちろんこの世に生まれなければ、子育てで大変な思いをすることも、日々の中で苦労することも、いろいろ嫌な思いをすることも …