スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの好き嫌いを知っておこう

投稿日:

自分が考えていた出産後の幸せな気分が味わえないために、病院側に恨みを抱く母親もいます。当然、受けるべき晴れ晴れとした気分を味わうどころか、苦悩に苛まれるわけです。できるだけ赤ちゃんをあなたの腕に抱いてかわいがってあげましょう。

誰の子供でもないあなた自身の子供なのですから。病院の規則があったり、付き添いの人がいるために赤ちゃんにスキンシップを与えてやれない場合、母親は出産後の貴重な時期に、もっと赤ちゃんといっしょにいてやればよかったと、後悔することになるのです。

あなたは九ヵ月余り、昼も夜も赤ちゃんをお腹に抱えていっしょに過ごしてきたわですから、すでに赤ちゃんについて何がしかのことは知っているでしょう。でも、赤ちゃんがこの世に生まれてくると、すべてがすっかり変わってしまいます。

母と子の出会いの大切さを知っている

赤ちゃんが不機嫌な時、抱いてあやしたり、愛撫したり、マッサージすると、逆効果になり、さらに大声で泣き声を上げることになるでしょう。機嫌のいい時は、抱いてあやしてあげること、愛撫してあげること、そしてマッサージしてあげること。それは、赤ちゃんがどんなことが好きで何をすれば安心の機会となります。赤ちゃんが泣きわめいて手に負えないんの心を静めるために、あなたはそこで見つけた方法をうまく活用するとができるのです。

直感的にこのような母と子の出会いの大切さを知っている母親もいます。いわゆる母性本能で赤ちゃんの命の息吹を感じ取るわけです。ただ赤ちゃんを眺めているだけで喜びに満ちあふれ、新たな環境の中で赤ちゃんが必死に生きようとする姿を見たり、声を聞いたり、匂ったり、その反応を感じたりしたいと思うのです。

あなたは今、全く新しいを、初めてその目で観たことになるのです。まだ日の浅い赤ちゃんをじっくり眺めたり、その声を聞いたり、観いをかいだり、触ってみたりすることは、母と子の関係にとても大きなインパクトを与えるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

お父さんと子供の遊びの時間

初めは駄じゃれでもよく、皆が楽しい気分になればよいの。努力をしているうちに、ユーモアのセンスが育ってくるものです。話題が楽しいと、食卓も明るくなります。子どもたちもそれに応じて、学校や友だちの家で体験 …

no image

赤ちゃんが母親の声などに興味を示すようになると

一般に、新生児はエンジンがブルブル鳴る音やドアがギシギシきしむ音、鳥のさえずり、木の葉がサラサラ鳴ったり、笛がピューと鳴る音など、さまざまな種類の音にとても興味をもっています。また、人間の声にも大きな …

no image

子どもの自発性の発達の遅れ

自発性の発達のおくれは、おとなしくて、親のいうことをよくきいてきた子どもの場合です。いたずらをしたり、暴れたり、けんかをしたりすることは「悪い子」のすることだーという価値観が植えつけられていますから、 …

no image

パパとママが仲良しじゃないと

お母さんが父親であるご主人への不満をもっている家の子どもたちは、態度は一見普通でもどこかに陰を帯びています。どんなに小さい子でも、目には哀秋が浮かび、視線も下向きがちで、子どもらしいキラキラとしたエネ …

no image

三歳以降のしつけで叩くよりも生きてくるのが言葉の力

三歳を過ぎると、歯磨きができる、ひとりでお着替えができる、挨拶や「ありがとう」「ごめんなさい」が言えるなど、生活習慣や礼儀についても身につけさせていきたい時期です。これは裏返すと、お母さんの「ダメ」「 …