子育て

赤ちゃんの好き嫌いを知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が考えていた出産後の幸せな気分が味わえないために、病院側に恨みを抱く母親もいます。当然、受けるべき晴れ晴れとした気分を味わうどころか、苦悩に苛まれるわけです。できるだけ赤ちゃんをあなたの腕に抱いてかわいがってあげましょう。

誰の子供でもないあなた自身の子供なのですから。病院の規則があったり、付き添いの人がいるために赤ちゃんにスキンシップを与えてやれない場合、母親は出産後の貴重な時期に、もっと赤ちゃんといっしょにいてやればよかったと、後悔することになるのです。

あなたは九ヵ月余り、昼も夜も赤ちゃんをお腹に抱えていっしょに過ごしてきたわですから、すでに赤ちゃんについて何がしかのことは知っているでしょう。でも、赤ちゃんがこの世に生まれてくると、すべてがすっかり変わってしまいます。

母と子の出会いの大切さを知っている

赤ちゃんが不機嫌な時、抱いてあやしたり、愛撫したり、マッサージすると、逆効果になり、さらに大声で泣き声を上げることになるでしょう。機嫌のいい時は、抱いてあやしてあげること、愛撫してあげること、そしてマッサージしてあげること。それは、赤ちゃんがどんなことが好きで何をすれば安心の機会となります。赤ちゃんが泣きわめいて手に負えないんの心を静めるために、あなたはそこで見つけた方法をうまく活用するとができるのです。

直感的にこのような母と子の出会いの大切さを知っている母親もいます。いわゆる母性本能で赤ちゃんの命の息吹を感じ取るわけです。ただ赤ちゃんを眺めているだけで喜びに満ちあふれ、新たな環境の中で赤ちゃんが必死に生きようとする姿を見たり、声を聞いたり、匂ったり、その反応を感じたりしたいと思うのです。

あなたは今、全く新しいを、初めてその目で観たことになるのです。まだ日の浅い赤ちゃんをじっくり眺めたり、その声を聞いたり、観いをかいだり、触ってみたりすることは、母と子の関係にとても大きなインパクトを与えるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加