スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの好き嫌いを知っておこう

投稿日:

自分が考えていた出産後の幸せな気分が味わえないために、病院側に恨みを抱く母親もいます。当然、受けるべき晴れ晴れとした気分を味わうどころか、苦悩に苛まれるわけです。できるだけ赤ちゃんをあなたの腕に抱いてかわいがってあげましょう。

誰の子供でもないあなた自身の子供なのですから。病院の規則があったり、付き添いの人がいるために赤ちゃんにスキンシップを与えてやれない場合、母親は出産後の貴重な時期に、もっと赤ちゃんといっしょにいてやればよかったと、後悔することになるのです。

あなたは九ヵ月余り、昼も夜も赤ちゃんをお腹に抱えていっしょに過ごしてきたわですから、すでに赤ちゃんについて何がしかのことは知っているでしょう。でも、赤ちゃんがこの世に生まれてくると、すべてがすっかり変わってしまいます。

母と子の出会いの大切さを知っている

赤ちゃんが不機嫌な時、抱いてあやしたり、愛撫したり、マッサージすると、逆効果になり、さらに大声で泣き声を上げることになるでしょう。機嫌のいい時は、抱いてあやしてあげること、愛撫してあげること、そしてマッサージしてあげること。それは、赤ちゃんがどんなことが好きで何をすれば安心の機会となります。赤ちゃんが泣きわめいて手に負えないんの心を静めるために、あなたはそこで見つけた方法をうまく活用するとができるのです。

直感的にこのような母と子の出会いの大切さを知っている母親もいます。いわゆる母性本能で赤ちゃんの命の息吹を感じ取るわけです。ただ赤ちゃんを眺めているだけで喜びに満ちあふれ、新たな環境の中で赤ちゃんが必死に生きようとする姿を見たり、声を聞いたり、匂ったり、その反応を感じたりしたいと思うのです。

あなたは今、全く新しいを、初めてその目で観たことになるのです。まだ日の浅い赤ちゃんをじっくり眺めたり、その声を聞いたり、観いをかいだり、触ってみたりすることは、母と子の関係にとても大きなインパクトを与えるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親を憎むようになった子供の姿

「お腹空いた!お腹空いた!」という叫びをわかってもらえない。お腹を減らしている子に叱るしつけをすれば、ますます子どもは空腹を募らせていきます。心のエネルギーが補充されるどころか、叱られるというつらい状 …

no image

子供の喘息には乾布摩擦が効果的

近ごろの子どもは、なかなか靴下を脱ぎたがらず、はだしで土を踏むことさえいやがるようになってしまいました。それだけ、皮ふを弱くしているのです。子どもは風の子という言葉をもう一度かみしめて下さい。小児科医 …

no image

甘えられてダメな人間なっていく子はひとりもいません

「甘えられる」は、自己肯定感、自己信頼感などの自己愛の大本を満たしてもらうこと。そんな大きなパワーを大好きな人からもらえたら、子どもにとってこれほどの喜びと幸せはありません。ですからお母さんはいつもニ …

no image

ママが嫌いだという2歳児

強情を張るFくんにお父さんとお母さんは「ここでもらしたら置いていくぞー」「どうしてお手洗いに行かないの!もらしたら置いていくからね」と強権的に言い続け、とうとうFくんは「ママ嫌いー」と心の叫びを発した …

no image

我慢する力をしつけているか

子どもの持ち物はできるだけ質素なものを選び、険約を教えましょう。さらに、家事への参加も求めましょう。小学校低学年の子どもは、調理などには積極的な興味を示します。ていねいに教えれば、日曜日などは、子ども …