スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃん、新生児に必要なものに手を貸してあげましょう

投稿日:

生後一九週ぐらいになると、あなたの赤ちゃんは再び学習を始めます。実際に、この月齢になると赤ちゃんは出来事の世界、を探索し始めるのです。この世界は「さまざまな出来事に適応する能力」を幅広く試してみる機会を与えてくれます。赤ちゃんはその中から自分にいちばん適したものや、試してみたいと思うものを選び出します。ですから、あなたはあれこれ押しつけるのではなく、赤ちゃんが本当にしたいと思っていることに手を貸してあげましょう。

また、赤ちゃんが手に負えなくなると、危険な時期は長く続きますから、赤ちゃんがこれまでと異なっていることにすぐ気が付きます。母親は明らかに赤ちゃんの成長が遅くなっていることや、以前は好きだったものが急に嫌いになっていることなどを心配するようです。

多くの動きが結び付いた場面の移り変わりを捉えられるようになった赤ちゃんには、新たな世界が広がっていきます。例えば、連続的な同じ動きを繰り返したり、オモチャを上下左右さまざまな向きに動かしてみたり、何回も押したり、突いたり、たたいたりします。この時期には、同じ動きを繰り返すだけでなく、連続的に変化する短い動きをすることも学習し始めます。

比較的単純な変化しか捉えることができない

成長のステップ(生後一二週目)のあと、赤ちゃんは移り変わる世界を見たり、聞いたり、匂ったり、味わったり、触ったりできるようになります。しかし、まだ複雑な動きにはついて行けず、比較的単純な変化しか捉えることができません。生後一九週日あたりでは目の前に広がった新たな世界で、赤ちゃんは身近に起きる短い場面の移り変わりを認識し、学習し始めます。このような能力は赤ちゃんのすべての行動に影響を及ぼすのです。

手で物をつかんでそれを別の場所に移したり、オモチャを手にもって、すぐに口の中に入れたりする動き。この時、手にもった物を注意深く観察することもできます。さらに、赤ちゃんは腕、手、指など体の動きをうまく調節して、物のある場所に正確に手を届かせることができるようになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子どもの食欲やからだの発育発達の「個性」を大切にすること

子どもの食欲やからだの発育の「個性」を大切にすることが必要です。子どものからだの発育の「個性」は、大きい子もあり小さい子もあり、太っている子もありやせている子もあり、さまざまな発育となって現われます。 …

no image

赤ちゃんの体温調節をしなければなりません

パパやママは赤ちゃんの体温を調節しなければなりません。ですから、雪の降る日や冷え込む日に、長時間赤ちゃんを撃に連れ出すことは愚かなことなのです。いくら赤ちゃんの体を毛布で包んでも、体がひどく冷え切って …

no image

詰め込み式の勉強社会で見放された子供たち

詰め込み式の教育、超スピードで進んでいく現在の教育の中では、落ちこぼれができるのも当然のことです。子どもによっては、ゆっくりと教育を受けさえすれば力を発揮できる子どもがいるのです。そのような子どもは、 …

no image

子供が二歳半を過ぎると

二歳半を過ぎますと、両親に対する態度に変化が現われます。両親の関心を集めようとして、さかんにしゃべりかけてきたり、両親に対して大げさに甘えたりしますが、お母さんがなにか世話をしようとすると、「ひとりで …

no image

家の周りの子供にとっての危険

引越し先の家の周囲で、子どもが活動しそうな範囲内を、お母さんとお父さんとで点検をしておく必要がありますし、すでに同じところに永く住んでいる両親でも、休日の朝早くに、二人でゆっくりと危険の有無を点検し直 …