スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃん、新生児に必要なものに手を貸してあげましょう

投稿日:

生後一九週ぐらいになると、あなたの赤ちゃんは再び学習を始めます。実際に、この月齢になると赤ちゃんは出来事の世界、を探索し始めるのです。この世界は「さまざまな出来事に適応する能力」を幅広く試してみる機会を与えてくれます。赤ちゃんはその中から自分にいちばん適したものや、試してみたいと思うものを選び出します。ですから、あなたはあれこれ押しつけるのではなく、赤ちゃんが本当にしたいと思っていることに手を貸してあげましょう。

また、赤ちゃんが手に負えなくなると、危険な時期は長く続きますから、赤ちゃんがこれまでと異なっていることにすぐ気が付きます。母親は明らかに赤ちゃんの成長が遅くなっていることや、以前は好きだったものが急に嫌いになっていることなどを心配するようです。

多くの動きが結び付いた場面の移り変わりを捉えられるようになった赤ちゃんには、新たな世界が広がっていきます。例えば、連続的な同じ動きを繰り返したり、オモチャを上下左右さまざまな向きに動かしてみたり、何回も押したり、突いたり、たたいたりします。この時期には、同じ動きを繰り返すだけでなく、連続的に変化する短い動きをすることも学習し始めます。

比較的単純な変化しか捉えることができない

成長のステップ(生後一二週目)のあと、赤ちゃんは移り変わる世界を見たり、聞いたり、匂ったり、味わったり、触ったりできるようになります。しかし、まだ複雑な動きにはついて行けず、比較的単純な変化しか捉えることができません。生後一九週日あたりでは目の前に広がった新たな世界で、赤ちゃんは身近に起きる短い場面の移り変わりを認識し、学習し始めます。このような能力は赤ちゃんのすべての行動に影響を及ぼすのです。

手で物をつかんでそれを別の場所に移したり、オモチャを手にもって、すぐに口の中に入れたりする動き。この時、手にもった物を注意深く観察することもできます。さらに、赤ちゃんは腕、手、指など体の動きをうまく調節して、物のある場所に正確に手を届かせることができるようになります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

三歳から四歳にかけてのしつけのポイント

三歳から四歳にかけて年齢は、自分の欲望ばかりいい張らずに、大人の要求をきき入れる部分が多くなってきます。その点で、このころにお友だちと接触する機会を与えることが必要になります。お友だちを与えてみますと …

no image

自分勝手に行動している父親

自分勝手に行動している父親がいます。家庭外での生活には、一切干渉しないほしいなどと公言している夫もいるほどです。そのような夫婦が作り出す家庭の中で育ってる子どもたちには、情緒の安定が得られません。です …

no image

ママが嫌いだという2歳児

強情を張るFくんにお父さんとお母さんは「ここでもらしたら置いていくぞー」「どうしてお手洗いに行かないの!もらしたら置いていくからね」と強権的に言い続け、とうとうFくんは「ママ嫌いー」と心の叫びを発した …

no image

喧嘩のできない子ども

自発性の発達していない子どもは、お友だちと遊ぶことを喜びませんし、お友だちもそのような子どもと遊んでも面白くないので、遊ばなくなってしまいます。それは、いたずらをしないからです。子どもが何人か集まると …

no image

子供に体力をつけさせるには体を張った遊びをさせること

子どもの体力をつけることを考えるならば、崖に挑戦するといった工夫をしてほしいのですが、お父さんにもそのような工夫をするだけの気力がないのかも知れません。何かにつけて楽をしようという考えのお父さんではな …