スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの心に信頼感を育てる

投稿日:

赤ちゃんを手助けするための最善の策は、愛情を込めたお世話と思いやりの心なのです。この月齢の赤ちゃんは甘やかしてだめにするということがありませんから、泣いている時、あやしてやることに、何ら罪の意識を感じる必要もないのです。最初の成長のステップのあとの赤ちゃんの発見の旅、を手伝ってあげましょう。

赤ちゃんをなくさめようとする心遣いと優しいスキンシップは、赤ちゃんが身心の変化を成長のリズムに合わせることを容易にし、赤ちゃんの心に信頼感を育てます。赤ちゃんは何かしてほしい時に、当てになる人がいつもいてくれると安心する。あなたが必要としているのは、身近な人や友人からの批判ではなく、心の支えや助言なのです。批判は失いかけている子育ての自信をあなたから奪い去りますが、心の支えや助言はあなたが苦しい時期を乗り越えようとする勇気を与えてくれるでしょう。

周りの世界にとても興味を示します

赤ちゃんは自分が見たり、聞いたり、匂ったり、味わったり、心で感じたりして、特に気に入ったものには微笑んでくれます。五感が発達し、周りの世界をよりよく認識することができますから、赤ちゃんは以前よりも微笑むことが多くなります。どんな行動が赤ちゃんのかわいい微笑みを誘うのか見つけ出すことは、母親としてとてもうれしいひとときです。あなたの赤ちゃんは、興味のある物を長い間じっと見つめます。とりわけ、明るい色彩の物に強い関心を示します。

この時期には、ふつう赤ちゃんは周りの世界にとても興味を示します。感受性が強くなり、目覚めている時間も長くなっていますから、赤ちゃんは非常に好奇心が旺盛です。赤ちゃんはどんなことをするのが好きなのか、見つけ出して下さい。赤ちゃんの好みが分かれば、新しい遊びやオモチャを与え、少しずつ行動の幅を広げてやることもできます。特にどんな物を好むのか見つけるために、赤ちゃんの反応を注意深く観察して下さい。どんなに幼くても、赤ちゃんは好きか嫌いかをちゃんとあなたに伝えることができるのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんが物をつかむ最初の試みは失敗する

赤ちゃんが物をつかもうとする最初の試みは失敗します。でも、赤ちゃんのそんな努力をほめてあげ、できるだけ手を貸してあげて下さい。飽きずに動かしている手で簡単につかめるようなオモチャを置いてあげましょう。 …

no image

子供の冒険心の現われというべき行動

七〜八歳のころに起きる子どもの冒険心の現われですが、お盆にのっている食器を、台所まで運んでくれるように子どもに頼んだときに、快く承諾してくれたのはよいが、そば屋さんのするように片腕で肩のところにもち上 …

no image

子どもの一人遊びは口を出さずに放置したほうがいい

両親は、身勝手に、自分の手のあいているときに、子どもの相手をしたがります。そのような両親は、子どもが一人遊びを楽しんでいるときに、それに割り込んでいくでしょう。それを子どもがうるさがるようなことがある …

no image

赤ちゃんの歩き始めの時期

どんな子供でも、ほぼ同じ月齢になると、この扱いにくい時期、が訪れます。その時期の始まりについては、一、二週間の誤差はありますが、それが必ず訪れることだけは確かです。一年後、赤ちゃんが自分で歩き始めた頃 …

no image

自分の存在意義が多くの人々に喜びを与える

やりたいこと、なりたい、を自らの力で達成していけることほど人生における大きな喜びはありません。それこそが本当の幸せな人生でしよう。人生を歩めるように手助けしてあげるのが親のひとつの務めです。したがって …