子育て

赤ちゃんの新しい仕草や行動に注意して下さい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生後八週目(約二カ月)ぐらいになると、脳レベルでの大きな変化、は赤ちゃんが初めて、何らかの単純な形を認識することを可能にする。例外なく大きな変化、が現われる最初の扱いにくい困難な時期が過ぎ去ったら、赤ちゃんの新しい仕草や行動に注意して下さい。

成長の各ステップの少し前には、赤ちゃんの中で予期せぬ急激な変化が起きています。それは神経組織の変化、とりわけ脳レベルでの変化と関わりがあり、同時に肉体レベルでの変化が伴っています。それぞれの大きな変化は赤ちゃんに何か新しいものをもたらし、周りの世界を認識する能力も変化させます。そして、新しいタイプの認識能力が赤ちゃんを刺激するたびに、その「新たな世界」に適応する一連の能力を身につけるための仕組みを一つ一つ作り上げていく。

八週目に入った赤ちゃんであれば、物の形やデザイン、構造など、例えばスーパーの棚に並べられた缶詰やベビーベッドの手すりなどに、急に興味を示すようになります。ちょっとした赤ちゃんの仕草や行動にも、以前には見られなかった進歩の跡がはっきり現われてきます。また、自分の手足を思うように動かし、それをコントロールできる方法も身に付いてくるため、やがて赤ちゃんは自分の体をコントロールできるようになります。

赤ちゃんがあなたにきつくしがみついたり

例えば、赤ちゃんがあなたにきつくしがみついたり、急に泣き出したりして、以前には見られなかった仕草や行動を見せるのです。このような態度は全く正常な反応ですが、とりわけ初めてそれを体験した時には誰しも不安な思いに駆られます。赤ちゃんが苛立ち、何かを求めて泣き声を上げると、母親はどこか体に悪い所があるのではないかと自問してみたり、その理由が分からないために不安になって、育児にうんざりすることも多いようです。

この大きな変化、は精神レベルだけでなく肉体レベルでも、五感を含めさまざまな認識能力を変化させる。それを分かりやすく説明するために嵐の黒雲が現われるといった表現が使われますが、おとなしかった赤ちゃんの態度が、どういう理由か手に負えなくなるほど悪くなることで大きな変化、が現われたことに気が付くのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加