子育て

赤ちゃんは出来事の世界で新しい能力を幅広く身に付けていく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの赤ちゃんは、出来事の世界、で、新しい能力を幅広く身に付けていきます。どんな能力を身に付けるのかは、赤ちゃんの好みや興味の対象、あるいは目立った肉体的な特徴などに基づいています。

一語が二語の短い言葉がはっきり分かる。例えば、ぬいぐるみの子グマの方を見ながら、「あなたの子グマちゃんはどこにいるの?」と尋ねると、正しい反応を示す。でも、オモチャがいつもの場所にないような場合は、赤ちゃんの正しい反応に期待しないこと。

ほめたりする言葉のトーンに適切な反応を示す。好きな歌の最初の歌詞が分かる。言語能力、フーフ・フーフ、プープ・プープ、プルル、グルル、プルル、など舌や唇を使って新しい音を出すことができる。

抱いて張しい時には両手を伸ばしてみせる。お腹が空くと唇をふるわせて音を出す。ときには、手や足をパタパタさせることもある。離乳食や水を与えると、顔をその方に向けてロを開ける。満腹すると食べ物をッ吐き出したり、する。満腹するとママの胸や哺乳びんから体を離そうとする。

大げさに誇張した仕草をして見せる

「プ」「ル」「ム」などの子音を使い始める。初めて「言葉」をつぶやいたり、発音したりする。例えば、マンマ、ババ、パーバなど。あくびをする時、意識的に声を出したりする。

大げさに誇張した仕草をして見せる。例えば、赤ちゃんが酸をした時、ママが赤ちゃんの方を振り向くと、にっこり笑って見せる。何かに我慢できなくなると、ふくれっ面をして見せる。自分のしたい事ができないと、大きな声を上げる。毛布やスリッパ、オモチャなど、自分のお気に入りの物ができる。

刺激的な感覚に熱中する赤ちゃんもいれば、観察する能力を伸ばす赤ちゃん、体を動かすことが得意な赤ちゃんもいます。また、特にこれといった特徴はないものの、どんな事にも好奇心を示す赤ちゃんもいるでしょう。つまり、どの赤ちゃんにも個性があって、その好みも一人一人異なっているわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加