スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れる

投稿日:

それぞれの赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れることを忘れないようにして下さい。赤ちゃんに大きな変化、が起きると、例外なく扱いにくい危険な時期、が訪れます。気難しい赤ちゃんは、ふだんから親の注意を引こうとしてよく泣きますが、身心ともに大きな変化、に直面すると、いっそう母親に甘えて大声で泣く。それは赤ちゃんが新たな能力を身に付けようとして、多大きな変化、と必死になって葛藤し、母親に甘えようとする表現です。

もし、あなたの子供が出産予定日の前後に生まれたのなら、月齢の誤差を計算しなければなりません。例えば、赤ちゃんが出産予定日より二週間遅れで生まれたとするなら、扱いにくい危険な時期、も本書の図表に示された時期より二週間ほど早く訪れることになるでしょう。逆に、赤ちゃんが出産予定日より四週間早く産まれたならば、通常の場合に比べて四週間遅れることになり、最初の扱いにくい時期、は誕生から九週目に訪れることになります。

大きな変化は赤ちゃんにとって

大きな変化は赤ちゃんにとって、これまで知っていた世界がひっくり返るほど大きなショックに違いありません。それがどれほどのものか考えてみて下さい。もし、目が覚めると、これまで見慣れていた世界とはまるで異なる別世界にいたとすれば、あなたはどうしますか?何かおいしい物を食べたくなるでしょうか?何事もなかったかのように寝返りを打って、再び眠りにつきますか?そんなことはないでしょう。たぶん、不安になって誰かにすがりつきたくなるのではありませんか?あなたの赤ちゃんも、ちょうどそんな気持ちになるわけです。

おとなしく落ち着きのある赤ちゃんにも、気難しく落ち着きのない赤ちゃんにも、同じようにそれは訪れます。しかし、気難しい赤ちゃんはおとなしい赤ちゃんに比べると、その時期を乗り越えるのが難しいと言われています。ですから、そんな赤ちゃんをもつ母親は何かと苦労が絶えないようです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

家庭外でつらい思いをすることがあっても

子どもたちは、家庭外でつらい思いをすることがあっても、家庭の中に一歩足をふみ込むと、心が暖まります。そして、外でのつらい体験も、いつの間にか解消してしまうでしょうし、外でのつらい体験に挑戦しようという …

no image

幼児などでも自分のことは自分でするようにさせる

お母さんは一家のマネージャーとしての権限を持ってほしいと願っています。家事や育児・教育について計画や立案をする人です。その計画や立案に従って、家族が協力すること、とくに子どもたちがお母さんに協力して家 …

no image

赤ちゃんは新しい世界を見つけ出している

生後一年の間、適切な手助けと励ましを与えてやれば、何かと要求の多い赤ちゃんは将来、優等生になる可能性もあります。静かでおとなしい赤ちゃんは、あまり母親の注意を引きませんから、見過こされることも多くなり …

no image

無言の子育てという方法もある

親に「まかされる」ことによって自発性が発達すると、「口答え」がでてきますし、行儀が悪くなったりします。ところが、友だちとはよく遊ぶことができるようになります。友だちを呼んできたり、友だちの家に呼ばれた …

no image

三歳までの子供にはしつけよりもただ愛情をたっぷり注げばいい

ただただ愛情をたっぷり注いで、かわいがってあげさえすればほぼ大丈夫なのですから。ほんの数年間全力を注いでおくだけで、間違いなく後の子育てがラクになります。そのように思って、わが子に向き合ってあげてくだ …