スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんのリズムに合わせて遊んであげよう

投稿日:

赤ちゃんは新しい能力を何度も試してみようとします。赤ちゃんがもっと長く遊んでいたいと思うように、遊びを工夫し、変化をもたせたり複雑にしたりします。しかし、赤ちゃんが出す。疲れているよ、というサインには注意して下さい。いつも赤ちゃんのリズムに合わせて遊んであげることを忘れないで下さい。

赤ちゃんが一人で遊んだり練習したりしている時でも、励ましてあげることや、いっしょに遊んであげることを忘れないで下さい。そして、赤ちゃんが上手にできた時にほめてあげることはもちろんですが、うまくできない時やあきらめかけている時は手を貸してあげましよう。この時上手に手を貸してあげることで、赤ちゃんは周りの世界をより身近に感じることができるのです。

赤ちゃんが何度も同じことを繰り返し、あなたが少々うんざりしている時でも、年長の子供たちは平気で赤ちゃんに付き合ってくれます。いずれにせよ、赤ちゃんと母親との個性の違いをあまり気にしないで、あなたが手助けしてやれば、赤ちゃんはいつも何か役立つものを見つけ出してくれるでしょう。

赤ちゃんにはそれぞれ個性がありますが

赤ちゃんにはそれぞれ個性がありますが、それと同じことが母親についてもいえるでしょう。ある分野では、他の人たちより想像力豊かな母親もいるかもしれません。例えば、あなたがおしゃべりしたり、歌ったり物語を話したりするのが好きなのに、あなたの赤ちゃんが体を動かす、ことが好きなら、少しばかり行き違いが生じる可能性もあります。そんな場合には、本を参考にしたり、友人や両親に相談したりして、新しいアイデアを見つけるようにしましょう。

母親は男の赤ちゃんの声より先に、女の赤ちゃんの声に反応します。それで、母親は女の赤ちゃんに話しかける、ことが多いようです。生後二、三カ月の間は、男の赤ちゃんは女の赤ちゃんより母親に甘えて泣く時間が長い。たぶん、これは男の赤ちゃんの方がよく泣くことや、寝付きが悪いことによるものだと思われます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんは過去の記憶や出来事で今を積み重ねていく

生後二週日(約三カ月)あたりでは、あなたが目の前に置いてあげた物を両手でつかむのに、赤ちゃんは目を凝らし必死になって努力しなければなりませんでした。ところが、今ではよく見ると、赤ちゃんは物を触り、それ …

no image

親ってなんだろう

親になろうとしている者にはその前に、必ず国家試験をすべきだーと主張している人がいた。国家試験をして、合格したものに、親になる資格を与える。その例として、「一歳から三歳の間の子どもの行動の特徴をあげなさ …

no image

子供に色々な体験をさせよう

年月をかけて、未熟な面をだんだんに成熟させていくのが教育です。また、電話に出ることに興味を持つ時期があります。先方からの話を一応きいた上で、「今、ママに代ります。ちょっとお待ち下さい」という言葉を教え …

no image

母親や父親が動物嫌い

動物には、小鳥にせよ、犬や猫にせよ、餌を与えなければなりません。お腹をすかせてはかわいそうです。また、寒い思いをさせてもかわいそうです。お腹がすいていないか、寒い思いをしていないか、さらには、洪しくな …

no image

赤ちゃんは新しい世界を見つけ出している

生後一年の間、適切な手助けと励ましを与えてやれば、何かと要求の多い赤ちゃんは将来、優等生になる可能性もあります。静かでおとなしい赤ちゃんは、あまり母親の注意を引きませんから、見過こされることも多くなり …