スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんのリズムに合わせて遊んであげよう

投稿日:

赤ちゃんは新しい能力を何度も試してみようとします。赤ちゃんがもっと長く遊んでいたいと思うように、遊びを工夫し、変化をもたせたり複雑にしたりします。しかし、赤ちゃんが出す。疲れているよ、というサインには注意して下さい。いつも赤ちゃんのリズムに合わせて遊んであげることを忘れないで下さい。

赤ちゃんが一人で遊んだり練習したりしている時でも、励ましてあげることや、いっしょに遊んであげることを忘れないで下さい。そして、赤ちゃんが上手にできた時にほめてあげることはもちろんですが、うまくできない時やあきらめかけている時は手を貸してあげましよう。この時上手に手を貸してあげることで、赤ちゃんは周りの世界をより身近に感じることができるのです。

赤ちゃんが何度も同じことを繰り返し、あなたが少々うんざりしている時でも、年長の子供たちは平気で赤ちゃんに付き合ってくれます。いずれにせよ、赤ちゃんと母親との個性の違いをあまり気にしないで、あなたが手助けしてやれば、赤ちゃんはいつも何か役立つものを見つけ出してくれるでしょう。

赤ちゃんにはそれぞれ個性がありますが

赤ちゃんにはそれぞれ個性がありますが、それと同じことが母親についてもいえるでしょう。ある分野では、他の人たちより想像力豊かな母親もいるかもしれません。例えば、あなたがおしゃべりしたり、歌ったり物語を話したりするのが好きなのに、あなたの赤ちゃんが体を動かす、ことが好きなら、少しばかり行き違いが生じる可能性もあります。そんな場合には、本を参考にしたり、友人や両親に相談したりして、新しいアイデアを見つけるようにしましょう。

母親は男の赤ちゃんの声より先に、女の赤ちゃんの声に反応します。それで、母親は女の赤ちゃんに話しかける、ことが多いようです。生後二、三カ月の間は、男の赤ちゃんは女の赤ちゃんより母親に甘えて泣く時間が長い。たぶん、これは男の赤ちゃんの方がよく泣くことや、寝付きが悪いことによるものだと思われます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の喧嘩を裁判のように裁いてはいけない

引っ込み思案の大きな原因は、親から過保護を受けたことにあるのです。子どものけんかには親が出るなーということは、くり返しくり返し叫ばなければなりません。 子どものけんかの原因は、ちょっと手がさわっただの …

no image

自己主張ができない子供

自発性の発達については、一~三歳のいたずら時代が、二~四歳の第一反抗期が必要ですし、四~六歳の友人形成期に次いで、七〜九歳のギャングエイジおよび中間反抗期を経過することが必要です。そして、思春期に入っ …

no image

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲 …

no image

幼少期から音楽をさせることについて

音楽に伝統を持つオーストリアや西ドイツの幼稚園で、ピアノを全廃したのをご存じでしょうか?幼児たちにピアノをきかせて教育することはほとんどないのです。それはなぜでしょうか。幼児教育の専門家たちが、いろい …

no image

子供に体力をつけさせるには体を張った遊びをさせること

子どもの体力をつけることを考えるならば、崖に挑戦するといった工夫をしてほしいのですが、お父さんにもそのような工夫をするだけの気力がないのかも知れません。何かにつけて楽をしようという考えのお父さんではな …