子育て

赤ちゃんのリズムに合わせて遊んであげよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんは新しい能力を何度も試してみようとします。赤ちゃんがもっと長く遊んでいたいと思うように、遊びを工夫し、変化をもたせたり複雑にしたりします。しかし、赤ちゃんが出す。疲れているよ、というサインには注意して下さい。いつも赤ちゃんのリズムに合わせて遊んであげることを忘れないで下さい。

赤ちゃんが一人で遊んだり練習したりしている時でも、励ましてあげることや、いっしょに遊んであげることを忘れないで下さい。そして、赤ちゃんが上手にできた時にほめてあげることはもちろんですが、うまくできない時やあきらめかけている時は手を貸してあげましよう。この時上手に手を貸してあげることで、赤ちゃんは周りの世界をより身近に感じることができるのです。

赤ちゃんが何度も同じことを繰り返し、あなたが少々うんざりしている時でも、年長の子供たちは平気で赤ちゃんに付き合ってくれます。いずれにせよ、赤ちゃんと母親との個性の違いをあまり気にしないで、あなたが手助けしてやれば、赤ちゃんはいつも何か役立つものを見つけ出してくれるでしょう。

赤ちゃんにはそれぞれ個性がありますが

赤ちゃんにはそれぞれ個性がありますが、それと同じことが母親についてもいえるでしょう。ある分野では、他の人たちより想像力豊かな母親もいるかもしれません。例えば、あなたがおしゃべりしたり、歌ったり物語を話したりするのが好きなのに、あなたの赤ちゃんが体を動かす、ことが好きなら、少しばかり行き違いが生じる可能性もあります。そんな場合には、本を参考にしたり、友人や両親に相談したりして、新しいアイデアを見つけるようにしましょう。

母親は男の赤ちゃんの声より先に、女の赤ちゃんの声に反応します。それで、母親は女の赤ちゃんに話しかける、ことが多いようです。生後二、三カ月の間は、男の赤ちゃんは女の赤ちゃんより母親に甘えて泣く時間が長い。たぶん、これは男の赤ちゃんの方がよく泣くことや、寝付きが悪いことによるものだと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加