スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら

投稿日:

あなたの赤ちゃんにおしゃべりの素質があるなら、あなたの前に議な姿勢で座らせてあげましょう。背中をしっかり支えてやり、両足を曲げ、あなたの隠の上に顔を上に向け、やさし<寝かせて下さい。この姿勢をとれば、赤ちゃんはあなたの顔がよく見えますし、あなたも赤ちゃんの反応を見逃すことがないでしょう。

もし、赤ちゃんの手や足に注意を向けたいと思えば、赤ちゃんが喜ぶように色付きのリポンや小さな鈴を手足に付けてやりましょう。この場合注意することは、リボンや鈴はしっかり結び付けておくことです。赤ちゃんが手足をパタパタ動かすため、万一リボンや鈴が取れ、顔に落ちると赤ちゃんが窒息する危険性があるからです。いつも赤ちゃんがら目を離さないようにして下さい。

この月齢では、好奇心の強い赤ちゃんでも、まだ物をつかむことができないために、近くで物を観察できません。ですから、一人でそれができるまで、赤ちゃんはあなたの手助けが必要なのです。

赤ちゃんを寝かせることが理想的

バスタオルや毛布の上に赤ちゃんを寝かせることが理想的です。そして、部屋を十分に暖めて、赤ちゃんを裸にしてやりましょう。こうすれば赤ちゃんに自由気ままな感覚を与えることができるからです。どんなことに興味を示すのが、赤ちゃんの反応をよく観察して下さい。また、あなたが話をする口元や常に変化する顔の表情は赤ちゃんにとって、びっくりするような出来事であることを忘れないで下さい。ですから、赤ちゃんが疲れているようであれば、すくにおしゃべりは止めましょう。

その日のでき事、あなたの考えていることや将来の夢など、頭に思い浮かんだことは何でも赤ちゃんに話してあげましょう。ここで大切なポイントは、あなたの声のリズムと顔の表情です。そして、赤ちゃんが反応を示すまで、気長に待ってやることです。これは二人が会話するために必要なこと、つまり忍耐力や相手の返事を待つこと、微笑んだり、うなずいたりすること、などを赤ちゃんに教えてあげるためです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

幼児などでも自分のことは自分でするようにさせる

お母さんは一家のマネージャーとしての権限を持ってほしいと願っています。家事や育児・教育について計画や立案をする人です。その計画や立案に従って、家族が協力すること、とくに子どもたちがお母さんに協力して家 …

no image

学校から帰ってきた子どもに「何をしてきたの?」と聞きすぎない

幼稚園や小学校から帰ってきた子どもを、お母さんは、どのように迎えているでしょうか。お腹もすいているでしょうから、子どもの好きなお菓子を与え、楽しいお話を聞かせたり、それが終わったならば、ひざの上にのせ …

no image

新生児が微笑みを見せてくれたら

世界のどの国でも、新生児は生後六週日までに、初めて微笑みを見せてくれます。子宮内にいる胎児のにっこり微笑んでいる写真さえ残されているほどですが、まだ小さな赤ちゃんの微笑みを見ることは母親にとって貴重な …

no image

赤ちゃんの感覚の急速な発達

赤ちゃんも生後2ヶ月くらいになると、赤ちゃんの感覚は急速に発達し、周りの世界に対して強い興味を示すようになります。多少とも好奇心が旺盛になりますが、当然赤ちゃんによってそれぞれ好みがあります。視覚の発 …

no image

幸せに生きるための宇宙からいただいた法則

あなた自身は満ち足りていますか?自分の子育てに自信がもてない、子どもとうまく関わっていくことができないというお母さんの中には、育ってくる過程の中で、ご自身も愛された実感がもてていないという方がいらっし …