子育て

赤ちゃんはいつも同じ物を見て退屈しています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんは生まれて初めて、同じオモチャ、同じ景色、同じ音、布や物質の同じ感触、同じ味覚などにうんざりする。赤ちゃんはさまざまな変化が好きで、そこから多くのことを学び取るのです。もし、赤ちゃんが退屈しているようであれば、目覚めている間は、なるべく変化をもたせるようにしてあげましょう。赤ちゃんを腕に抱いて歩き回ったり、散歩に連れて行ってさまざまな物を見せてあげて下さい。

赤ちゃんはいつも同じ物を見て退屈しています。赤ちゃんは遊びたいと思っていても、いつもと変わらない場所で同じ物を見たり、聞いたり、同じオモチャを触ったりしていると飽きてきます。この月齢になると、物の形を覚えていますし、繰り返しという概念も理解できますから、退屈している姿も見られます。

中には自分の手足がどうなっているのか試すのに、長い時間がかかる赤ちゃんもいます。一般に、赤ちゃんはとりわけ手に魅力を感じます。それは、いつも自分の日の前に手をもってくる、ことができるからです。赤ちゃんが満足するまで、自分の手を学習させてあげましょう。

興味をもってあれこれ試してみます

あなたの赤ちゃんはいつも見慣れたものが目の前を動くことに気が付きます。それが何であるのか気になり始めますが、やがてそれが自分の手や足であることを発見する。赤ちゃんは驚いたように手足を眺め、とりわけ興味をもってあれこれ試してみます。どんな赤ちゃんでも、自分なりの方法でこの新たな現象を学び取ろうとします。

赤ちゃんはオモチャをつかもうとして、手を握りますか?すでにたくさんの物が見えるようになっていますから、赤ちゃんはこの時期になると物に触ろうとします。あなたは赤ちゃんがガラガラをつかもうとしていることに気が付きましたか?手を上手に使うようになる前に、赤ちゃんは手にどんな働きがあるのかを学んでいる。ですから、この「物をつかむ道具」を発見することは、赤ちゃんにとって大切なことなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加