スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんと起き上がり遊びをする

投稿日:

起き上がりの遊び。この遊びはあなたの赤ちゃんの首がすわるようになって初めてできるものです。あなたは背中をどこかにもたせかけ、両足を曲げ膝を立てて、楽な姿勢で座ります。そして、赤ちゃんがちょうど座っている姿勢であなたの足の上にのせ、向かい合わせになります。それから、赤ちゃんの両腕をつかんで、立つ姿勢になるまで、ゆっくり赤ちゃんの体を起こしてやるのです。

家の中には赤ちゃんの好奇心を駆り立てる物がたくさんあることを忘れないで下さい。赤ちゃんの目に入った物について、何かお話してあげましょう。赤ちゃんはあなたの声を聞くのが好きなのです。赤ちゃんが手を伸ばしたなら、それを手で触れさせ感触を味わわせて下さい。赤ちゃんは大喜びして、多くのことを学ぶでしまう。でも、忘れてはならないのは、いつも赤ちゃんの反応を確かめながら冒険の旅を続けることです。

赤ちゃんに声をかけ、しっかり励ましてあげましょう。赤ちゃんの反応をよく観察して、赤ちゃんがあなたといっしょに楽しんでいるようなら、そのまま遊びを続けて下さい。この月齢の赤ちゃんは何でも動く物を見たり、触ったり、その音を聞いたりすることが好きですが、とりわけゆっくり動いている物に興味を示します。

赤ちゃんといっしょに水浴び

赤ちゃんは自分の手足を濡らす水のゆるやかな流れに大喜びするでしょう。赤ちゃんの顔を上にしてあなたのお腹の上に寝かせて、いっしょにチャプチャプ水遊び、をしながら歌を歌てあげて下さい。赤ちゃんといっしょに水浴びをしましょう。

水はそれだけで、とても面白い遊びになります。この月齢になると、もともと羊水の中にいた、赤ちゃんは水の動きを見ることに興味を示します。あなたのお腹の上に赤ちゃんをのせて、水湾や体から流れ落ちる水しぶきを見せてあげましょう。水浴びで開放的な気分を味わったあと、ふんわりしたバスタオルにくるまれ、あやしてもらうことも赤ちゃんは大好きです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

幼稚園くらいの子供のケンカに親の仲裁は必要か?

昔から、子どものけんかに親が出るなーといわれてきたのは、まさに名言といえる。ところが、お母さんやお父さんの中には、子ども同士のけんかに口を出したり、それをとめにかかったりする人が少なくありません。とく …

no image

自分を受け入れることができるようになると

自分はかけがえのない存在であると丸ごと自分を受け入れることができるということは、自分のやっていることはすべてOKであるという価値観がもてるようになるということです。こういう子は自分をとても大事にするこ …

no image

赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れる

それぞれの赤ちゃんの成長のスピードを考慮に入れることを忘れないようにして下さい。赤ちゃんに大きな変化、が起きると、例外なく扱いにくい危険な時期、が訪れます。気難しい赤ちゃんは、ふだんから親の注意を引こ …

no image

他人の赤ちゃんを抱っこしてみて下さい

どの赤ちゃんもその姿形が違うように、性質や特徴もそれぞれ異なっています。もし母親が許してくれるなら、他人の赤ちゃんを腕に抱き上げてみて下さい。どこか違う感覚を味わうはずです。そして、赤ちゃんがあなたの …

no image

みせかけの適応・にせの適応能力とは?

きまりやしきたりは、それぞれの家庭によってもちがう面があります。また、園や学校でもちがうことがあります。都会と田舎でもちがいますし、国や民族によっても非常に大きなちがいがあるのを知っていると思います。 …