スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんと起き上がり遊びをする

投稿日:

起き上がりの遊び。この遊びはあなたの赤ちゃんの首がすわるようになって初めてできるものです。あなたは背中をどこかにもたせかけ、両足を曲げ膝を立てて、楽な姿勢で座ります。そして、赤ちゃんがちょうど座っている姿勢であなたの足の上にのせ、向かい合わせになります。それから、赤ちゃんの両腕をつかんで、立つ姿勢になるまで、ゆっくり赤ちゃんの体を起こしてやるのです。

家の中には赤ちゃんの好奇心を駆り立てる物がたくさんあることを忘れないで下さい。赤ちゃんの目に入った物について、何かお話してあげましょう。赤ちゃんはあなたの声を聞くのが好きなのです。赤ちゃんが手を伸ばしたなら、それを手で触れさせ感触を味わわせて下さい。赤ちゃんは大喜びして、多くのことを学ぶでしまう。でも、忘れてはならないのは、いつも赤ちゃんの反応を確かめながら冒険の旅を続けることです。

赤ちゃんに声をかけ、しっかり励ましてあげましょう。赤ちゃんの反応をよく観察して、赤ちゃんがあなたといっしょに楽しんでいるようなら、そのまま遊びを続けて下さい。この月齢の赤ちゃんは何でも動く物を見たり、触ったり、その音を聞いたりすることが好きですが、とりわけゆっくり動いている物に興味を示します。

赤ちゃんといっしょに水浴び

赤ちゃんは自分の手足を濡らす水のゆるやかな流れに大喜びするでしょう。赤ちゃんの顔を上にしてあなたのお腹の上に寝かせて、いっしょにチャプチャプ水遊び、をしながら歌を歌てあげて下さい。赤ちゃんといっしょに水浴びをしましょう。

水はそれだけで、とても面白い遊びになります。この月齢になると、もともと羊水の中にいた、赤ちゃんは水の動きを見ることに興味を示します。あなたのお腹の上に赤ちゃんをのせて、水湾や体から流れ落ちる水しぶきを見せてあげましょう。水浴びで開放的な気分を味わったあと、ふんわりしたバスタオルにくるまれ、あやしてもらうことも赤ちゃんは大好きです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

怒ることでさらに怒りが増す悪循環

私が叱るほどに子どもは悪くなっていくのですから、そうなるとイタチごっこです。大声で怒鳴らなければ私の言うことを聞かなくなり、私は私で自分の怒る声でますます怒りが増していくという悪循環に陥り、すっかり疲 …

no image

新生児が微笑みを見せてくれたら

世界のどの国でも、新生児は生後六週日までに、初めて微笑みを見せてくれます。子宮内にいる胎児のにっこり微笑んでいる写真さえ残されているほどですが、まだ小さな赤ちゃんの微笑みを見ることは母親にとって貴重な …

no image

おしゃべりに夢中で子供から目を離す親

お母さんは、自分の友だちに会ったりすると、その人とおしゃべりをすることに夢中になって、子どものことを忘れてしまうことさえもあるでしょう。その間、子どもは退屈ですから、走り出したくもなる。あるいは、子ど …

no image

イタズラできない子どもになるのはよくない

子どもの心よりも物の方を大切にしている家族がいると、どうしてもいたずらに圧力を加えることになります。そのような家族としては、お年寄りを第一にあげることができます。年を取ってくると、きちんと整った部屋で …

no image

赤ちゃんの強い欲求

赤ちゃんは一体何が起きているのか、あなたに尋ねることさえできない。しかし、赤ちゃんにはそのような能力が何一つないわけではありません。ママの胸に抱かれていれば、ときには乳首をまさぐることもできるでしょう …