子育て

赤ちゃんの寝付きが悪いことはありませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの寝付きが悪くはありませんか?赤ちゃんがひどく神経質になっている時は、以前ほど眠らないこともよくあります。寝室に連れて行ったとたんに、赤ちゃんが大声で泣き出すこともあるでしょう。そのため、ときどき父母たちはベビーベッドを見るのが恐くなることさえあるのです。

赤ちゃんはあなたの体にしがみついてきませんか?赤ちゃんを下に寝かせようとすると、あなたに強くしがみついてきます。手だけではなく、足にまでしがみついてくるのです!このような行動は、現実的な面だけでなく、心理的な面からも、寝かしつけの障害になります。そんな赤ちゃんの態度は母親にとって感動的ではあるのですが、赤ちゃんは苦しんでいるのではないかと心が痛むわけです。それで、もう少し抱いてあげようかと思うのです。

母親は不安になる赤ちゃんが理由も分からず大声で泣いて手に負えなくなると、身近にいる者もつらい生活を強いられます。とりわけ、赤ちゃんの泣き声がいつもより大きい時には、母親は子育ての自信を失いそうになります。自分には子育ての能力がないのだろうかと不安になっても、そんな疑いをもってくよくよ悩まないことです。

ひどい不眠症になることもあります

赤ちゃんがひどい不眠症になることもあります。例えば、寝付きの悪い赤ちゃんもいますし、ちょっとしたことで目を覚まして、短時間しか眠れない赤ちゃんもいます。これはあなたの赤ちゃんの問題なのですが、結果はいつも同じです。つまり、家族全員が不眠症になるのです。赤ちゃんも長い時間、目覚めているわけですから、結局泣いている時間も長いということになります。

一般に、さほど悩まず楽天的な母親の子供はのんきで性格も明るく、この時期もひどく泣いたりせず、あやすのにも手がかからないといわれていますが、大部分の赤ちゃんはそうではありません。大声で泣きわめいて、あやすのにひと苦労するのです。神経質になり苛立っている赤ちゃんは、さらに扱いにくく手に負えません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加