スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんがよく泣く、欲求が強くなるなどの兆候が出ると

投稿日:

生後八週目から九週目にかけて、あなたの赤ちゃんは以前より欲求が強くなり、大声で泣くことも多くなります。これは赤ちゃんにとって、身心の変化による心の緊張を表現する手段となるからです。この月齢になると、泣くことは赤ちゃんが不快に感じたことを知らせたり、相手の注意を引いたりするための有効な手段となる。

例えば、自分の体をコントロールすることや興味のある物を探索するためにさまざまな感覚を使うことを覚えたり、自分の好みを明確にし始めます。ですから、赤ちゃんは何が好きで何が嫌いなのか、いちばん注意を引くのはどんな音か、お気に入りの色は何色か、どんなオモチャや遊びが好きで、いちばん喜ぶのは誰の顔なのか(もちろん、あなたを除いて)、見つけ出してあげましょう。このような好みが、あなたの赤ちゃんの個性をはっきり示す最初のサインとなるのです。

大抵の赤ちゃんはスキンシップを受ければ、落ち着きを取り戻しますが、中にはスキンシップだけでは満足しない赤ちゃんもいます。たとえ、甘えん坊の赤ちゃんが駄々をこねても、母親に抱かれれば胸にしがみついてくるでしょう。赤ちゃんはあなたの腕に抱かれ大きな胸に包まれたいと思っているのです。

生後八週目から九週目にかけては

生後八週目から九週目にかけては、

・親指を口に入れ吸う(ことが多くなる)。
・泣くことが多くなる。
・いつも自分のことを構ってほしいと泣く。
・あなたの体に強くしがみついてくる。
・寝付きが悪くなる。
・あまりお乳を飲まなくなる。
・見慣れない人に人見知りをする。

感受性の強い赤ちゃんであれば、ますます悲しそうな声や大きな声で泣きわめいて、両親の心を説立たせることもあるでしょう。泣き叫ぶ赤ちゃんを何とかあゃそうとして、両親は必死になりますが、赤ちゃんには通じないようです。もっとあなたの注意を引いて構ってもらいたいのです。それが満たされないから、駄々をこねているだけなのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

あなたなら大丈夫とやることを受け入れてもらっている子は

何をしても「あなたがしていることは正しいのよ」「あなたなら大丈夫よ」とやることを受け入れてもらっている子は、相手の気持ちも受け入れることができるようになります。ときに悪さをして叱られても、素直に受け止 …

no image

テレビを見る時間を子供と約束する

その時間がきたらば、必ずスイッチを切るーといったけじめのある生活を教えることが大切です。その点で、お母さんもお父さんも、自分自身がテレビに対してけじめをつける努力をしなければならない。 小学生ともなれ …

no image

親の子供に対する異常なまでの過保護

ある校長先生は、新任の先生に向かって、「校内ではけがをさせないようにしてほしい」といったそうです。自分の身にふりかかる面倒を避けようとしていったのでしょう。そこで、子どもたちが全力をあげて活動しようと …

no image

子供に体力をつけさせるには体を張った遊びをさせること

子どもの体力をつけることを考えるならば、崖に挑戦するといった工夫をしてほしいのですが、お父さんにもそのような工夫をするだけの気力がないのかも知れません。何かにつけて楽をしようという考えのお父さんではな …

no image

子供の存在を否定しないでほめ讃えてあげること

何かができたときだけ「よくできました」「これができたなんていい子だね」。評価の世界の話です。今は何かができたりできなかったり、何かの条件を満たしたときにだけほめる方が多いように感じます。でもこれは間違 …