スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんにはモロー反射などの色々な反射が起きる

投稿日:

赤ちゃんが、いわゆるモロー反射、とよばれる動作をする時には少し驚かされます。背中を曲げ、頭を内側に折り曲げ、腕と足を内と外に交互に動かした後、胸の上や胃の上で折りたたんでしまう奇妙な動作です。まるで、上から落下する途中で何かにつかまろうとしているような姿勢です。

把握反射の起源は先史時代にまでさかのぼると考えられています。その頃、ヒト科の原始人類は全身をびっしり毛で覆われていたので、生まれたばかりの赤ちゃんはこの把握反射のおかげで母親の毛をしっかりつかむことができたわけです。赤ちゃんは生後二カ月の間、この反射を使います。とくに、あなたが揺りカゴに赤ちゃんを寝かせようとすると、もっとあなたに抱かれていたいと赤ちゃんは、ぎゅっとあなたにしがみついてくるでしょう。

あなたの赤ちゃんは新生児特有の反射を数多く見せてくれますが、やがて相分の意志で反応するようになるため、反射は自然に消えてしまいます。一方、膝蓋健反射や呼吸、クシャミ、セキ、まばたき、熱い物に触れた時に手を引っ込める動作など、生涯残る反射もあります。

家の中を探索してみましょう

赤ちゃんといっしょに家の中を探索してみましょう。赤ちゃんが興味を示す物は何でも、見たり、聞いたり、触ったりさせてあげましょう。そして、探索の途中で出会った物を赤ちゃんに教えてあげて下さい。どんな物でもかまいません。赤ちゃんはあなたの声に耳を傾けてくれるはずです。

あなたの赤ちゃんは、まだ自分で遊ぶことができません。感受性が強く元気のよい赤ちゃんは、眠りから覚めると何かをして遊んでほしいと感じているのです。ですから、なるべく赤ちゃんが退屈しないよって、いっしょに遊んであげて下さい。

なるベく多くの物を見たり、聞いたり、匂いをかいだり、触ったりさせてあげましょう。やがて、いろいろな物を覚えるようになってくれます。また、あなたの赤ちゃんはあなたの話し声を聞くのが大好きです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

生後1ヶ月以降の赤ちゃん

生後八週日あたりになると、赤ちゃんは周りの世界を新たな方法で認識し始めます。うまく説明するのは難しいですが、その変化には視覚だけでなく、赤ちゃんのあらゆる感覚も含まれているのです。多くの母親は、赤ちゃ …

no image

みせかけの適応・にせの適応能力とは?

きまりやしきたりは、それぞれの家庭によってもちがう面があります。また、園や学校でもちがうことがあります。都会と田舎でもちがいますし、国や民族によっても非常に大きなちがいがあるのを知っていると思います。 …

no image

説得されて教育されしぶしぶ覚えても生きがいを覚えない

説得されて教え込まれてしぶしぶ覚え、そのたびにつらい思いをしていたら、やがて生きていくこともつまらなくなっていきます。「なぜ生きていなきゃいけないの?」「なぜ大人になんなきゃいけないの?」としか思えな …

no image

新生児は目が見えないと考えられていたが

少し前まで、科学者や医師たちは新生児の目が見えないと考えていましたし、今でもそう信じている人もいます。これはとんでもない間違いです。多くの母親はこの考え方に、ずっと反対してきましたが、後にそれが正しい …

no image

最初の子どもの育児はお母さんにとっては最初の経験

最初の子どもの育児は、お母さんにとっては最初の経験ですから、どうしても不安がつきまといます。お母さんの口から、「同じように育てているのに、どうしてきようだい間で性質がちがうのでしょうか」といった質問が …