スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんある

投稿日:

新たな世界には赤ちゃんが見つけ出すべき物がたくさんあります。その中から赤ちやんは自分の性格にいちばん適した物を選び出し、肉体と精神の両面からそれを試そうとする。これまでと同様に、あなたは何かを押し付けるのではなく、何かを試そうとしている赤ちゃんに手を貸してあげるだけで十分です。

生後一二週目あたりになると、赤ちゃんは身の周りの世界が変化していることや、それがいきなり起こるのではなく、少しずつ変化することを認識します。それで、自分自身もそのように移り変わる世界に適応させる準備をしている。

多くの面で、まだ赤ちゃんはあなたの手助けを必要としています。身の周りにある物を赤ちゃんに見せたり、身近にオモチャを置いてそれに触らせたり、ますます話しかけてくることも多くなる赤ちゃんに、しっかり応えてやることが必要です。

赤ちゃんの動きがよりスムーズに

また、赤ちゃんの動きがよりスムーズになり、大人の動作のようになめらかになっていることに注目して下さい。自分の体をコントロールするこの新しい能力は、体の内面や意識的に動かせる四肢など、細かい部分にまで広がっていきます。

移り変わる世界に入った赤ちゃんは初めて自分が見るもの、聞くもの、うもの、感じるものなどがいつも変化していることを認識します。人の話し声や位置なども変わることに気が付きます。また、外の世界でこのような変化があることだけでなく、自分の内面でも同じような変化があることを学んでいきます。このような認識をもっことで、赤ちゃんは大切な能力をたくさん身に付ける訓練ができるわけです。

例えば、手や足、頭、目の動き、それに声帯などにまで及びます。赤ちゃんがオモチャに向かって手を伸ばす時、以前よりずっとバランスのよい動きをすることに気が付くでしょう。座ったり立ったりして膝を曲げる時にも、赤ちゃんは自分の意志で自由な動きを見せてくれるでしょう。頭の動きもさらにスムーズになり、その速さも変えることができます。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子どもへの思いやりによって育てることができているか

一~三歳の子どものように、ひざにのせることが簡単にできる年齢のうちに、身体接触を実現する必要があることを、強調しなければなりません。ところが、その年齢の子どもに対しても、身体接触を子どもから要求される …

no image

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちになる

自分を否定され続けていればネガティブな気持ちでしか生きていくことができなくなります。寂しさや不安で、いつまで経っても自立できず、人に依存し、自ら行動を起こすこともできなくなっていきます。反対に存分に甘 …

no image

三歳から四歳にかけてのしつけのポイント

三歳から四歳にかけて年齢は、自分の欲望ばかりいい張らずに、大人の要求をきき入れる部分が多くなってきます。その点で、このころにお友だちと接触する機会を与えることが必要になります。お友だちを与えてみますと …

no image

幼少期から音楽をさせることについて

音楽に伝統を持つオーストリアや西ドイツの幼稚園で、ピアノを全廃したのをご存じでしょうか?幼児たちにピアノをきかせて教育することはほとんどないのです。それはなぜでしょうか。幼児教育の専門家たちが、いろい …

no image

情操教育で「思いやり」を考える

私は、情操の中心に「思いやり」をおいて考えています。「思いやり」とは、相手の立場に 立って考え、相手の気持に共感する心といえましょう。これを「受容」の能力と呼んでいる人 もあります。そうなると、お母さ …