スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの耳が聞こえるようになったら

投稿日:

次第に耳がきこえるようになりますと、お母さんの声が子どもに影響を与えます。それは、声が美しいかどうかということよりも、その声に暖かさがこもっているかどうかということが問題になります。暖かい声であやすと、子どもは喜びます。その喜びは、哺語(ううううなどの赤ちゃん言葉)に現われてきますし、頬笑みとなって反応します。

おっぱいを与えるときには、きちっと抱くこと。母乳であれば、そのままスキンシップが実現されるわけで、母乳を与えることがいかに大切かがわかるでしょう。人工栄養の場合にも、赤ちゃんを抱いて与えることが必要です。

もしこの時期に微笑反応が現われないとすれば、周囲にいる人々、とくにお母さんとの関係がじゆうぶんでないことを意味します。それがはっきり現われるのは、六〜八カ月の「人見知り」です。

赤ちゃんに頼笑みがはっきりと現われるのは

赤ちゃんに頼笑みがはっきりと現われるのは二、三カ月です。このころに、音声の刺激によって頼笑み(微笑)が現われれば、その後の親子関係を緊密にするスタートが切られたということになります。大人たちからあやされて、それに反応して微笑が現われれば、赤ちゃんの情緒の形成は順調に行われているわけです。

生後六〜八カ月に「人見知り」が現われず、誰にでも抱かれて喜んでいる赤ん坊は、お母さんとの情緒的な結びつきができていないことを意味します。そのままにしておきますと、だんだん表情の乏しい子どもになり、言葉の発達もおくれてしまいます。

六カ月になるまでにスキンシップやお母さんの話しかけによって、情緒的な関係がしっかりとできてくると、六~八カ月になって、視覚の発達が進み、周囲の人々の容姿がはっきりと認識されるようになりますと、見知らぬ人や見なれない人に対しては恐れを感じ、親しい人、信頼のできる人にすがりつきます。これが「人見知り」の状態です。そのような状態が認められたならば、お母さんといっしょにいる時間を多くして、抱っこをしながらあやしたりするなどして、スキンシップをじゅうぶんにすることが必要です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親子のつながりや情緒的な心の結びつきが過去に不足していた場合

親子の間の情緒的な心の結びつきが過去に不足していたことがはっきりすれ努力して下さい。なお、うちの子どもは、いっさいねだることがないーといって、誇らしげにいうお母さんやお父さんがいますが、このような子ど …

no image

赤ちゃんが興味を持つおもちゃや道具は?

生後一〇週目あたりで、赤ちゃんには比較的穏やかな時期が訪れます。母親は二、三週前に経験した不安な思いや恐怖から、すっかり解放されます。そして、赤ちゃんの聞き分けのよいおとなしい態度に感心して、まるでこ …

no image

パパとママが仲良しじゃないと

お母さんが父親であるご主人への不満をもっている家の子どもたちは、態度は一見普通でもどこかに陰を帯びています。どんなに小さい子でも、目には哀秋が浮かび、視線も下向きがちで、子どもらしいキラキラとしたエネ …

no image

赤ちゃんの好き嫌いを知っておこう

自分が考えていた出産後の幸せな気分が味わえないために、病院側に恨みを抱く母親もいます。当然、受けるべき晴れ晴れとした気分を味わうどころか、苦悩に苛まれるわけです。できるだけ赤ちゃんをあなたの腕に抱いて …

no image

子供が四歳を過ぎた頃の遊び方

多くのお母さんには、子どもといっしょになって遊ぶ時間の「ゆとり」はな知れません。ただし、本当に忙しい場合と、子どもと遊ぶための時間の工夫をしていなどがあります。例えば、夕飯の仕度をしているときに、「マ …