スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの耳が聞こえるようになったら

投稿日:

次第に耳がきこえるようになりますと、お母さんの声が子どもに影響を与えます。それは、声が美しいかどうかということよりも、その声に暖かさがこもっているかどうかということが問題になります。暖かい声であやすと、子どもは喜びます。その喜びは、哺語(ううううなどの赤ちゃん言葉)に現われてきますし、頬笑みとなって反応します。

おっぱいを与えるときには、きちっと抱くこと。母乳であれば、そのままスキンシップが実現されるわけで、母乳を与えることがいかに大切かがわかるでしょう。人工栄養の場合にも、赤ちゃんを抱いて与えることが必要です。

もしこの時期に微笑反応が現われないとすれば、周囲にいる人々、とくにお母さんとの関係がじゆうぶんでないことを意味します。それがはっきり現われるのは、六〜八カ月の「人見知り」です。

赤ちゃんに頼笑みがはっきりと現われるのは

赤ちゃんに頼笑みがはっきりと現われるのは二、三カ月です。このころに、音声の刺激によって頼笑み(微笑)が現われれば、その後の親子関係を緊密にするスタートが切られたということになります。大人たちからあやされて、それに反応して微笑が現われれば、赤ちゃんの情緒の形成は順調に行われているわけです。

生後六〜八カ月に「人見知り」が現われず、誰にでも抱かれて喜んでいる赤ん坊は、お母さんとの情緒的な結びつきができていないことを意味します。そのままにしておきますと、だんだん表情の乏しい子どもになり、言葉の発達もおくれてしまいます。

六カ月になるまでにスキンシップやお母さんの話しかけによって、情緒的な関係がしっかりとできてくると、六~八カ月になって、視覚の発達が進み、周囲の人々の容姿がはっきりと認識されるようになりますと、見知らぬ人や見なれない人に対しては恐れを感じ、親しい人、信頼のできる人にすがりつきます。これが「人見知り」の状態です。そのような状態が認められたならば、お母さんといっしょにいる時間を多くして、抱っこをしながらあやしたりするなどして、スキンシップをじゅうぶんにすることが必要です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

赤ちゃんがあなたに何かを語りかけようとする時

生後六週日が過ぎると、赤ちゃんでも体に触られることがはっきり分かって、意識するようになります。赤ちゃんを訪ねてくる人みんなに愛撫を受けると、赤ちゃんにとって刺激が強すぎる、こともありますが、逆に、その …

no image

赤ちゃんの反応がないかちゃんと観察しましょう

新生児はキューピー人形のようにかわいい姿をしています。自慢するかのように、目立って大きな頭は背丈の三分の一もあります。それに、丸い大きな目とふっくらした真ん丸いほっぺは何とも言えません。 あなたの赤ち …

no image

そのときのお母さんの気持ちを想像してみること

ある男性のご相談者。小さい頃、お父さんに連れられてお祭りに行き、帰りにオモチャを買ってもらったそうです。それがうれしくて帰ってからお母さんにオモチャを見せたところ、お母さんは「よかったね」と言ってくれ …

no image

自分を受け入れることができるようになると

自分はかけがえのない存在であると丸ごと自分を受け入れることができるということは、自分のやっていることはすべてOKであるという価値観がもてるようになるということです。こういう子は自分をとても大事にするこ …

no image

グレーゾーンを子育てに作ってあげよう

自分はいけないことをしたんだと子ども自身が納得するためには、事柄だけで決め付けず、子どもの思いに目を向けて、そうせざるを得なかった気持ちを汲み取ってあげることが先決なのです。たとえ子どもが万引きをして …