スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの耳が聞こえるようになったら

投稿日:

次第に耳がきこえるようになりますと、お母さんの声が子どもに影響を与えます。それは、声が美しいかどうかということよりも、その声に暖かさがこもっているかどうかということが問題になります。暖かい声であやすと、子どもは喜びます。その喜びは、哺語(ううううなどの赤ちゃん言葉)に現われてきますし、頬笑みとなって反応します。

おっぱいを与えるときには、きちっと抱くこと。母乳であれば、そのままスキンシップが実現されるわけで、母乳を与えることがいかに大切かがわかるでしょう。人工栄養の場合にも、赤ちゃんを抱いて与えることが必要です。

もしこの時期に微笑反応が現われないとすれば、周囲にいる人々、とくにお母さんとの関係がじゆうぶんでないことを意味します。それがはっきり現われるのは、六〜八カ月の「人見知り」です。

赤ちゃんに頼笑みがはっきりと現われるのは

赤ちゃんに頼笑みがはっきりと現われるのは二、三カ月です。このころに、音声の刺激によって頼笑み(微笑)が現われれば、その後の親子関係を緊密にするスタートが切られたということになります。大人たちからあやされて、それに反応して微笑が現われれば、赤ちゃんの情緒の形成は順調に行われているわけです。

生後六〜八カ月に「人見知り」が現われず、誰にでも抱かれて喜んでいる赤ん坊は、お母さんとの情緒的な結びつきができていないことを意味します。そのままにしておきますと、だんだん表情の乏しい子どもになり、言葉の発達もおくれてしまいます。

六カ月になるまでにスキンシップやお母さんの話しかけによって、情緒的な関係がしっかりとできてくると、六~八カ月になって、視覚の発達が進み、周囲の人々の容姿がはっきりと認識されるようになりますと、見知らぬ人や見なれない人に対しては恐れを感じ、親しい人、信頼のできる人にすがりつきます。これが「人見知り」の状態です。そのような状態が認められたならば、お母さんといっしょにいる時間を多くして、抱っこをしながらあやしたりするなどして、スキンシップをじゅうぶんにすることが必要です。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供は何もできないのが当たり前

学びと育ちの途中にいる子どもは、何もできなくて当たり前です。できないところは温かく見守り、やっていることを「よくやった」「すごいね」とほめて、そのうえで「次はこうしたほうがいいよね」と次のレベルにっな …

no image

赤ちゃんの自立心が高まってきたら

赤ちゃんが扱いにくい危険な時期、はその始まりと同様に、いきなり終わりを迎えます。この時期になると、多くの母親はホッと一息ついて、子供をもった喜びに浸ることができるのです。子育ての緊張から、しばし解き放 …

no image

ありがとうを口に出すようにしよう

「ありがとう」「ありがたい」をできる限り口にしていくようにしてみましょう。口と心がバラバラであってかまいません。無理をしてでも、呪文を唱える気持ちで「ありがとう」「ありがたい」を言い続けてみてください …

no image

父と息子の確執から人生の挫折

ある青年はどうも途中で仕事をやめてしまう自分を何とかしたくて、ある相談所にみえました。教育パパということもあり、出世街道まつしぐらの優秀な企業戦士。青年が大学受験のとき、剣道の副主将を務め、卒業のとき …

no image

手の届かない所にある物をつかもうとするなどの赤ちゃんの特徴

赤ちゃんの特徴には色々ある 手の届かない所にある物をつかもうとする。 とりわけ、オモチャや自分の手、ロなどは細かい部分まで念入りに調べようとする。 魅せられたように繰り返しの動作をじっと眺める。例えば …