スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんはママの手が大好き

投稿日:

一般に、赤ちゃんはママの手が大好きで、触ったり撫でたりして、しっかり観察しようとします。あなたの赤ちゃんもあなたの手で遊ぶのが好きならば、手の平や手の甲が見えるようにゆっくり回してあげましょう。そして、物をつかむために手をどのように動かすのかを、赤ちゃんに見せてあげて下さい。この時、手はゆっくり動かして、急に動かす向きを変えないように注意して下さい。そうしないと赤ちゃんは興味を失ってしまいます。

赤ちゃんはママの顔を調べることが好きです。顔に手をやると、日や鼻、口などを長い間触っています。ときには髪の毛や鼻を引っ張ったりしますが、赤ちゃんにとってそれがつかみやすいからです。衣服にも大へん興味を示します。赤ちゃんは布地を触ったり撫でたりするのが大好きです。それに、イヤリングもすごく気になるようです。

この時期には、まだ単純な動きしか追いかけることができませんが、次の成長のステップを導く神経組織の大きな変化が訪れたあとには、さらに複雑な動きを捉えることができるようになります。

アクロバットのような動きを見せる

どの赤ちゃんも同じように元気で生命力にあふれているとは限りません。体を動かすことがとても好きな赤ちゃんがいる一方で、自分の力でまだ思ったことができないために焦々して機嫌の悪い赤ちゃんもいます。この月齢の赤ちゃんはとても元気です。見たり聞いたりして満足する赤ちゃん、目に映る物は何でも触れたり、つかんだりしようとする赤ちゃん、足を口でくわえたり、顔の前にもってきたりアクロバットのような動きを見せてくれる赤ちゃん、などさまざまです。

どんな性格の赤ちゃんにとっても、暖かい部屋で衣服を脱がせ、しばらくの間、裸で過ごすことは良いことです。赤ちゃんは衣服やおむつなど動きを妨げるものが何もなく、自由に動ける機会を得て、それまでより生き生きしているように見えることでしょう。裸になった赤ちゃんは何の障害もなく、小さな関節を自由に曲げ、手をバタバタ振り動かし、足をピョンピョン蹴り出すのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

母親が子供の栄養について配慮する場合

栄養について配慮しているお母さんであれば、身長や体重は気にする必要がない。それは、個々の子どもによってちがった発育をするからです。たくさん食べて、よく太る子どももあれば、余り太らない子どももいますし、 …

no image

自己主張ができない子供

自発性の発達については、一~三歳のいたずら時代が、二~四歳の第一反抗期が必要ですし、四~六歳の友人形成期に次いで、七〜九歳のギャングエイジおよび中間反抗期を経過することが必要です。そして、思春期に入っ …

no image

もっと親の主張が伝わっていくためには

「あなたの要求はよくわかったから、それはそうしてあげたい。でもお母さんはこうしたほうがいいと思うよ」という言い方でも、お母さんの気持ちは伝わりますが、子どもの気持ちを聞くというのは甘えさせてあげること …

no image

親がしてあげられることは環境を整えてやることぐらい

身体は環境さえ整っていればある程度、成長していきます。親でなくとも口から栄養が取れれば、五歳なら五歳の身体、十五歳なら十五歳の身体、二十歳なら二十歳の身体になっていきます。しかし心の部分はそうはいかな …

no image

言霊の力や効果

日本語には言葉としてのパワーがあるのだろうと思う。「言霊」という表現があるように、古来、日本人は言葉に宿る力を大切に考えてきました。日本人は直感力に優れ、言葉にエネルギーを与えたといわれています。子育 …