スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんの声の使い分け

投稿日:

あなたの赤ちゃんは何かほしいと思った時、覚えたばかりの声を上手に使います。「ねえ、聞いてちょうだい!」と言わんばかりに、小さな叫び声を上げることもよくあります。そんな時、返事をしてあげることを忘れないで下さい。たとえ、忙しくて赤ちやんと遊ぶ時間がなくても、あなたは赤ちゃんが何かを伝えようとしていることが分かった、という意思表示をすることが大切です。

赤ちゃんとの会話は、将来言葉を話すための予備訓練としてとても重要なものです。とにかく、いつも赤ちゃんと会話することが大切です。赤ちゃんの部屋にラジォやテレビがあって音が聞こえていたり、人がいて話し声が聞こえていたとしても、面と向かった会話の代わりにはなりません。赤ちゃんは自分の話し声を聞いて、それに応えてくれる人がいるから「おしゃべり」したいと思うのです。ですから、赤ちゃんにとって、あなたは大切な話し相手になるわけです。

あと、赤ちゃんが笑うということは、何かが赤ちゃんの心の琴線に触れたことを表わしています。ですから、上手に赤ちゃんを笑わせてあげましょう。でも、あまりやり過ぎて赤ちゃんを驚かせたり、うんざりさせたりしないように注意して下さい。

何か面白い物を見つけた時

また、何か面白い物を見つけた時にも、そんな声を出します。そんな時は、赤ちゃんにキスしたり、励ましの言葉を添えて、赤ちゃんの喜びの叫び、に応えてあげましよう。赤ちゃんが声を上げるたびにあなたが喜んで応えてあげれば、ますます赤ちゃんは楽しそうな声を出してくれるでしょう。それは、赤ちゃんの喜びをいっしょに分かち合っていることが、赤ちゃんの心にもちゃんと伝わっているからなのです。

赤ちゃんはあなたの注意を引くために、声を使い始めたわけです。このことは赤ちゃんが、すでに言葉を使おうとしている証拠であり、すばらしい進歩を示しているのです。言葉の修得が早いか遅いかというのは、あまり重要ではありません。赤ちゃんは満足した時、喜びの叫び、といった声を上げることもよくあります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供にキャンプの体験をさせる

ある子供たちの体験合宿での話。われわれは、行く行くは火うち石で火をおこすこと、つまり、文明の原点を教えなければならないとさえ考えました。また、かまども子どもたちに作ってもらったのですが、すぐに「疲れた …

no image

黙っていてもわかり合うことができる関係に

「以心伝心」や「あ・うんの呼吸」という言い方もありますが、これが機能するにはその前段階に言葉できちんと伝え合ってきた関係性ができていることが必要で。いろいろな言葉を交わし、話を積み重ねた経緯がなければ …

no image

子供が必死に物をねだる場合

買ってと言われたモノを買ってあげられないとき、「そうだよね、ほしいよね。お母さんも大好きな〇〇くんのために買ってあげたいんだけれど、今日は買えないの」と言えば、子どもは「わかった」と納得してそれ以上の …

no image

子供と真剣に向き合うとともに一所懸命に考えれば直感力がつく

お母さんの直感こそが、愛情ある子育ての最高の教科書となります。子どもと真剣に向き合い、「今この子にとって何が一番必要なのだろう」と一所懸命に考えれば直感力も出てきます。そのためには子どもの姿をよく目を …

no image

女の子の扱い方が粗末にならないよう気をつける

男尊女卑の意識の強い父親に対して反感を持ち、思春期以後になって、口をきかなくなった女の子もいます。きょうだいを比較することは、絶対にやめるべきです。親としては、激励する意味で、「お姉ちゃんは成績がよい …