スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんは危険な物でもすぐに魅力を感じるので注意

投稿日:

赤ちゃんのいたずらに耐えるように家の中を片付けておく。赤ちゃんは危険な物でも、すぐに魅力を感じるので注意して下さい。電気のコンセントや排水管、犬の口など、どんな物でもそこに穴やすき間があれば、舌を入れたり指を突っ込もうとします。ですから、家の中を自由に動き回らせる時には、いつも赤ちゃんから目を離さないようにして下さい。

赤ちゃんは自分もそこに入れば消えてしまうと思って、手を入れるかもしれませんから、赤ちゃんから目を離さないで下さい。魅力あふれるこの新しい世界で、赤ちゃんにはまだ何一つ禁じられた、物はない。

赤ちゃんは、ある物が他の物の中に消えて行くことに興味を示しますか?ある物が他の物の中に消えて行くことに興味を示すようなら、そんな現象を観察させてあげましょう。たぶん、あなたはすぐに料理を思い浮かべるかもしれませんが、赤ちゃんにとって、一つの鍋にすべての食材が消えて行くことは、まるで魔法のように思えるわけです。

同じ言葉をテープレコーダーから流してみても

赤ちゃんの知らない環境で、同じ言葉をテープレコーダーから流してみても、赤ちゃんには理解できません。このような能力は、もっとあとになってから身に付くもの。あなたの赤ちゃんも言葉や仕草で遊ぶことが好きなら、赤ちゃんの得意なものを選んであげましょう。言葉の意味を理解する手助けとなるように、たくさんの言葉を教えてあげて下さい。

とりわけ、音や仕草に敏感な赤ちゃんは短い文や仕草とその意味とを結び付けて考えようとするでしょう。また、言葉とそれが意味する仕草とを結び付けて考えることもできるかもしれませんが、それは日常生活で、いつも見慣れた場面の出来事に限られるでしょう。赤ちゃんは一つの物を別の物の中にはめ込むことも好きですが、大ていそれは偶然にできることが多いようです。しばらくの間は、物の形と大きさを区別することができない。

赤ちゃんにも分かるように、はっきりした仕草をともなった短い文を話し、上手に説明してあげるのです。赤ちゃんが目で見たり、手で触ったり、匂いをかいだり、味をみたりできる言葉をたくさん話してあげましょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

おしゃべりに夢中で子供から目を離す親

お母さんは、自分の友だちに会ったりすると、その人とおしゃべりをすることに夢中になって、子どものことを忘れてしまうことさえもあるでしょう。その間、子どもは退屈ですから、走り出したくもなる。あるいは、子ど …

no image

赤ちゃんの耳が聞こえるようになったら

次第に耳がきこえるようになりますと、お母さんの声が子どもに影響を与えます。それは、声が美しいかどうかということよりも、その声に暖かさがこもっているかどうかということが問題になります。暖かい声であやすと …

no image

自己主張ができない子供

自発性の発達については、一~三歳のいたずら時代が、二~四歳の第一反抗期が必要ですし、四~六歳の友人形成期に次いで、七〜九歳のギャングエイジおよび中間反抗期を経過することが必要です。そして、思春期に入っ …

no image

人間関係を良好に保つには三つの柱が必要

お母さんが投げかけている言葉が、わが子を創りあげていることをお母さんたちにはもっと自覚していただきたい。子どもは声の波長にも敏感です。叫ぶことなく低めの落ち着いた優しく明るい声で話すようにしましょう。 …

no image

母の愛情が不足していると子供はわがままになってしまう

ただ単に事柄だけをやってもらっても、お母さんから愛されている実感をもつことはできません。「自分のことが大好きだからやってくれている」という思いがもてなければ心は満たされることなく、お母さんの愛情を確認 …