スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんを観察してみましょう

投稿日:

赤ちゃんの前にぶら下げたオモチャの方へ両手を伸ばし、オモチャの片側に左手を、もう片側に右手をもっていって両手を同時に閉じようとしました。ところが、オモチャは手からスルリと抜けてしまった。赤ちゃんがとても苦労してオモチャをつかもうとしていたので、手の中に何も入っていないのを見て、赤ちゃんが腹を立て泣き出しても、私は少しも驚きませんでした、とある母親。

赤ちゃんのそばにオモチャを置いて、赤ちゃんが手を伸ばしてそれをつかむことができるかどうか、観察して下さい。この月齢の赤ちゃんは、まだ腕を一方向にまっすぐにしか動かせませんから、赤ちゃんのすぐ日の前にオモチャを置いてみて下さい。そして、赤ちゃんがどんな動きをするのか見てみましょう。

赤ちゃんに成功の喜びを味わわせるために、上手に手伝ってあげたり、励ましてあげたりして下さい。この月齢では、まだ自分の両手とつかもうとするオモチャとの距離を正確に捉えることができません。それができるようになるのは、生後二三週目から二六週日(五カ月~六カ月)になってからです。

生後八週目の時期が過ぎると

生後八週目の時期が過ぎると、大部分の赤ちゃんは二〇分間ほど、物をつかもうとして両手を使って遊びます。そして、生後一週日ぐらいになると、急にその時間が二倍になって、赤ちゃんは四〇分間ほど物をつかむ遊びを続ける。物をつかむことができるようになれば、赤ちゃんは、ますます物をつかむ喜び、を求めようとします。そうなれば、スムーズな動きで頭を回転させ、辺りを見回して、たくさんの物の中から楽しそうに、自分がつかもうと思う物を選び出すこともできます。

物に触ることが好きならば、できるだけ赤ちゃんに物を触らせてあげましょう。腕に抱いて家の中を歩き回ったり、庭を散歩したりして、さまざまな物に触らせてあげて下さい。そして、かたい、柔らかい、ざらざら、つるつる、べたべた、ふんわり、ごつごつ、とんがっている、冷たい、温かい、湿っている、など多くの感触を経験させてあげましょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

日本人の女性は自発性を抑圧された環境に育っています

夫である男性の中には、子どものことはお前にまかせたなどと放言している人が少なくありません。夫であり父親である男性に、根強く残っています。こうなれば、話し合いなどはできるはずがありません。新しい家庭の父 …

no image

子供が自分でやると言い出したら

両親の中には、子どもが「自分でやる」といい出すと、それをわがままであるとか、強情であると思ってしまう人々もいます。大きな誤解をしている。そして、「悪い子」とか「親のいうことをきかない子」として怒るよう …

no image

母親は子育てのつらい現実を誰にも打ち明けることができない

お母さんが身も心も不安定な時期に、頼みもしないアドバイスを受けると、ますます心が焦り、攻撃的な気分になって、夫にそのはけ口を求めようとします。ときには、神経質になっている赤ちゃんが、そんな母親の精神的 …

no image

家の周りの子供にとっての危険

引越し先の家の周囲で、子どもが活動しそうな範囲内を、お母さんとお父さんとで点検をしておく必要がありますし、すでに同じところに永く住んでいる両親でも、休日の朝早くに、二人でゆっくりと危険の有無を点検し直 …

no image

過去形でほめてみましょう

センスを伸ばしてあげたいなら「リズム感や音感がとてもよくなった」「創意工夫ができた」、生活力を伸ばしてあげたいなら「あなたはお片づけがしっかりできるようになった」、引っ込み思案な子に社会性や自主性をつ …