子育て

赤ちゃんはさまざまな感覚を使って新しい能力を身に付ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんは、さまざまな感覚を使って、一連の新しい能力を身に付けようとする赤ちゃんもいれば、もっぱら日に見える世界で何か新しい物を探し出そうとする赤ちゃんや、コミュニケーションの能力を試そうとする赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの個性を知るためのカギどうして赤ちゃんには、それぞれ個性があるのでしょうか?同じように開かれた新しい世界に入るために、どの赤ちゃんも同じような身心の変化を受けます。新しい世界で、赤ちゃんは多くのことを発見し、さまざまな能力を身に付けますが、何を見つけ、いつどのようにそれを学習するのかは、それぞれの赤ちゃんが自分で決めるのです。自分がいちばん面白いと思ったものを選ぶわけです。

また、体を動かすことによって新たな発見をする赤ちゃんもいます。そのため、あなたの赤ちゃんが嫌いであまりしないような仕草や行動を、友人の赤ちゃんが喜んですることもあるわけです。どんな行動を選ぶのかは、それぞれの赤ちゃんの特徴、つまり体質や気質、体の大きさ、性癖、好奇心の強さなどによって決まるのです。

甲高い音にも興味を示す

人が話したり歌ったりするのを聞くことが好きで、甲高い音にも興味を示す。「アー、ウー、エー、ムー」といった短い声を出し、自分の声を聞いている。さまざまな声を出したり、まるで何かを語っているように、つぶやいたりする。あなたが励ましてやれば、同じ声を繰り返して出せる。お気に入りのオモチャに話しかけたり、微笑んだりする。相手の注意を引くために「エー」といった声を自分から出す。誰がが話しかけると声を出すのをやめる。

赤ちゃんは目新しい物が好きで、自分が身に付けた新しい能力や示す好奇心に、あなたが反応することをとても喜びます。このように発見の喜びをあなたと分かち合うことで、赤ちゃんはそれが楽しくなり、より早く学習することができるのです。赤ちゃんが何か新しい能力を身に付けようとしていることに気付いたなら、新たな能力を身に付けようとするどんな試みにも、熱心に付き合ってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加