スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんは会話できないと思っていませんか?

投稿日:

言葉によるキャッチボールができない赤ちゃんといえども、お母さんの気持ちは敏感に感じ取っています。赤ちゃんが一所懸命話しかけているのにお母さんは知らん顔、「どうせ話しかけても何を言っているかわからないから」とほったらかしにしてしまえば、赤ちゃんは欲求不満をためていくばかりでしょう。

すべては言葉ひとつで変わっていく。子どもが投げかけた言葉を親はスースーと受け入れてあげてください。それが「甘えられる会話」の一歩です。ますは気持ちを受け止めてあげることから子どもが何を言っても丁寧に温かく優しく受け止めてあげていれば、それだけで子どもは気持ちがすっきりし、心が軽くなります。親が自分の言葉で押さえ付けることをしないで、瞬間瞬間子どもが感じていることを丁寧に深く受け止めてやることが甘えの根源なのです。こうした対話は言葉を話せない赤ちゃんに対しても同じです。

「アー」「ブー」と話しかけてきたり、ちょっとぐずり出したときに、「ああ、そう。気持ちがいいのね」「おっばいがほしくなっちゃったの?」と気持ちを汲み取り、優しく言葉を返してあげれば、お母さんとの気持ちがちゃんとつながっていることを実感し、喜びの感情に包まれます。

ほしい!とダダをこね出したときは

「ほしい!ほしい!」とダダをこね出したときは、「これがほしいんだよね。その気持ちはお母さんもわかるよ」と言ってから、「お母さんも買ってあげたいのだけれど、でもね、お母さんも買えるときと買えないときがあるのよ」「あなたはママの宝物。ママの言うことがよくわかるわね」と言ってみてください。

言葉はなくとも親子の信頼関係がつくられていくのです。聴くとは子どもの心の声に耳を澄ませ、その声を受け止めてあげることにほかなりません。子どもが街中でぐずって大泣きを始めたら、「いつまでも泣いてないのー置いてっちゃうからね!」ではなく、抱きしめて「疲れちゃったね。よく我慢したね」と言ってみてください。それだけで子どもは立ち直っていくはずです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

家事の時でも子供と遊ぶことはできる

お母さんが、ちょっとでも子どもと遊ぶ心を持っていれば、仕事をしていても、それが短い間であっても、子どもと遊ぶことができます。それが、子どもには、お母さんから暖かく受け入れられたという気持を起こさせ、お …

no image

口を出さないという教育

「まかせる」という教育は、子どもがしていることをじっと見つめながら、口を出さない、手を貸さない教育です。子どもを見ていると、その行動には未熟な面がたくさんにありますので、つい口を出したり手を貸したりす …

no image

子どもの遊び場が少なくなった今

何とかして、いきいきとした子どもの姿を取り戻したいものです。子どもの遊び場が非常に少なくなった今日、それだけにお母さんとお父さんの努力の必要があります。このような生活全般の改善によって、子どもの睡眠状 …

no image

赤ちゃんがよく泣く、欲求が強くなるなどの兆候が出ると

生後八週目から九週目にかけて、あなたの赤ちゃんは以前より欲求が強くなり、大声で泣くことも多くなります。これは赤ちゃんにとって、身心の変化による心の緊張を表現する手段となるからです。この月齢になると、泣 …

no image

一年生ママにとってつらい時期

「ミルクが足りないのかしら?どこか体の具合が悪いの?私が何かまちがったことをしたのかしら?おむつが濡れているのかな?抱いてあげると泣き止むところをみると、抱き癖がついたのかしら?」誰しもこのような疑問 …