スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんは会話できないと思っていませんか?

投稿日:

言葉によるキャッチボールができない赤ちゃんといえども、お母さんの気持ちは敏感に感じ取っています。赤ちゃんが一所懸命話しかけているのにお母さんは知らん顔、「どうせ話しかけても何を言っているかわからないから」とほったらかしにしてしまえば、赤ちゃんは欲求不満をためていくばかりでしょう。

すべては言葉ひとつで変わっていく。子どもが投げかけた言葉を親はスースーと受け入れてあげてください。それが「甘えられる会話」の一歩です。ますは気持ちを受け止めてあげることから子どもが何を言っても丁寧に温かく優しく受け止めてあげていれば、それだけで子どもは気持ちがすっきりし、心が軽くなります。親が自分の言葉で押さえ付けることをしないで、瞬間瞬間子どもが感じていることを丁寧に深く受け止めてやることが甘えの根源なのです。こうした対話は言葉を話せない赤ちゃんに対しても同じです。

「アー」「ブー」と話しかけてきたり、ちょっとぐずり出したときに、「ああ、そう。気持ちがいいのね」「おっばいがほしくなっちゃったの?」と気持ちを汲み取り、優しく言葉を返してあげれば、お母さんとの気持ちがちゃんとつながっていることを実感し、喜びの感情に包まれます。

ほしい!とダダをこね出したときは

「ほしい!ほしい!」とダダをこね出したときは、「これがほしいんだよね。その気持ちはお母さんもわかるよ」と言ってから、「お母さんも買ってあげたいのだけれど、でもね、お母さんも買えるときと買えないときがあるのよ」「あなたはママの宝物。ママの言うことがよくわかるわね」と言ってみてください。

言葉はなくとも親子の信頼関係がつくられていくのです。聴くとは子どもの心の声に耳を澄ませ、その声を受け止めてあげることにほかなりません。子どもが街中でぐずって大泣きを始めたら、「いつまでも泣いてないのー置いてっちゃうからね!」ではなく、抱きしめて「疲れちゃったね。よく我慢したね」と言ってみてください。それだけで子どもは立ち直っていくはずです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子どもの遊び場が少なくなった今

何とかして、いきいきとした子どもの姿を取り戻したいものです。子どもの遊び場が非常に少なくなった今日、それだけにお母さんとお父さんの努力の必要があります。このような生活全般の改善によって、子どもの睡眠状 …

no image

思春期に暴れる子供に分かってもらうには

今の若いお母さんたちには、「自分の子育てはこれでいいのかしら」と絶え間ない不安を感じていらっしゃる方が多いようです。「こんなことでは子どもがきちんと育っていかないのではないかしら」「将来、こんな子にな …

no image

我慢する力をしつけているか

子どもの持ち物はできるだけ質素なものを選び、険約を教えましょう。さらに、家事への参加も求めましょう。小学校低学年の子どもは、調理などには積極的な興味を示します。ていねいに教えれば、日曜日などは、子ども …

no image

赤ちゃんは新しい世界を見つけ出している

生後一年の間、適切な手助けと励ましを与えてやれば、何かと要求の多い赤ちゃんは将来、優等生になる可能性もあります。静かでおとなしい赤ちゃんは、あまり母親の注意を引きませんから、見過こされることも多くなり …

no image

親子のつながりや情緒的な心の結びつきが過去に不足していた場合

親子の間の情緒的な心の結びつきが過去に不足していたことがはっきりすれ努力して下さい。なお、うちの子どもは、いっさいねだることがないーといって、誇らしげにいうお母さんやお父さんがいますが、このような子ど …