スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

赤ちゃんのイタズラをどこまで許すか?

投稿日:

おばあちゃんに育児をお願いすることはあっても、あくまでもお母さんが育児の責任を持つという姿勢が大切です。そして、おばあさんも、母子の関係がしっかり結びつくように、お母さんを援助してほしいです。

おばあちゃんに預け放しというのは危険です。おばあちゃんとの間に情緒的な関係ができていても、お母さんとの間の心の結びつきがしっかりとできていませんから、あとになっておばあちゃんの手を離れたときに、お母さんとの関係がうまくいきません。そして、思春期以後になっていろいろな問題を起こす例があるのです。

はいはいを始めた赤ん坊は、初めは自分のからだを移動させることに熱心ですが、それにゆとりができると、いたずらを始めます。いたずらに対する興味がさかんになりますと、熱心に移動します。つまり、運動機能の発達と探索行動との関係は密接です。

壁やガラスそして畳などにも

やがて鉛筆やクレヨンでものを描くことに興味を示すでしょう。壁やガラス、そして畳などにものを描き始めたならば、どのようにしたらよいでしょう。こうしたいたずらをどのように許すかについては、その家庭によってちがいますから、それぞれの家庭で決めてよいことです。

子どもにいたずらをされては困るような物に、子どもが興味を持つことが多いので、問題は複雑です。鏡台にも大きな興味を持つものです。タンスの把手をがたがたさせることも、多くの子どもが興味を持ちます。

いたずらをじゅうぶんに認めてあげることが大切です。どのようにいたずらを認めてあげたらよいでしょうか。その点で、お母さんとお父さんとが話し合うことから始めましょう。お年寄りが同居していれば、お年寄りも含めて、このことを話し合ってほしいのです。それは、家族一人一人に、子どもにいたずらをされては困るものがあるからです。基本的に考え合っておかなければならないことは、いたずらは、子どもにとっては探索欲求にもとづく行動であるーということです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

いたずらっ子は探究心の現われ

早くからお母さんから離れていても平気な子どもがいて、お母さんにとっては独立心のある子のように思えるかも知れませんが、そうではないのです。お母さんとの情緒的な心の結びつきができなかったために、お母さんに …

no image

赤ちゃんはいつも同じ物を見て退屈しています

赤ちゃんは生まれて初めて、同じオモチャ、同じ景色、同じ音、布や物質の同じ感触、同じ味覚などにうんざりする。赤ちゃんはさまざまな変化が好きで、そこから多くのことを学び取るのです。もし、赤ちゃんが退屈して …

no image

子供の要求が多いのに全て叶えてあげてしまうと

四歳になるTくん。ガムやお菓子、おもちゃなど、「ママこれ買って」というモノは、「また買うの?しょうがないなあ」と思いながらも、「はいはい、わかった」と買ってあげ続けたそうです。ところが年齢が大きくなる …

no image

赤ちゃんは目新しいものが大好き

赤ちゃんは目新しいものが大好きです。赤ちゃんが身に付けた新しい能力や好奇心を見せたものに、あなたが反応を示してやることがとても大切です。このような発見の喜びをあなたと分かち合うことで、赤ちゃんはそれが …

no image

赤ちゃんの反応がないかちゃんと観察しましょう

新生児はキューピー人形のようにかわいい姿をしています。自慢するかのように、目立って大きな頭は背丈の三分の一もあります。それに、丸い大きな目とふっくらした真ん丸いほっぺは何とも言えません。 あなたの赤ち …